話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

季節高校生

goro

二つの歌声









「もう始まってるな」


広場から大通りに出た藪笠と島秋。
藪笠は携帯の時刻を確認、同時に道路脇に止めてあった紅いバイクに股がり、


「ほら」
「っわ!?」


ポン、と投げられた赤ヘルメットを何とか受け取り頭に被った島秋は、言われるがまま藪笠の後ろに乗った。
藪笠は、顔を少し赤らめる島秋に対し、


「島秋」
「ん? 何、藪笠く」
「今から結構スピード出るけど、俺の腰から絶対に手を離すなよ」
「え?」


藪笠の注意を促した言葉。




何で当たり前のことを言うの?


島秋は、その忠告に対し首を傾げた。
直後。


ブゥゥン!! ブゥゥン!! ブォォォォォォォォ!!


島秋の受け答えを聞くことなく、エンジンは灯され時速180出る紅い獣が走り出す。


「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」














文化祭の二大イベント。


コスプレコンテストは既に終了し、今は歌声コンテストの中盤に差し掛かりつつある。




「まったく、藪笠も花もどこに行ったの」


体育館倉庫がある人の集まりが見られない広場。そこには、浜崎玲奈の姿が見らる。




数分前、浜崎は職員室に立ち寄ったさい、ばったり会った瞳矢から、藪笠たちが姿を消したと聞かせれ、教室や廊下、中庭などあちこちを走り回っていた。


しかし、最後といっていい、ここにも二人の姿は見られない。








(まさか、あそこから外に出たんじゃないわよね?)


浜崎は目の前にある金網に視線を向ける。
金網の向こうには道路が通っており、よじ登って外に出ることは出来なくもない。
しかし、


(まぁ、花がそこまで大胆なわけないし………あり得ないわね)




肩をすかし、中庭周辺をもう一度確認しようと足を動かした。








その時だった。




ォォォォォォォォォォォォォォォン!!


「?」


遠くから微かに聞こえる音。
車やバイクのエンジン音にしては、やけに物静か過ぎる。


浜崎は音が聞こえてくる方向に顔を向けた。


「っな!?」






その瞬間。
金網を飛び越え、紅い獣を模様したバイクが広場へと侵入した。


この時、浜崎の顔はここに来て一番の驚愕に染められる事となる。














体育館倉庫前の広場に着地する二分前。




「む、無理!! 無理だよ藪笠くん!!」


島秋は精神は、絶叫の寸前まで来ていた。
というのも、校門に向かうのかと思っていたら突如方向を変え、学校裏手の金網に向かって全速で走り出したのだ。


しかも、藪笠に聞くと、あの金網を飛び越えると地獄の返答が返ってきた。




「ねぇ、藪笠くん!!」
「うーん、確かに今のままじゃ無理だな」
「分かってるなら止めてぇぇぇぇぇ!!」


島秋の顔面が泣き顔に変わる。
一方、平然とした表情の藪笠はスピードをさらに上げる。
そして、目の前にある二つの計測器の間につけられた、赤く光るボタンを押した。
直後。


ガコッ! ガシャ!
前後から音と共に紅いバイクはその姿を変える。前輪を守るフレームが左右に分かれ、前輪が真ん中に入るように前に伸び、島秋の後ろにあるフレームは変形と同時に両側から青いパネルが飛び出た。


「ぅえ!? 何、何!?」


突然のことに動転する島秋。
しかし、そんな彼女のことなどお構い無しに、バイクはガソリンから電力へと動力を変え、紅い獣はスピードを最速にまで上げ続ける。




「島秋、舌噛むなよ!」
「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


四季装甲、春を使う。瞳を桜色に変えた藪笠は、前輪を力任せに持ち上げ、道路の小さな段差を利用して、次の瞬間。






「いっけぇ!!」


ドォン!!
涙溢れる島秋をよそに、紅い獣は金網を飛び越え、着地と同時に回転しながら動きを止めたのだった。
















シュウゥ…。
フレームが元の位置に戻り、小さな白煙が出る。


「ふぅ、何とか間に合ったな」
「………ぁ………ぅぁ」


ヘルメットを脱ぎ去り、息を吐く藪笠。
一方の島秋は気絶しかけつつある。
そして、藪笠たちの直ぐ側では、




「あ、アンタたち………何やってるの?」


口元を引きつらせる、驚愕した表情の浜崎が立っていた。


















時刻は夕方に迫りつつある。
歌声コンテストの司会担当を勤める男子はマイクを通して、


「それでは、これを持って歌声コンテストは終わりとさせていただきます!!」


その言葉に対し、観客席から拍手が沸き上がる。そして、歌声コンテストはそこで終わりを告げようとした、






「ま、待ってください!!」


その時だった。
ステージに荒い息を吐きながら立つ少女。


島秋だ。




「えー、確か君は島秋さんだったよね。悪いけど、もう終わりなん」
「お願いします、どうか歌わしてください」


バッ、頭を下げ頼み込む島秋。


「いや、…………でもそれって勝手な言い分だよ? だって時間内に来なかった君が悪いし」
「………そ、それは」


男たちに捕まっていた。
そう言った所で、ここにいる皆が信じてくれるものか。


「……………」


完全に言葉を止めてしまった島秋。
司会の男は溜め息を吐き出し、終わりの言葉を口しようとした。
その時だった。










「ーゥ………ーゥ…♪」










校内の放送機。
そこから聞こえる歌声。
詩ではなく、これはメロディーだ。
しかも、下手や上手を通り越した、人々の心に直接語り掛ける美声。


















放送室。
文化祭の時間に合わせてテープを変えて流す。
そんな中で、放送員の女子と浜崎の視線が一人の少年。
棒状のマイクが立てられた、ガラス張りの室内で声を出す、藪笠に集中する。




「ーゥ♪ ーゥ♪」


藪笠の瞳が微かに雪色に変わる。


四季装甲、冬。
雪羅。




音による干渉を司る。時に一定の感情を膨れ上がらせることもできる。


そして、自身の感情も辺りに干渉、問い掛けることも…。


















島秋は放送室の窓に顔を上げた。
そして、この声。




聞き覚えがある、この声。






「藪笠くん………やっぱり歌上手かったんだ」




島秋が呟く。
それと同時に奇跡が起きた。


観客席に座る一般人。
皆がさっきまで帰ろうとしていた。
だが、今誰もが椅子に座り、手拍子で開始を促している。


司会役の男子は、渋々といった表情で島秋にマイクを渡す。




「…………ありがとうございます」


島秋はマイクを手に、ステージ中央に立つ。
そして、指定された曲が流れ始める。


それに付け加えるかのように、藪笠の歌声も、


「…………すぅー、はぁー」








島秋は深呼吸をしたのち、唇を動かし詩を歌う。
それは、二つの歌声。














一人は少女のために。


そして、もう一人は少年のために……。












歌声は皆の心に問いかけと安堵を与えた。





「季節高校生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く