話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ヘタレ勇者と魔王の娘

しろぱんだ

第1話 ヘタレは魔物とエンカウントする



  生暖かい風が吹き抜ける。
青々しく生い茂った芝生

  俺、ハジメ・ナイトソードは日課の芋堀りを終え。薬草を採取しに村の外まで出ていた。

「おっ、この薬草は使えるかな」

  いつもの様に薬草を採取。
そのまま近くの林に足を踏み入れ、一緒にきのこも採取して行く。

「これは『笑いだけ』か、何か色味が濃いな…」

  10年前、勇者が魔王を討伐してからというもの。
魔物の数が激減。それに伴い近隣の森や草原の穀物や薬草。茸や野生動物が良く育つ様になったのだ。

「一応持って帰るか…薬品に使えるだろうし」

  籠に茸を入れ、立ち上がり伸びをする。
刹那───きゃあああああ!!
女性の叫び声が林の中で響き渡る。

「!?」

  声がする方向へと走り出すハジメ。
木の枝や葉で頬が擦切れるが構わない。

  兎に角必死に林の中を走り抜ける。

少し開けた場所に出ると、そこには───

「た、たすけ──」

  艶々に輝くピンク髪の女の子が、木に吊るされていた。
しかもスカートの中が丸見えで。

「み、みみ見てないで助けなさ…助けて!!
もう漏れそうなのぉ!!!」

「なっ、あぁ。ごめんッス、今助けますから落ち着いて」

  兎に角、網目状になっているツルの上部分を引っ張ってみる。

「あれ? 普通なら此処引っ張れば解けるのに」

「ちょっ、揺らさないで!!」 

  そう言いつつジタバタする少女。

自分で揺らすなよ…。

「待て待て、暴れないで!! こりゃ、魔法で作られた『罠魔道具トラップツール』だなぁ。
順序良く網目を切れば抜け出せるから…っと」

「ほ、本当に…?」

「うっ…」

  今気付いたけど、この子相当な美人だぞ。
潤んだ大きな瞳。細い腕に、白い肌。
フリフリの衣装には、大きな紅いルビィらしき物があしらわれていた。

何処かのお嬢様なのか?

「ねぇ、君って──」



「やっと見つけたぞ魔王の娘よッ!!!」


  俺の言葉を遮りながら、背後から大きな野太い声が聞こえてきた。

振り向くとそこには全身緑色で、大柄な体格に筋肉が目立つ。

そう、かの有名なオークさんが立っていた。
しかも片手には大きな棍棒を持っている。

てか、それよりも…

「魔王の娘?!」

  身体全身から嫌な汗が溢れ出すのが分かる。

「ちょっ、何かアンタ顔が青いわよ!?」 

「お、おおおおくに…ま、ま、ま、まま魔王の娘!?」

  どシャリと地面に尻餅を着いてしまう。
足や腰に力が入らない。

「何だァ?  人間のガキとお楽しみだったのか?
流石は淫乱リリアの娘、シファー様だなァ?ガッハッハッハ!!」

「──っ!!」

  オークの言葉にシファーと呼ばれた少女は顔を赤くし、きっと睨み付ける。

  や、ヤバいぞ。
話に付いて行けないし。コレ、俺は完全アウェイじゃねぇか…。

「さて、取り敢えずガキは死んでおけな?」

  腰を抜かしてやり取りを見ていると、オークは大きな棍棒を振り上げ…


「ちょっ、まっ、死ぬ!?」

「『防御魔法陣シルドスペル』!!」

──ガゴォンッ!!!!

「……はぇ?」

  振り翳された棍棒。
しかし、それは俺を直撃せずに目の前で止まってしまっていた。

  見上げてみると、棍棒の先端付近に大きな魔法陣が発動していた。それが棍棒を抑え、俺を助けてくれたのだ。

「ま、魔法?」

「くっ──もう、持たない!!」

「おおおおおお?!」

  シファーが苦しそうに手を翳していたのだが、耐えられずに下ろしてしまう。
それと同時に魔法陣が消えてしまい、棍棒が結局俺に落ちて来た。

勿論、腰が抜けているので逃げられはしない。

ゴンッ!!


