最弱が世界を救う。

しにん。

目覚め。

「それではマスター。試練終了です。お疲れ様でした。」


ムシュの冷たい声だけが部屋に響く。
レヴィと二度目のお別れを済ませ、目を閉じる。


「レヴィ……見ててくれ。最弱が世界を救うところを。そして、ありがとう───」




目を覚ますと、ベッドの上に寝ていた。
あれからどれほどの間、眠り続けたのだろう。
使われなかった筋肉は眠りうまく使えない。
一体どれほど……


「エクス……くん。やっと目を覚ましたんだね。」


声がした方に目をやると、レインが泣きながら手を握ってくれていた。


「半年以上も眠りについて、死ぬんじゃないかってずっと心配してたんだからね、バカッ!!」


半年。そんなに長い間寝ていたのか。
うまく声が出せない。うまく体が動かせない。


「エクスさん、やっとお目覚めですか。お体の調子はどうですか?」


リリーか。なんだか、久しぶりに見た気がする。
声が出せない。使われてなかったからだろうか。
ひとまず返事を。


「エクスさん?声が出ないんですか?」
「エクスくん!!大丈夫?」


エクスは首を横に振り、声が出せないことを知らせる。


「リリー、レイン、下がって。恐らくは筋肉が弱って声が出せないだけです。パニックになってはいけません。」


セレネは強化魔法を使うと、エクスはやっと声が出せるようになった。


「あー、あっあー。なんとか声が出るようになった。ありがとうセレネ。」
「エクスくん!!」


レインは嬉しさのあまり、エクスへと抱きつく。


「い、痛いって、心配させたのは謝るから!!」


皆で騒いでいるのを横目で見て、部屋を退出するセレネ。
先程の"喋ることができなかった"エクスのことで頭を悩ませていた。


「強化魔法と誤魔化せたのはいいですが、あれは呪いや封印の類。一体誰が……」


考えれば考えるほど迷宮入りになりそうなので、その事については深く考えないようにした。




───とある廃墟に男の姿が二人。


「お疲れ様だ、ファントム。」
「はっ。我が主の願いとあれば。」


ファントムは仕事を終わらせると、土の塊となり地面へ消えていく。


「エクスの成長もなかなか。今後が楽しみだ。さぁ、世界の歯車が動く時だ。」


一人になった男は、不敵に笑い歩を進めた。
男がいた場所に雷が落ち、廃墟を跡形もなく消し去る。

「最弱が世界を救う。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く