拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。

POSTMAN

拝啓、神々。この世界は退屈ですね。

 俺、秤彼方はかりかなたは退屈だった。いつもと変わらない高校への通学路の景色を眺めながら高校へ向かう。
 憂鬱だ。
 学校では友達と呼べる人物はいないし、ましてやクラスメイトと話す事さえ少ない。学校生活の内容はいつもただただつまらない授業を受けるだけ。部活も入っていないし成績も平均。優等生とは程遠い、劣等生に近い分類だろう。こんな事もいつも考える。いつ、どこで選択を間違えたのか、そんな悩みも尽きない。しかし、それらも全て含めて俺の日常なのだと結論つけてしまっている自分もいる。
 本当に憂鬱で…
「退屈な…日常だなぁ…」
 つい呟く。
 もはや生活の習慣となりつつある思考を続けていると俺の通っている高校につく。
 朝、下駄箱でばったり会った友達と語り合いながら教室に向かう…なんてイベント、友達のいない俺には縁のないイベントで一人で教室に到着する。
 俺が着々と朝の準備をしていると隣から声がかけられる。
「おはよう!秤君!」
 隣の席の橘明日香たちばなあすかだ。彼女はこの高校の中で最も人気のある生徒だ。
 美しく流れる黒髪は雲一つない澄んだ夜空のよう。綺麗でつぶらな瞳は光を湛え、鼻梁も高くとても可愛らしく、それでいてどこか清く儚げな美しい雰囲気を纏っている。つい見とれてしまう。その上皆に対して(俺のようなぼっち野郎にも)優しいのだから人気が出るのも仕方ないのだろう。
「あ、ああ。おはよう」
 ぎこちなく、俺は挨拶を返す。彼女に変に思われていないだろうか。
「ふふっ。いつも秤君はテンション低いよねー」
「べ、別に。そうかな」
 むしろこっちは学校一の美少女と話せているのだからテンションはかなり上がっているのだが…
 と、そこで横やりが入る。
「おい!明日香。そんなメガネぼっち野郎と話してないでこっち来いよ」
 学校一のイケメン、神崎竜斗かんざきりゅうとだ。
 髪は派手な金髪で顔立ちはもちろん整っており、その上生徒からの信頼も厚い人気者だ。橘と二人でいるととてもさまになる。
「んー。少し待ってて。今秤君と話してるから。あと、秤君はぼっちなんかじゃないよ?」
 まあ、当の橘は神崎を毛嫌いしているようだが。
「ハッ!そんな奴のどこが気に入ったんだよ。まあ、いいや」
 神崎は橘をグループを入れるのを諦めたようだ。すぐに自分達のグループの会話に戻った。
「ごめんね、秤君。嫌な思いさせちゃったよね…」
「いや、俺は別に…橘がフォローしてくれて嬉しかったよ」
「そ、そうかな。そう思ってくれるならありがたいよ」
…その後、担任が教室に入ってきて俺と橘の会話は終わった。
 結局、放課後まで俺はいつもと変わらず誰とも話す事なくその日は過ごした。
…放課後までは。
 ホームルームが終わり足早に家に帰ろうと俺は誰よりも早く教室を出た。しかし、教室に忘れ物をした事に気付き教室に戻ろうとしていた。
 教室に近づいていると何か騒がしい事に気付いた。
 何だ…?
 教室を覗きこんだ俺の目にうつっていたのは衝撃の光景だった。
「お前が悪いんだからな?明日香。お前がいつまでもあんなメガネぼっち野郎なんかと一緒にいるから」
 神崎と神崎と特に仲が良いグループが床に膝をついている橘を囲っている。
「なあ、お前らもそう思うよなぁ!?」
 「「………」」
 神崎が声を上げて問いかける。周りのギャラリーは神崎に反抗できないでいる。神崎は学校全体のスクールカーストの頂点とも言える存在だ。仕方ないのかもしれない。
 でも…誰か一人でも助けてやれないのか橘を!
 そこで、俺の脳裏に今朝の会話がフラッシュバックする。
 何気ない朝の挨拶。でもぼっちの俺にとってはかけがえのない時間。俺なんかをフォローしてくれた橘。その橘が俺と一緒にいたからこんなふざけた行為の的になっている。
 この場から全ての責任を放棄して家に逃げ帰るのは簡単だ。しかし…それで良いだろうか。
 もし、そうしたら俺は大切な何かを失うだろう。一生後悔するだろう。本当にそれで良いのか?
「…違うだろ」
 小声で呟く。でも、それは今朝の退屈を嘆く呟きと違って

