拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。

POSTMAN

拝啓、❬大神父❭さん。今日こそ勝利を。

「ハァ……」
 大きなため息を一つ。
 何せ、起きてすぐに俺が死にかけた理由である❬大神父❭さんと戦わなければならないのだ。
……嫌に決まってる。
「死にかけたとはいえ強くなってるのも確かなんだよなぁ……」
 自分自身の成長を感じられるほどには強くなっている。
 まず、通常状態での❬聖銀の双剣❭の出力……つまり切れ味が上がった。流れる魔力の量に比例して切れ味が上がる、というのがこの剣の特徴だが俺の魔力量そのものは変化していない(魔力の質は変化したかもしれないが……)。
 おそらく、流れる魔力の密度、、が上がったのだと思う。双剣内の魔力が密になることで流れる魔力量がより多くなった。
 これは、魔法を使いこなせるようになるための魔力操作の練習の副産物だと❬大神父❭さんが言っていた。
 もう一つ。何よりも……戦闘に関する技術が全体的に上がった。
 これは、まあ……。例の神父の鬼のような鍛練のおかげ。
「さて……❬大神父❭さんとの修行も実質今日で最後か。今日中にはあの人倒さないと❬法皇❭の情報もらえないのか……」
 あの……バカみたいに強い人に、しかも1日寝てた状態で?
「……ムリゲーすぎる!」
 あまりにも無慈悲な事実を前に俺は顔を青くして叫ぶしかなかった。
「ハァァ……」
 俺はまた、一つ大きなため息をついた。
 そして、❬大神父❭さんの待つ庭に出た。
「来たね。準備運動はしっかりしてきたかい?ケガしないよう気をつけて」
「はい。もうケガはしませんよ」
俺なりの『あんたの攻撃はもう受けない』という意を込めた挑発だった。
「……そうだね。でもやっぱりケガはつきものだよ」
 ❬大神父❭さんはその意味を汲み取ってくれたようで声のトーンを少し低くしてそう言った。
 無言で《アイテムボックス》から双剣を取り出す。
 良かった。魔力が変質しても《アイテムボックス》は使えるようだ。
「じゃあ……。お願いします」
「今日はどうもよそよそしいな。口先も回る」
❬大神父❭さんはそこで一度言葉を切った。
 
そして一呼吸置き……
 
 

「君、寝てる間何してた?」



 その言葉を紡いだ瞬間に俺との距離を消し、自らの槍を振るった。そこに一呼吸も何もない。『神速』と例えるに値する攻撃。
 しかし……何かが違った、、、。❬大神父❭さんが、ではなく俺自身が。
 双剣をこの手に握ったその瞬間からその違和感は感じていたハズだった。それまでに感じていた不安は消え失せ、軽口を叩きながらも不自然なくらいに❬大神父❭さんの動き一つ一つが見えていた。
 しかし……あまりに違和感の無いズレだったのだ。
 攻撃を受けて初めてその違和感を感じていたのだと理解した、、、、
 視界が、いや全ての感覚が鋭すぎる。何もかもが透明クリアに映る。まるで今まで見えていたものが無駄な情報で濁っていたかのよう。
 明らかに、前までの自分とは違う。


 キィンッ!!!


 銀の剣と槍とがぶつかり甲高い金属音を生み出す。
 ❬因果逆転の魔眼❭を発動……というよりも勝手に発動する。そして未来がえた。
 視えたのは❬大神父❭さんが槍を横に振るう姿。
……本来なら。いつも通りならば、見える未来はそこで終わっている。しかし今は違った。
 その先までもが視えた。
 魔眼に映ったのは横に振るった槍を回避して反撃する自分の姿。
 そして、その直後全く同じ事が起こる。❬大神父❭さんは槍を横凪ぎに振るうが俺はそれを避け、すぐさま反撃を行う。
 いや、行うというよりも行われた、、、と言うべきだろうか?
 俺のこの状態は『暴走』していると言うにふさわしい状態だった。反射的に次の行動を体が行っている。俺の理性が追い付かないほどの速度で。
 その後も❬大神父❭さんの猛攻が続いたが、全て受け流した。この猛攻は一昨日の修練と同じ、それかそれを上回るほどの猛攻だったのに対し、俺はそれをいとも簡単に受け流すことができていた。
 徐々に戦いのスピードが上昇していく。魔力を身体中に循環させ身体能力にブーストをかける。
 すると、だんだんとこちらが優位に立つようになっていた。
 その俺の激しい猛攻の中で一瞬だけ❬大神父❭さんの体制が崩れた。
 すぐさまその隙を突こうと追い討ちをかける……ように見えるフェイントをしかける。
 相手の隙にすぐさま食いつくとロクなことにならないのは身をもって理解している。
 ❬大神父❭さんが反撃を行おうとするタイミングと俺の追い討ちのタイミングを絶妙にズラす。
 足払いを行い、❬大神父❭さんの体が後方に倒れる。
 攻撃を行う直前に❬因果逆転の魔眼❭を発動して反撃が来ないか確認する。だが、❬大神父❭さんが反撃する未来は視えなかった。
 剣を振り上げ、そのまま振り下ろそうとしたその時、またも体が勝手に動いた。魔力循環が加速し剣が雷を帯びる。
 そして……雷を放出。しかし、相手に向かってではない。むしろ逆だ。
 剣から放出された雷はとてつもない威力を内包していた。その力は俺が剣を振り下ろす速度を加速させ威力を上げた。
 雷によって威力が底上げされた攻撃を放ったその刹那、脳裏に聞き覚えのない女性の声が響いた。


    
    『天式テンシキ始電シデン



 それが今の技を表しているということはすぐに理解した。
 謎の声も気がかりだが今は無視し、目の前の相手に集中する。
 相手の体をいとも簡単に切断するであろう剣が❬大神父❭さんに当たる直前。俺が踏み込んだ場所に罠魔法が設置されていた。その魔法陣から業火の渦が空へとかけ上がる。
 それを直前で回避。後ろへとさがる。
 炎で埋めつくされた視界の中で、炎を裂いて槍の突きが閃く。
 炎が完全に消え、互いに一定の距離を取る。
「本当に、何があったんだい?秤君。君は昨日何もしていない。それなのに腕が落ちる所か比べ物にならないほどに上がっている」
「さあね?俺自身が一番困惑してるんですよ。ただ……少しずつこの感覚を理解してきました。まだ上があるみたいなんですけど?」
 急激に上がった己の実力に最初は振り回されたが、格上である❬大神父❭さんとの修練、しかも今までで最も激しい攻防戦を繰り広げこの力にも慣れてきた。その上でさらに上限はまだまだあることも理解できた。
 すると❬大神父❭さんは
「もちろん、全力で来なよ。こちらも手加減は無しで行こう」
と、楽しそうに笑いながら言い放った。
「じゃあ……ッ!」
 俺は身体中の魔力循環を今までにないスピードで加速しはじめた。







 こうして、❬大神父❭さんとの戦いは今よりも上の次の局面ステージを迎えることとなった。

「拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く