話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

季節高校生

goro

体育?2





体育?2




ドガッ!!
バガッ!!
と、ゴムボールが地面をえぐる。




「はぁ、はぁ、クッソ………」


藪笠は地面に膝をつき、何とか凶器ゴムボールを奪い取ることができた。


そして、一方で、


「えー、解説の花さん」
「はいはい!なんですか、浜崎さん?」
「今の状況はいかがだと思いますか?」
「そうですねー、ぶっちゃけ藪笠君の体力しだいですね」


実況解説をしてい、


「って何してんだコラァァァ!!」
「え?」


目を丸くさせる浜崎と島秋。


「え?っじゃねえ!!頼むからあのバカ止めろ!!」
「無理」
「無理だよ」
「………お前らな………」


わなわなと拳を震わせる藪笠。
コイツらの脳天に鉄拳をくらわしてやろか、とまでも思ったが。


しかし、今はそれどころではない。


「……鍵谷」
「何よ」


むっ、と睨みつける鍵谷。
そんな鍵谷に藪笠は、










「この試合、何か賭けしないか?」












賭けを要求した。
理由は簡単だ。


早く終わらせて機嫌を取らす。


「俺が勝ったら今日から1ヶ月、ちょっかいかけてくるなよ」


のってこいよ、と鍵谷を見る藪笠。


一方、藪笠の言葉に顔色を曇らせる鍵谷は、


「…………じゃあ」




顔を伏せ、












「じゃあ、私が勝ったら今度の休み、付き合ってよ」


直後。


周りから殺気が吹き荒れた。




「…………」
「藪笠、早く」


いや、周りから殺気が、と後ずさりそうになる藪笠。
しかし、そんなこと気にしていても仕方がない。


「わかったよ」








藪笠はゴムボールを固くに掴み、




「ぉおおりゃぁぁぁあ!!」


鍵谷目掛けてゴムボールが発射された。


しかし、


ガシッ、と鍵谷はゴムボールを体で包み込むようにキャッチし、


瞬時に。


「もらったぁぁあ!!」


藪笠に向かってゴムボールが発射された。


反応が遅い。




とった!!と思った。
直後。




「え!?」




藪笠はニヤッと笑うと、片手でゴムボールを掴みとり、片足を軸に体を回転させ。
刹那に、














「むぎゃ!?」
















藪笠からのボールは鍵谷の顔面に直撃した。
















照準がずれた。
まさか、肩を狙うつもりが顔面にあたるとは……。


直撃冷や汗をかく藪笠。






そして、一方で










「うにゃぁぁぁ………」










目を回し、そのままダウンした鍵谷。




「……………あー」


藪笠はゆっくりと後ろに振り返り、




「これって……俺の勝ち?」


















その数秒後。
六十発のゴムボールが藪笠に降り注がれた。



















「季節高校生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く