何かしらの強い信念に支えられていた。

『お前はその力を正しく使えよ』
 昔、大切な人に投げ掛けられた言葉だ。
「ああ、今ころ❬力❭を使うべき場面だよな」
 俺はかけていたメガネを外し橘の元へ進む。よく見ると頬は赤く腫れ涙が伝っていた。誰かに殴られたようだ。
 その時、ついに俺の怒りは最高点に達した。
 黒かった目が赤黒く染まっていく。力を使った証だ。

………ガキの時の話だけど、俺は一度生死の境をさまよった事があって神様とやらに会った。
 その時、俺はとても大切な人を失ってしまったのだけれど、その人が遺して、神様が俺に授けてくれたのが今から使う力だ。

その力とは即ち……

「ん?ああいたのかぼっちメガネ。ほらお前のせいで愛しの明日香が泣いてるぞ?」
 半分笑いながら言ってくる。ただ、それは俺の燃え盛っている怒りの業火に油を注ぐ行為だった。
「…もう、どうなっても知らないからな。神崎、それとそこの橘を囲ってるグループ…」
 そして宣言する。

「お前らは許さない」

「はあ?許さないっつたか?笑わせるなよ。この人数とどうやってやりあうって言うんだよ?ああ?」
 確かに普通なら勝てないだろう。逆にボコされておしまいだ。ああ、普通ならな。
 その結果を覆すための俺の力だ。
 神崎が殴りかかってくる。しかし俺はそれを簡単に受け止める。力を使って。

 俺の力とは…『全ての物事の結果を事前に知る』事ができる力だ。

「えっ?」
 神崎が間抜けな反応をしている頃には俺は神崎の整った顔面に鋭い打撃を叩き込んでいた。一撃で神崎は失神した。まあ、殺す気で殴ったし。
「お、お前っ!おい!全員でかかるぞ!」
 橘を囲っていたグループが全員で殴りかかってくる。
 しかし、俺は全てヒラヒラと全て回避する。そして一人ずつ気絶させてゆく。 
 数秒後には決着はついていた。
 そう、これが『結果』。俺はメガネを外した時からここまでの『結果』を全て知っていた。
 俺が日常を退屈だと思うのはこの力があるからでもあるから忌々しく思っている。
 でも、まあ、今は橘を助けられたからこの力には感謝している。
「大丈夫か?橘」
 橘に声をかける。
「は、秤君…!」
 泣きながら橘が俺の方へ近づいてくる。
 そしてあろうことか俺の体に身を預けてきた。
「怖かった…怖かったよぉ秤君…」
 少し驚いたが相手の体を無理やり引き離す訳にもいかない。美少女に密着されて心臓の鼓動が早まってゆく。
「ごめんな、橘。俺なんかと話してるから…」
「ちがうよ…秤君は悪くないよ…」
 暫くたって橘が落ち着いてきた頃。俺は今日の事を振り替えっていた。この退屈な世界は一日にして一変した。俺の人生においてこのまま、一日が終わるなんてあり得ない…そんな事を考えていると
「コラー!なに騒いでるの!」
と担任が教室に入ってきた。そしてその瞬間

 教室の床が眩しく光出したのであった。

………拝啓、神々。この世界は退屈ですね。
俺には全てが分かってしまう。俺たちは異世界に転移するんですよね。あなたは何故俺が異世界に行った後じゃなく、あの時この力を授けたのでしょうか。もし、良かったら今度お話する機会を設けてはくれませんか?

秤彼方。16歳。あらかじめチート能力を持ってクラス転移に巻き込まれます。










「拝啓、世界の神々。俺達は変わらず異世界で最強無敵に暮らしてます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 閲覧履歴間違えて削除してしまった

    ポストマンとか第五かよwww

    0
コメントを書く