剣神勇者は女の子と魔王を倒します

鏡田りりか

第69話  魔王戦 その3

「シミオン! どうなんだ!」
「・・・。ああもうっ!」
「?」
「だったらいいよ、僕、本気になるよ?」
「ま、マズイ、ユリエル、気を付けて!」


 フェリシアさんは慌てた様な声を出す。なんだろう、とシミオンを見ると・・・。
 魔力を全て解放し、もはや、人とは思えない姿になっていた。
 頭からは羊の様な角が生えている。背中からは黒く大きな羽。蛇の様な尻尾もある。
 目はギラギラと光り、口からは牙が見えている。これが、シミオン・・・? あり得ない。


「あ、ああ・・・。やっちゃった」
 シャロンちゃんが目を大きく開いて呟く。
「これは・・・。ユリエル、本気で行かないとシミオンは倒せないわよ」
 フェリシアさんが小さく歯ぎしりするのが聞こえた。


 まあ・・・。これくらいは想定内。俺は鮮紅を構える。
 みんなもそれを見てまねをする。大丈夫、此処まで来れたんだから。


「いいか、殺さないでくれよ?」
「分かってるわよ、大丈夫」
「じゃ、行くぞッ!」


 俺はいつものように剣を構え、シミオンに向かう。
 シミオンの持っているのは、いつの間にか、槍から剣に姿を変えた暗紫。
 ためしにバインド。え、嘘だろ、こんなに力が強いなんて・・・。少し後ろに下がる。


 ふとシミオンの方を見ると、後ろから攻撃しようとしていたエドが、シミオンの尻尾に襲われている。蛇みたいだ、と思ったが、本当に蛇だった。尻尾に意思があるらしい。
 そんな事をしていると、シミオンは翼で宙に浮いた。もう、攻撃が届かない。仕方なくみんなのもとへ戻る。


 結構強そうだ。普通にかかっても勝機はない。なら、工夫して勝てばいい。今のシミオンは、どうやら普通ではないらしい。幼稚なフェイントにもかかるんじゃないだろうか、ってくらい、おかしい。
 という事で、ディオネの作ってくれた通信網を使い、みんなと連絡を取り合う。


 この状態になったのは、多分、魔力を解放したせいだ。シミオンの中には魔王の才能が眠っていた。それが目覚めた姿がこれなのだろう。つまり、もう一度封印できれば元に戻るはず。
 前に、嫁たちが言っていた封印の魔法。それを、禁断の、『稲荷いなり宇迦之御魂うかのみたま舞』に乗せれば、多分。封印、出来るという事になった。


 とにかく魔力を使うらしいその封印の術は、これ以上減ると厳しいらしい。だから、此処は封印に専念させ、シミオンは他のメンバーで引きつける。
 メリー、エディ、リリィで封印の魔法。ティナとテルシュさんで舞を行う。
 残り、俺とリーサ、エド、ルナ。それからアリスにシリル、ディオネの友達と、シャロンちゃんにフェリシアさんが、封印の魔法の準備が整うまで、シミオンを相手にする。


夫神それかみ唯一ゆいいつにして。御形みかたなし。きょにして。れいあり


 ティナとテルシュさんの、息のあった祝詞が聞こえてくる。流石は姉妹。
 それを聞きながら。俺たちは武器を持ってシミオンに向かっていく。


 まず、リーサとエドが。二人掛かりでも、シミオンの剣は抑えられない。が。其処に、アリスが吹雪スノーストームを放つ。意識がそれ、二人は攻撃を入れることに成功する。
 その後、グリフィンとセドリックが行く。グリフィンは、シミオンの払った手によって吹き飛ばされる。その隙に、セドリックがハンマーでシミオンを殴る。けれど、大したダメージに放っていない。


天狐てんこ地狐ちこ空狐くうこ赤狐しゃくこ白狐びゃっこ
 稲荷いなり八霊はちれい五狐ごこしんの。ひかりたまなれば。
 だれしんずべし。心願しんがんを。もって。空界くうかい蓮來れんらい


 シリルとアリスが、タイミングを合わせて氷魔法を放つ。それに合わせてシャロンちゃんとフェリシアさんが掛かる。
 フェリシアさんの剣は、大したダメージにならない。けれど、シャロンちゃんの斧は。左肩を切断。
 でも、すぐに生えてきた。やっぱり、人ではなくなっている。


七曜しちよう九星きゅうせい二十八宿にじゅうはっしゅく當目とめほし有程あるほどほし
 わたくししたしむ。いえ守護しゅごし。年月ねんげつ日時じつじわざわいく。
 まもりまもりおおいなるかなけんなるかな


 あと少し。鮮紅が赤く輝く。大きく振りかぶると、剣の先に、魔力が集まる。
 思い切り振り降ろす。と、同時に魔力が放たれ、シミオンに赤い魔力が襲い掛かる!


