最弱が世界を救う。

しにん。

迷子。

「ひとまずはこの国の散歩でもしようかな。」
「それじゃ私は別の用事があるから少し外すね。」
「レインに用事とは珍しいね。いってらっしゃい。」


ラフィナへ到着した二人は別々で行動することにした。
エクスは人が沢山いる商店街へと足を運んだ。


「やっぱり国が大きいと人が多い……パレードを思い出すなぁ……」


エクスの表情は少し暗くなった。
エインガルドでのパレードで人混みが得意ではなくなった。
エインガルドは大きいとは言えないが、まずまずの規模の国である。一方のラフィナはと言うと、世界三大国家の一角である。
そのため、人が少ない商店街と言えどエインガルドと比べると差は歴然である。


「街を観て回るのはもっと別のところに行った方が良さそうだな……ん?今のは……?」


場所を変えようとした時、僅かに小さい女の子の声が聞こえる。人混みでよく聞こえないが、ひどく怯えているように聞こえた。
声を頼りに近づいてみると、小さい女の子が大人達に絡まれていた。


「お嬢ちゃん、ぶつかっておいて謝りもなしか?」
「あ、あの……ごめん……なさい……」
「聞こえねぇなぁ?」


話を聞いてみるとどうやら、女の子がぶつかってそれに怒った大人達がちょっかいを出しているようだ。


「あの、どうしたん……」


エクスが止めに入ろうとした瞬間、青い髪の女性が止めに入った。


「小さい子をいじめて楽しいか!」


見た目とは裏腹にとても気が強いようだ。
よく通る声で大人達をひるませる。


「お、おい!あの青い髪はもしかして青髪のレヴィじゃねぇか!やべぇ逃げろ!」


大人達は青髪のレヴィと恐れ逃げていった。


「大丈夫?お父さんやお母さんは?」
「はぐれちゃって……」
「そっか、じゃあお姉さんと一緒に探そうか。」


さっきまでの強い女性は、一気に優しい人へと変わった。
ひとまず、エクスは黙って女の子と女性を見つめていた。


「あの……どうかされましたか?」


エクスが見ていることに気がつき、青い髪の女性はエクスへ近づく。


「あっ……いえ、俺はさっきの大人達を止めようとしてて……」
「よかったです。貴方もさっきの方々と同じでしたら、どうなっていたことか……」
「と、とりあえず俺は怪しい者ではないので……」
「ふふっ、こうして話すのも何かの縁ですし、宜しければこのこの親を一緒に探してもらえませんか?どうやらはぐれちゃったみたいなので。」


特に断る理由もなく、青い髪の女性と一緒に女の子の親を探すことにした。


「あ、申し遅れました。俺はエクス。エクス=フォルトです。」
「私も言うのが遅れたわ。私はレヴィよ。」


こうしてエクスはレヴィと名乗る女性と、迷子の子の親を探しに歩き出した。




「───それで、どうしてあなたがいるの?」


エクスと別行動をしているレインは、途中見かけた者へ話しかけていた。


「おや、奇遇ですね。こうしてまた会えるとは。」


レインが話しかけた人は、仮面をつけていた。


「ファントム……お前は何をしている?だれの指示で動いている?」
「私は主の命令のままに動いております。」
「その主は誰だ?」
「それは───」


その人物の名前を聞いた途端、レインは一気に青ざめた。

「最弱が世界を救う。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く