突然魔法使い

M・kazu ma

始まりは突然に5

<ニャル>「では、吸血鬼さん。なぜこのような場所で暴れようとしていたか尋ねます。」
<ニャル>「また、動機しだいですが私たちの国であなたの安全と働き口を保証しましょう。では答えてください。動機はなんですか?」

<吸血鬼>(血気)「暴れようとした理由?ふっ…ただ力がある奴が力なき者を統べるのが時代の流れだと思うが?
  それに私はその力が生まれながらにあったのだからな…」「そして時間(とき)が満ちた本国からの理解も得ているのだからな
命令も出ている。それが、私がこの世界を
支柱に納める動機と理由だ!!」

<ニャル>「わかりました。吸血鬼あなたを倒したあと私の世界に連行し、あなたの本部の情報を吐かせて壊滅させます。あなたを倒したあとですがね!」

これがニャルと血鬼の開幕前のやりとりだったのだ。

「突然魔法使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く