守護者は眠る

香月 玄_コウヅキ ハル

守護者は眠る Episode0

ジョ

俺が昔から毎日、暇さえあれば通っていた森はこの夏、立ち入り禁止となるらしい。


「ねぇ、今日は何をしようか?」
かくれんぼ?鬼ごっこ?それとも、魚を捕ろうか?

俺は入り口といった入り口のない森へ足を踏み入れた。









ヒトの気配は、一切ない。


  そうだ…少しだけ昔話を、しようか。

「守護者は眠る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く