拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。

POSTMAN

拝啓、精鋭さん。あなたを倒して進みます。

 牢獄から脱出した俺達はまず、自分達に立ちはだかる難関……神器使い、グラハムさんにどうやって勝利するかを考えていた。
「しっかし、どうやって倒すよ?あの人……」
神崎が困ったように言う。
「あの神器がどんな能力なのかが分からないんだよな……神器の形状を変化させるだけなのか、それともその奥があるのか……」
 そう、相手の神器の能力が剣の形状を変化させるだけとは限らないのだ。いきなり自分の切り札を全て出しきる奴はいないだろう。神崎や橘……それに俺がそうであるように。
「そうだな……俺の❬星帝剣❭の『ことづけ』以外の力を解放しても良いけど、多分俺は戦闘に参加出来なくなるんだよなぁ」
「でも、それで勝てるのか?どんな力なんだ?」
「えーとだな、《星帝聖域エクスフィールド》って言ってな。❬魔君主❭が使ってた結界魔法みたいな奴だ。でも俺を中心に展開されるし、その上激しく動き過ぎると自動的に魔法が解除されるんだよな……」
「そうか……確かに神崎が戦闘に参加出来なくなるのは苦しいな」
 なにせ、相手は一瞬で戦闘スタイルを切り替えて完全に使いこなす武術の使い手だ。仮に神器使いでなくても勝利するのは難しかっただろう。
「なあ、秤の方は何か無いのか?切り札的な奴」
「俺?そうだな……❬神々の加護❭はさっき使ったのに負けたし、❬因果逆転の魔眼❭も制限が掛かってるしなぁ。双剣も能力を出し切る……というか把握すら出来てないってのに……」
「そうなのか……あー!マジであの人なんなんだよ!俺なんて一撃でやられちまったしよ!強すぎだろ!」
「おいおい。何言ってんだよ。人類……常人族にはあの人以上の実力者、❬法王❭が居るんだぞ?こんな所で弱気になっててどうすんだよ」
「そうか……❬法王❭ねぇ。なあ。疑問だったんだけどさぁ、秤?お前、何を知ってる・・・・・・んだ?」
「は?」
 急にかけられた疑問に反応できず、呆気に取られる。
 神崎の言葉は続く。
「いや、だってさ。最初の魔族戦でもやけに魔族について知ってたし、❬魔君主❭を見た時だって俺は相手が人間の姿そっくりで人間かと戸惑ったのに、お前はすぐに❬魔君主❭を魔族だって断定してた。人間の姿そっくりな魔族がいるなんて普通に王国の下・・・・で訓練してた俺達は教えられて無かったぞ・・・・・・・・・・?帰る時もやけに❬法王❭について反応してたし」
「なっ……!?」
 思わず絶句する。自分でもバカらしいと思えるほどの大きな墓穴を、俺は掘っていたらしい。
「それに、王様から依頼を受けた時だよ。お前が言った依頼を受けない理由は……あまりにも不自然・・・だった。まるで……そうだ、『事件現場を見た刑事とか、探偵が犯人を捕まえるのに無理やり理由を、証拠を作った』ような……そんな不自然さがあった。異人族との協力関係についての説明はまだ自然だった。でもその後の精鋭隊……グラハムさんが神器使いだという説明は明らかに推測の域を出てた。きっと王様の人類が滅ぼされようとされているっていう説明の真相も最初から知っていたんだろ?」
……どうやら、俺は想像以上に墓穴を掘りすぎていたようだ。確かにそうだ。不自然なはずだ。1ヶ月間皆と訓練してなかった俺がグラハムさんが神器使いなんて、ましてやただ者じゃないなんて分かるはずがない。グラハムさんが神器使いだって分かったのは神様から教えてもらったからだ。
 それよりも、俺は神崎の観察力に驚いていた。始めこそ、なんでこいつが神器を保有……神々に選ばれたのか疑問だったが今では分かる。神崎は神器を保有するに値する人物だと。それに、この世界の真相を明かしても良い仲間だと。
「ああ、そうだ。俺は……転移する時に神々に頼まれたんだ。この世界を救うように……」
 そこから俺は語った……始めて出来た信頼できる仲間へと、この世界の状況を……



「へー!なるほどな。だからだったのか。この1ヶ月間も、俺の疑問も解決したわー!」
「……え、それだけ?軽くない?」
割と空気が重くなるかと思って身構えてたんだが。
「別に余計に重くする話じゃないだろ?というかお前が俺にその事を話してくれたってことは俺はお前にとっての信頼できる仲間って事で良いんだよな?」
「あ、ああ……」
「じゃあ、改めて。神崎竜斗、人間の戦士じゃなくて、世界を救う神々の使いとしてお前に協力するぜ!秤!改めて、これからよろしく!」 
 神崎はとても明るい、目が眩むようなスマイルを浮かべてそう宣言した。
 俺も戸惑いは少し残っていたが、それでも
「……ああ。こちらこそ!」
と、はっきりと返した。
 今ここに、世界を救うであろうグループが出来たのだった。
   


「で、どうやってグラハムさんを倒すよ?」
「それなら、案がある。今思い付いた奴だけどな」
 神崎はニヤリと不敵な笑みを浮かべた。
「へぇ。どんな奴?お前が……神々の使いさんが思い付いた案だ。たいした案だろうなぁー?」
意地悪く神崎がふざけ半分で聞いてくる。
こちらも不敵な笑みを浮かべ、
「どうだろうな?もしかしたら手刀で戦うのかもしれないぞ?」
と、言い返した。すると神崎は、
「ハハハハハ!それは勘弁してくれよ!」
愉快そうに笑いながら答えるのだった。
「俺が思い付いた案はなーーーーーーー」



牢獄から脱出し、真の仲間もでき、グラハムさんを倒す案もそれなりに固まった頃だった。牢獄から脱出し、道なりに進んでった俺達の前に上へと向かう階段が現れたのは。階段の先からは光が見える。
「……神崎。階段の先からが本番だ。気を引き締めてけよ!」
「それは、こっちの台詞だ。秤!」
俺達は互いに激を飛ばし階段を昇った。
 階段を昇りきった俺達を待っていたのはとてつもなく広い部屋と……

「……やっぱりお前達とはまた戦うと思っていたよ……」

「「グラハムさん……!」」

神器使いの精鋭隊長だった。



「拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く