突然魔法使い

M・kazu ma

「始まりは突然に6」

<ニャル>「あなたを討ち取らせてもらいます。我に宿りし力よ今しばし解き放つ。我ニャルの名において。」
「狭間に宿りし異空間の神よ我に力を貸してください。契約にもとづき我の魔力身体の一部を貸し与える。そしていっときの力を貸し与えたまえ!」
「最上級魔法。異空神縛り」
  この時にニャルの身体に変化が起きた。
この魔法を使うとき、詠唱のなのとうり
身体の一部を神にしばしの間貸し与えるのだ。この時は基本しばるのが効率良い場所。それは自らが相手を直接縛るのではないので目を媒体にするのが効率ガ良いので目にするのだ。そうすると、目が輝くのだ。青柴のオッドアイが輝き相手の体を一瞬で異空間に閉じ込め勝敗が付いた。
  

「突然魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く