稲荷秘文いなりひもんつつしもうす。
 稲荷いなり宇迦之御魂うかのみたま舞!』
『封印の魔法・改!』


 三匹の大きな白狐に跨るのは、修道女の格好をした人。狐の仮面に隠れ、顔は見えない。
 彼女(?)たちが杖を取り出すと、狐たちはシミオンを取り囲む。それと同時に、シミオンは魔力に襲われ、膝を着く。彼女たちは、杖をシミオンに向けた。


「な・・・?!」


 杖に紫色の魔力が吸い込まれていく。シミオンの中から出たものだ。
 その時、仮面が外れ、その顔が露わになる。メリー、エディ、リリィに良く似ていた。けれど、少し違う。もっと、神々しい感じがするのはなんでだろう。
 わかった。両目が金色に光っているから。魔力の吸収が終わると、瞳の色は戻り、狐も、修道女たちも消え去った。


 とさ、と音を立ててシミオンはその場に倒れる。角も、羽も、尻尾も。全て元に戻っている。
 俺たちが恐る恐る駆け寄ると、シミオンは片目を開ける。俺たちを見て、軽く笑った。


「ああ、勝てない。一対一だったら、勝機、あったんだけどね」
「本当に、負けを認めろ。こうやって仲間がいるのも、俺の力だ」
「知ってるよ。この期に及んで言い訳なんてしたくもない」


 シミオンは寝転がったまま呟く。
「そうだよ。知ってる。君の仲間は本当に強いよ」
「?」
「特にメリッサちゃんなんて、能力付与使えるでしょ?」
「え?」
「あれ、知らないの?」


 能力付与? 他の人に能力を与えられるのか・・・?
 ん、でも、確かに、メリーと会ってから召喚魔法が使える様になったんだっけ・・・。


「多分、自覚はないんだね。不安定みたいだし。何か言われた事とかない?」
「お母さんが、あなたは凄い魔法の才能があるけれど、誰にも言っちゃだめ、って。凄く魔法の才能がある、って意味だと思ってたんだけど、『凄い魔法』の才能があるってことだったんだ・・・」


 メリーはそう言って自分の掌を見つめる。そのままキュッと握って、視線を戻す。
 と、シミオンに向かって微笑む。
「他の人は?」
「そうだね・・・。知ってる通りだと思うよ」
「そっか」


 となると、俺の身の回りには結構変わった人が多かったのか。
 能力付与の魔法使いだったり、ホムンクルス作りの天才だったり、未来から来た人だったり。後方支援の得意な白魔族に、舞の天才白狐の二人。雪女まで居るし。


「ああ、やっぱり、魔王って良い事ないや。でも、だから、シャロンには、なって貰いたくなかったんだけど」
「・・・え?」
「僕が必死にシャロンに負けない様にしてた理由だよ」
「そ、そんな・・・」


 シャロンちゃんは大きく目を開くと、シミオンに駆け寄って泣き出した。
 シミオンは体を起こし、シャロンちゃんの頭を撫でる。


「あと・・・。僕、エディナちゃんには、やっぱり、勝てないんだね」
「ん? どういう事よ」
「アルファズールでさ。僕、本当は魔法で入ろうと思ってたんだよ。でも、エディナちゃんの方が強かったから・・・。ちなみに、勉強の方も、僕、エディナちゃんには勝てたこと、ないらしい」
「え? ああ、そうね。勉強の方より、魔法の方が地位がいくらか高いから、私、魔法の方になったらしいわね」
「そう・・・。どれにしても。僕、エディナちゃんには勝てなかった」


 それは初めて聞いた。確かに、エディは相当頭が良い。まあ、教えるとなると鬼だけど。
 一人が両方に入る事は出来ないから。だから、シミオンが入ったのか。


「あと、リリィちゃん。君ほど良い悪魔、僕には召喚出来なかった」
「それは、ユーリ様を褒めて貰いたいなぁ」
「いいや。リリィちゃんも、ユリエルくんを大切に思って、鍛えてきたんでしょ? そうじゃないと、其処までは達しない」
「そうかな。ルシファーとか、強かったよ」
「いや・・・。あれは、僕が魔法で強くしたから」
「そっ、か・・・」


 シミオンはその場に立ちあがって言った。
「ユリエルくん・・・。今度こそ、負けを認めるよ」
「わかった。じゃあ、仲直りな」
「・・・え?」


 シミオンは驚いたように俺を見た。
「ん、なんか変だったか?」
「だ、だって・・・。ユリエルくんって、僕を殺そうと思ってたんじゃ・・・」
「倒そうと思ったけど、殺そうとは、なぁ」


 シミオンは俯くと、目に涙を溜めて俺を見た。
「ごめんね・・・。ユリエルくん、とっても素敵な人だね。もう、こんなことはしないよ」


 魔王討伐は、こうして幕を閉じた。

「剣神勇者は女の子と魔王を倒します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く