話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

季節高校生

goro

不安の暴露







キャンプ場の全別荘を仕切る御影と共にバーベキューを楽しんだ藪笠たち一行。


そして、現在。




「何でバラバラになってるのよぉぉぉぉぉ!!」




鍵谷真木は一人、キャンプ場に残されていた。
バーベキューを終え、片付けをする最中に藪笠がどこかに消え、片付けを終えた藍も同じようにどこかに行ってしまった。


藪笠はいいとしても、大人代表が勝手に自由行動する、普通?




はぁ、と溜め息を吐く鍵谷。
川沿いにしゃがみこみ、流れる水面に写る自身の顔をぼんやりと見る。
と、そんな彼女に、


「あれ? 藍さんたちはどうしたんですか?」


聞き覚えのある声。
振り返るとそこにいたのは両手に紙コップを持つ御影源二だった。


















森林が続く中。
藪笠は一人、ある岩像の前に来ていた。


岩像といってもそれほど大きい物ではない。
例えで人を積み重ねて二人分という所だ。


「…………これは」


藪笠は岩像に近づき、そっと表面に手を当てる。手のすぐ側には小さな文字が書き出されていた。




『ここで告白すると振られますよ』




岩に石を突き立てて、書いたらしい。
その字はひどく震えた印象を感じさせる。


多分、震えながら書いたのだろう…。
藪笠は瞳を細め、その震えの原因を思い、考える。
と、その時。










「藪笠くんって本当に優しいのね」




突然の声。
だが、藪笠は驚きはしない。
ゆっくりと振り返り、腰に手を当てながら藪笠は尋ねる。


「どこをどう見ればそう見えるんですか、藍さん?」


口元を緩ませながら、その質問を投げ掛けられた声の主。
鍵谷 藍は小さく笑いながら答える。


「見たまんまよ」
「……………」
「だって顔に書いてるから」
「書いてない」
「もぅ、照れちゃって」


………駄目だ。
藪笠は溜め息を吐きながら、言い合いを一番に下りた。


藪笠は小さく刻まれた文字を触れながら藍に尋ねる。


「……藍さんが来たって事は、やっぱり」
「………ええ」


藍は静かに岩像に近づき、藪笠と同じように表面に手を当てる。
そして、唇を動かし藍は言う。










「……妹が、白刃さんに最初で最後に告白した場所よ」


















「もう、藍さん遅いなー」


鍵谷は御影から貰った紙コップを手に溜め息を吐く。
中に入っていた茶は既に半分を切っている。


「まぁまぁ、もうじき藍さんも帰ってきますよ」
「ぅぅぅー、藪笠も帰ってこないし」
「………………」
「第一、藪笠は一人行動が多すぎるのよ。まったく」


はぁ、と再び溜め息を吐く鍵谷。
溜め息を吐くと幸せが飛んでいくと聞くが、実際に藪笠に対して何回溜め息を吐いただろう。


そもそも、せっかくの二人っきりだというのに…。


「(もう少し、気にしてくれてもいいと思うんだけどな……)」


はぁ、とさらに溜め息を吐く鍵谷は、御影の存在すら忘れて、一人ぼやき続けてしまう。


だが、直ぐに口を開かない御影に気付き、鍵谷は慌てて、


「あ、すみません! 何か一人で喋っちゃって!?」


そう口にした。


















「そんなにあの藪笠が好きなんですか?」


















え? とその言葉に固まる鍵谷。
御影は目を細め、低い声で口を動かす。


「藪笠なんて君の気持ちを何一つ分かっていないだろ?」
「……え…み、御影…さ…」




御影の言葉。
さっきまでの印象が一瞬で変わっていた。




「それなのに、何で藪笠を好きになる? 何でそこまで思い詰める?」
「……な…なにを……」
「結果なんてもう見えているだろ。藪笠は絶対に君の気持ちを受け入れない」
「…………っ、いいか」
「分かってるんだろ? 気づかない振りをして、ほんとは心のどこかで悟っているはずだ」
「………………」
「認めろ。そして諦めろ。藪笠は何の感心もない、君の気持ちも分かろうとしない」
「…………………や、やめ」
「ただ勝手にはしゃいでる君を嘲笑うだけなんだよ、藪笠は!」
「やめて!!」








ボトッ、と手に持つ紙コップ落とし、立ち上がる鍵谷。
その顔には涙ぐんだ恐怖が浮かぶ。






意識しないようにしていた。
そう思いたくなかった。








だが、それを今。
確実に言葉にされた。


苦しい。
胸が杭で刺されたかのように苦しい。




鍵谷は自分を睨み付ける御影に対し叫ぶように声を出そうとした。














したはずだった。










「…ッ…………!?」


ぐらり、と。
瞬間、御影の姿が川に流れる水面のように揺れる。
それに加え、上下が分からなくなる。




「………な…なん……で…」




そして、そこで鍵谷の意識はなくなり、その体は地面にパタりと倒れた。








「……………」


御影は地面に倒れる鍵谷を見下ろし、その歪んだ笑みを浮かべながら口を開く。


「そうだ。君は、いや…鍵谷さんはそうやって眠っていたらいい。また藪笠何かのせいで鍵谷さんが泣くことなんてないんだ…」












沈みきった森の中。
御影の不気味な笑い声が深く静かに聞こえるのだった。







「季節高校生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く