最弱が世界を救う。

しにん。

三回。

床には大きな魔法陣が展開される。
セレネの修行の成果は素晴らしいものだった。
昔は床に書いたり、詠唱をしたりしていたが、今はもう無詠唱で魔法を使える。


「それではエクスさん。魔石を額に」


指示通り額に魔石を当てると、エクスの意識は遠のく。




気がつくといつもの図書館にいた。


「それでは試練の部屋へどうぞ、マスター」


ムシュの案内の元、試練の部屋へと向かう。
試練の部屋までは無言のまま時間が過ぎ去る。


「では、中へどうぞ」


扉がゆっくりと開き、中には《強欲》の悪魔、マモンの姿をした者が立っていた。


「よくぞここまで来た。今回の試練はお前の心の中の戦いだ。どうなるかはわからない。お前の心次第だ」


《強欲》の悪魔が説明すると、エクスの心臓が光だす。


「これは───」


やがて光が収まると目の前には複数の人間が立っていた。
みるみるうちに影は増えていき、確認できるだけでも数百は超えていた。
目の前の光景に驚いていたが、更に驚く。
人間の姿は何度も何度も見たことがある姿だった。


「レイン……?」
「試練の内容が決まった」


《強欲》の悪魔が手を広げ、目を大きく開ける。


「試練の内容は、目の前の少女から本物を探せ。チャンスは三回のみ。三回間違えると試練は失敗だ」


宝探しのように軽く告げられ、悟る。
確率は1%以下、更に見分けが付かないためほぼ不可能と言っても過言ではない。


「一体何人いると思ってんだ……」
「お前は最近、この少女の事で悩んでいたらしい。お前自身が気づかなくとも心の奥では、いつもこの少女の事を考えていたのだろう」
「確かに、いきなり天使の長だとか言ったり、突然目の前に現れたりと不思議なやつだ。考えない方がおかしい」
「それでは選んでもらおう」


何も始まらないと思い、無作為に選ぶ。
すると部屋中にサイレンが鳴り始め、不正解を告げる。


「残念。それはハズレだ」


不正解のサイレンが終わると同時に、頭の中に電流が走る。


「ぐああああああああああああああ!!」


激しい頭痛によりエクスはのたうち回る。


「不正解、それは即ち罰ゲーム。罰は───この少女に関する記憶の一時的な消去」


《強欲》の悪魔が罰ゲームと言い記憶を消すと、レインの戦い方を忘れる。
徐々に記憶が改竄かいざんされ、少しずつ忘れていく。


「あぁ……ああ、ああああああっ!!」


壮絶な痛みがエクスを襲う。
体力ではなく、精神を削られて行く。


「さぁ、次を選んでもらおう。残り回答権は二回」


エクスはこの試練を甘く見ていた。
ただ、探し当てるだけだと勘違いしていた。


「記憶の削除……なんて痛みだ。それにこの試練の突破方法が全くわからない」


再度、無作為に選ぼうとするが手を止める。


「何か違いがあるはずだ……もっと慎重に」


周りのレインを見渡すが、それぞれ表情が違い本物なんてわからない。


「これは運?いや、そんなわけが無いもっと考えろ」


目を閉じレインを思い出す。
これまで旅を共にしてきたレイン。
初めて目の前に現れたレイン。
感情豊かで、たまに拗ねるレイン。


「これだっ!!」


普段のレインを思い出し、一番似ていたレインの肩に手を置く。
すると、またもや不正解のサイレンが鳴り響く。


「残念、またハズレ」


《強欲》の悪魔が指を鳴らすと再び激痛が走る。
先程よりも痛みは酷く、立ち上がるのに時間を要した。


「また……記憶が」


徐々にレインの事を忘れていく。
覚えてる事も少なくなり、レインの存在すらも忘れかける。


「最後の回答権。さぁ、どれを選ぶ?」


《強欲》の悪魔は満面の笑みでエクスを見下ろす。

「最弱が世界を救う。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く