突然魔法使い

M・kazu ma

「文化祭準備と各クラス」2

1年Sクラス

<クラス委員>
「私たちが高等部になって初めての文化祭になりますが何かやりたいことはありますか?」

<クラス一同>「去年の先輩達は何をやったりしたの。」
<クラス委員>「先輩達は、主に飲食関係ですね。ほとんどは、飲み物が全般ですね。
それか、演劇とかですね。」

<クラス一同>「へえー」

<クラス委員>「ちなみに1つ上の学年のSクラスは、執事メイド喫茶っというものをやるそうです。こないだの集まりで宣言してました。」


各学年のクラスの委員は集まって何をやるか
報告するぎむがあり、、それをみこして、2Sは、先に決めて報告したのだ。


<クラス一同>「絶対学年で1番儲けるな2S
あそこの人達は美人と超カッコイイ噂の転入生こと、アスカ・ヤマト先輩が居るクラスだし、確実にだな…」


<クラス一同>「余り目立たない無難なもので良いよ委員長」


Sクラス1年生は遠慮深い可愛いくて健気な子達だったのだ。


これは2Sがかなり目立つのではと
1年生は先輩達に花を持たせたのである。

自分たちが目立つのは来年からで良いという判断である。健気すぎるいい子達である。

「突然魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く