「ぬぅ。邪魔が入ったが、結局で潰れたか」 

「そんな…」

「ガッハッハッハ!!  さてさて、シファー様も御一緒にあの世へ行きましょ…ぐべご!?」


  唐突に押し上げられたかの様に棍棒が跳ね返り、オークは棍棒を握り締めたまま自分の顔へ当てると、そのまま後ろへと倒れてしまう。

「いてて…鼻に少しぶつかったぞ?」

「はぇー…え?」

  鼻先を抑えながらハジメは立ち上がり、オークの腹を踏み付ける。

「ごぼっ!!??」

  オークは口から胃液を吐き出し、気絶しかけていた意識を強制的に戻された。

「お前、今彼女を殺そうとしたのか?」

「ぶっ、ごほっごほっ!!  貴様ッ、人間が…!!」 

「答えろ」

  ガンッと、棍棒を握り締めたままの拳の指を蹴り上げる。

──ボキボキッ…

「いぎゃっ!?」

  何故か悲鳴を上げたのは吊るされている彼女だった。
音からして痛々しいのか、シファーは耳を抑えて泣きそうな顔をしてオークを見ていた。

「そりゃあ、狙ってるに決まってんだろ。
魔王の血筋。その血を飲めば力は増大し、心臓を喰らえば長寿になれる!!
先代魔王が敗れてから、我々は跡継ぎを作る為に必死だった。
その娘が本当に魔王様の娘であるなら、その身を捧げ 次の魔王となる者へ受け継がれなければならない!!」

  オークの言葉にハジメは考え込む。
成程な、昔から魔王の血の噂は聞いていたから知っている。
魔王の血を得し者。災厄の力と永遠の命を手に入れるとされている。

狙う理由は分かるが、腑に落ちない所があるな。

「それなら、何故殺す?
生かしておいた方が良いだろ?」

「はっ、狙ってんだよ誰しもが!!
新しい魔王の椅子ってのをなァ!!」

  それが本音か。

頭に血が一気に上るのが分かる。
先程まで我慢していた何かがプツリと切れる音がした気がした。

「小せぇ女の子追っ掛け回して、私欲の為に殺そうってか?
ふざけんじゃねぇよ!!」

バキィバキバキ───!!!!

  怒りの余りに振り降ろした拳が、オークの右肩へと減り込む。
骨が折れ、砕ける音と感触が拳に伝わって来る。

  覚えているものだな、オークの弱点ってヤツを。

「何故骨がッ?!」

「それだよ」

 俺は棍棒を指差す。

「お前等オークやゴブリンは、主に棍棒を使うから肩に疲労が溜まりやすいんだよ。長年無意識に蓄積したダメージは骨や筋肉を痛めやすい」

  ゴキリと手首を何度か鳴らしながら回す。

「お前等魔物の弱点くらい、俺は嫌という程知っているぞ?
それでもまだやるか?」

「ぎっ…今日の所は ひ、引いてやる!!」

「今日は?」

「ひぶっ!?」

  精一杯の目付きをキツくして睨む。
怯んだオークは腰が抜けているのか、俺が腹から降りたというのに、四つん這いになりながら左腕を必死に杖の様に着きながら逃げる。

  俺は一呼吸整えて少女、シファーの方へと振り返え。

「ごめん、直ぐに解くね」 

  ツルへと手を飛ばすと──

ジョロジョロ…と水が滴る様な音が耳に入ってきた。

「──は?」

「──────っ〜!!!」

  赤面したシファーが潤んだ大きな瞳を向けて来ている。
紅い大きな瞳が揺れ、耳まで真っ赤になりまるで茹でたタコだ。

「取り敢えず…俺の家に来るッスかね?」

「ヘタレ勇者と魔王の娘」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く