話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヘタレ勇者と魔王の娘

しろぱんだ

第6話 血の混じり



  不思議だ。
先程まで身体中が激しい痛みで襲われ、呼吸すらまともに出来なかったのに。
今では全てが無かった事の様に静かな気分だ。

  痛みは消え呼吸は整い、世界がクリアに見える。
試しに指を動かすと…うん、動く。
しっかりと、しかし痛みは一切無く骨も折れていない。
あれだけ踏まれたのに痛みが感じないのは何故だ?

身体を起こしてみるが不自由な所は無い。
五体満足という言葉がピッタリなくらいだ。

──キィィィン────

  ふと、頭の中に嫌な音が響く。
右側から聴こえた気がしたが、それが何なのか分からない。

そちらを見ると、何やらジェリーとシファーがテレ?と居たのが見える。

ジェリーはテレの胸ぐらを掴み、何かを叫んでいる。

あぁ、そんな大きな声を出したらオークに気付かれるのに。

  案の定見付かったらしい。
オークは3人に近寄り、体制を低くし先程と同じ攻撃を繰り出そうとしていた。


『いやぁぁぁぁぁぁ!!』


叫んだ少女2人の声が、まるで近くに居るかの様に聞こえる。

─ドクンッ──!!

その時、胸の奥で鼓動が大きく跳ねた。


『守れ──彼女を───』





「喰らえェェェェ!!!!」

「助けてっ…誰かっ!!」

  シファーとジェリーは互いに身を抱き締め合い、その場にへたり込んでしまう。

「くそぉ!?」

テレの悔しがる顔にオークがニヤリと笑う。
そして脚に力を込め、その巨体を弾き出そうと力む。

その刹那──

「ぶごっ!!」

オークが横に大きく飛ぶ。
いや、正式には吹き飛んだと言えるであろう。


「「ハジメ!!」」

  2人が同時に叫ぶ。

しかし、オークを蹴り飛ばしたハジメは梅雨知らぬ顔をし、飛んで行ったオークの巨体へと跳躍して飛び込む。

「クソォ…な、にが起きてやが…る?」

  巨体を何とか起こし、頭を何度か振る。
強烈な痛みと脳の揺れが激しく、意識が上手く保って居られないらしい。

そこへハジメが素早く現れると、今度はオークの首に手刀をねじ込む。

「ぐぶっ?!」

「殺す…」

  呟かれた一言。
それが言い放たれた刹那、オークの首元からねじ込んだ手刀を勢い良く抜く。


──ブシュッ!!!

  血が滝のように溢れ出し、オークは大きな口を開けたまま硬直する。

「な…んだ? その…目…は…?」

  オークから見たハジメの瞳。
それは今まで黒かったのが金色にじんわりと変わる瞬間。

まるで獣の様な瞳に、オークは恐怖を覚えた。

死と共に、絶対に勝てないという獣の感がオークの心を支配した時。力無く抜け落ちたオークの手が地面にポトリと着いた。

獰猛な獣が、オークのリーダーが死んだ瞬間である。




  数日後、森の奥にある洞窟の最深部。
オークのリーダーが生前巣にしていた場所に、黒いマントに身を包んだ長身の人物が存在していた。

怪しげなマスクを着け、手にはオークのリーダーの頭を抱えている。
数日経つというのに、オークの頭は腐りもせずに綺麗なまま保たれている。

「『豚獣人リトルオーク』が『猪獣人オーク』にねぇ?
クックック、魔王が死んだ今、オークにまで序列が出来たのか滑稽な」

『ふむ、それで実験はどうなったのだ?フェイスよ』

  薄暗く、松明の火が揺らぐ洞窟内に低い声が響く。
フェイスと呼ばれた男は、オークの頭を被りながらケタケタと笑い言い返す。

「万全ですよぉ?
『魔王の血』で作った薬品は、魔物を強化し再生能力も高める効果があるのが分かりました。まっ、オークレベルじゃあ、それでも人間には及ばなかった見たいですが」

『そうか。血はそれしか使えぬ。
後は我々が使うのだからな』

「わーかってますってぇ。この薬を何処まで使えるか試して見ます。
それで覚醒に当たれば良いんですが…確率なんて有るのか無いのか」

『貴様ならどうにか出来るだろ。不死者に1番近い存在なのだからな』

「…あららぁ?ボクの事、少しは調べたのですか?」

『当たり前だ。不気味な奴程良く動くがその反面、気を抜いたら寝首を掛かれんかも知れんからな』

「それってぇ、実体験ですかね?」

『フッ…私に挑発等無駄だぞ?』

「はいはい。キール様」

  静寂になる空間。
話を終えたのか、フェイスはその姿のまま洞窟を後にする。

「駒は後幾つ必要かな?クックック…」





  真っ暗だ。
目を開けているのか、閉じているのかさえ分からない。暗く静かで、自分は横になっているのか、立っているのかすら分からない状態。

正直、混乱している。

途中からの記憶が曖昧だ。

俺は一体何をしていたんだ?



「サタンッ!!  クソォォォォォォォォォォォォォォォッ!!」 

  激しい怒号が脳内に響く。
何故だろう。俺はこの声を覚えている。

「世界は──歪んだのだ。私やお前の存在も、最早不要となっている…。それでも抗うか?」

「あぁッ!!俺は抗う。この世界が歪んでいるなら、俺は全てを投げ出してでも正して見せる!!」

「フッ…そうか、なら」

  突然声が途切れた。
ハッキリと聞こえていた声が、全て消えてしまい。
残されたのは──また静寂。

何だこれ?

夢なのか?

分からない。
何も分からない。

全てが暗く。
ただただ、俺の意識はそれに溶け込んでゆく。

薄れて行く意識。

考え──が─できな──────


「ヘタレ勇者と魔王の娘」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く