拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。

POSTMAN

拝啓、❬法王❭。足元にお気をつけを。

 視界が段々と開けて、周りの状況が分かってくる。
 俺は王都の端の方にある工場地帯に転移したようだ。
 よく忘れがちだが異世界といってもここ……常人族に限っては技術レベルが異様に高い。
 使う武器は基本銃だし、連絡手段もスマホ(に似た端末)を利用している。魔力を持たず魔法を扱えない常人族ならではの進化の仕方だろう。
 ちなみにレナやルナは異人族で、常人族と他の種族の因子を持ち合わせている。❬大神父❭さんは……全くわからない。魔法を扱えていたので常人族ではないのは確かなのだが。
「まずは……情報を集めないとな」
 なにはともあれ情報収集。クラスメート……他の勇者の動きも知りたいし、今俺はどんな状況に置かれているのかが分からない。
 俺は取りあえず工場地帯を抜けて、都の中心へ向かうことにした。
 ただ、この一週間で国にたいして反逆した勇者がいる、という情報が広まっていないとも限らない。《アイテムボックス》からレナから貰った魔導具の一つである香を取り出し使った。
 確か名前は❬素顔隠しの香❭といったはず。強い幻覚効果を持つ魔導具で、これの効果が持続している間は他人は自分を認識できないらしい。
 ただ全く見えなくなるのではなく他人からの使用者への興味、関心、印象がゼロに近い状態になるそうで、向こうからこちらに接近することはないそうだ。
 こちらから相手に話しかけたとしても相手は俺を『秤彼方』とは認識できないし、話し終わった後は段々と記憶が薄れ、話の内容や相手のことは忘れてしまう……といったとても便利な道具である。
 この状態になって俺は工場地帯を抜けた。途中、俺が使った転移魔法の魔力を感知した宮廷魔導師数人とすれ違ったが何も怪しまれなかったし話しかけられもしなかった。
 比較的栄えている地域に出た俺は、通行人の女性に話しかけた。
「あの、私はラグリスから来た者なのですが、城はどちらにあるのでしょうか?」
「城ですか?レイク王が住まわれるのはあそこに見える建物ですが……?」
 女性は少し困惑しながらも指差して教えてくれた。いくら田舎から出てきたとしてもそんな事も知らないのは流石に不思議に思ったのだろう。
「そういえば王都には勇者様がいらっしゃるのですよね!今、勇者様達は何をしていらっしゃるのですか?」
「はあ……?勇者様ですか?確か、今は王都に集まってらっしゃいます」
「そうなんですか、ありがとうございます!」
「いえいえ」
 女性から礼を告げ足早に離れる。今、女性は勇者は全員王都にいると言った。つまり、俺と神崎の情報は伏せられているということだ。どうやら、一週間前から状況は変わっていないらしい。
 いや、勇者が他の種族に攻撃しているので悪化しているといえるだろうか?
 そう考えると、心の内にあった焦燥感が大きくなった。一刻も早く、という気持ちが抑えられずに俺はそこから走った。幸い、まだ人通りがない場所だったので全力で走ることもできた。
 既に人の範疇を超えた体は、魔力で身体を強化しなくとも途轍もない速度を出すことが可能だった。
 日が沈みかけている黄昏の街に一迅の風が吹いた。


 それから程なくして俺は城(見た目はほぼビルに近い)の付近にたどり着いた。その頃には香の効果も切れていた。
 正直、簡単に城内に入れるとは思っていない。俺が入ろうとした瞬間に城内は厳戒体制に入るだろう。
 ❬法王❭が居るのはこの摩天楼の最上階。対して俺が居るのは最下層(地下を入れたらそうではないが)だ。
……かなりムズい。しかも、中には勇者達が居る。彼らも実戦の経験を積んで少なからず成長しているはずだ。
 もし王様が俺を反逆者として勇者達に伝えているとすると、勇者全員を相手取る可能性も出てくる。以前よりも強くなっている勇者30人が相手になるなんて、考えるだけで全身から血の気が引いていく。どうしたものか……。
 そこでルナから貰った魔導具を思い出した。
「確か……透明化の魔法を使えるスクロールがあったような」
 スクロール。魔導書のランクを落としたような魔導具。
 その能力は、使用するとそこに封じられた魔法を一度だけ使えると言うもの。俺はルナにいくつかのスクロールをもらっていた。
 《アイテムボックス》から透明化のスクロールを取り出す。
 手の上に古びた羊皮紙の巻物が現れる。それを開くと中にびっしりと書かれた文字が見えた。その文字の上に指を乗せ、魔力を流す。すると文字が魔力の光を放ち始める。その光は段々と腕を伝ってこちらに移り始め……光が通った所から透明になっていく。
 やがて光は全身を通り過ぎ、俺は完全に透明になった。
「よし、行くか」
 城の構造は❬法王❭が居る塔が中心にあり、その塔を囲うように5本の塔がそびえ立っている。5本の塔は各々が国の機関の施設だと伝えられていたが、その頂上には❬法王❭の力を譲り受けた❬聖者❭達が居るらしい。
 さらに、それらの周りには厚く高い壁が建っている。
 それに加えて、中心の塔には空間を操る魔法がかかっているという。
「まあ、行くしかないよな」
 俺は最初の関門、番人が構えている門をスルーし中心へと歩き始めた。


「拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く