剣神勇者は女の子と魔王を倒します

鏡田りりか

第64話  七つの大罪

 次の扉の前に行く。今度は、『Avaritia』と書かれている。隣には、狐と針鼠。
 やっぱり、紫色のライトがある。触れる前に、扉は開いた。部屋はさっきと同じだ。


「我は『強欲』の悪魔、マモンだ」


 頭には狐の耳が生えている。やっぱり顔は白い仮面に隠れている。紫色のスーツも同じだ。
 こいつも美形だろうか・・・。雰囲気は似ているな。
 ああもう・・・。怖いじゃないか。また・・・。同じ事に、なるんじゃないかって・・・。




 銀髪に紫の目、真っ白の肌。こいつも相当綺麗だ。
 でも、ベルゼブブと違うのは、なんだろう、やっぱり劣るし、なんか弱かった。
 ベルゼブブの時みたいに、とどめさすのに泣きそうになる、なんてのはなかったな。


 次の扉は『Invidia』と書かれていた。動物は蛇と犬だ。
 扉を開けて(まあ、勝手に開くのだが)、少し驚いた。雰囲気が変わったのだ。
 全体的に緑になった。床は濃い緑と薄い緑のチェック。やっぱり緑色の煙が立ち込めている。なんか、遺跡にある様な瓦礫があるな。鎖はなくなった。


 其処に居たのは、右が白、左が黒の仮面を被った人だった。名前はレヴィアタン。
 彼もやっぱり綺麗。それと、ベルゼブブには劣るけれど、結構強かった。


 次は『Luxuris』。動物は蠍と山羊だ。
 やっぱり、さっきと同じ雰囲気。仮面の色が、レヴィアタンとは左右逆だった。
 名前はアスモデウスというらしい。羊の角と牛の耳があり、蛇の尻尾が生えていた。


 彼は・・・。滅茶苦茶強い。ベルゼブブには劣るだろう。けれど、俺も結構消耗している。正直、結構疲れている。その状態での戦い。やばそうだ。
 その時。攻撃を避けようとしたが間に合わず、俺の目の前を鮮血が舞う。肩をやられた。


「あっ・・・!」
「これでお前は魔王に近づけない」


 ギュッと目を瞑った時。
「ユーリ!」
「え・・・。エ、ディ・・・?」


 レヴィアタンは目の前を転がっていった。視線を動かす。エディが、腕を水平に上げて睨んでいた。
 ああ、みんな居るのか。メリーも、リリィも、ティナも、リーサも、エドも、ルナも、エリーも。
 メリーが俺を治癒して、リリィが立たせてくれた。


「よかった、無事で」
 メリーが優しく微笑む。細まった紫色の瞳が俺をしっかりと見ている。
 もう、いっつもいっつも、なんてタイミングで来るんだよ・・・。ああ、どうしよう・・・。泣きそう。


「え、ど、どうしたの?」
「な、何でもないから」
「リリィさん・・・。此処は私たちで」
「そうそう、行くよッ!」
「! うん!」


 リリィが右手を俺の方に向ける。と、丈夫なバリアが出現する。そのまま、全員を視界の中に収める。
 瞳が光ると同時に。俺の家族全員が青く光る。補助魔法。
 続いて、メリー、エディ、ルナ、エリーがティナを囲む。ティナは何か祝詞を唱え始める。
 四人の魔力がティナに集まり。太陽のごとく光り輝く。
 ティナが詠唱中。エドとリーサが武器を構えて時間稼ぎを行う。アスモデウスは、ティナを邪魔したそうだが、上手くいかなくてイライラしているようだ。


「「稲荷いなり悪払之術あくばらいのじゅつ十種とくさの大祓おおはらい!」


 目を開けられないほどの光。俺がうっすらと目を開けると、アスモデウスはボロボロと崩れ落ちていくところだった。
 光が消えた時。アスモデウスは消え去っていた。誰も居なかったかのように。何もなかった。


「・・・ふぅ。上手くいったようで良かったです」
「大丈夫、ユーリ?」
「ああ・・・。やっぱダメ」


 ああ、なんで一人で来ようなんて、馬鹿なこと思ったんだろうな。みんなと一緒だと、此処まで安心するものなのか。涙が、本当に止まらない。
 さっき、もし、来てなかったら。本当に死んでいた。そう思うと、なんでか分からないけど・・・。


「ありがとう、来てくれて」
「本当に慌てたわ。起きたらユーリ、居ないんだもの」
「頑張って探したんだからね~?」


 エディが背伸びをして俺の頭を撫でてくれた。ポケットから綺麗なハンカチを取り出し、目を拭う。
 メリーに言われ、その場に座る。リリィが隣に座ってぎゅっと抱きしめてくれた。


「ユーリさん、飲みますか?」
「ありがとう」


 ティナがペットボトルを渡してくれた。ああ、ちょっと落ち着いた。
 リリィを抱きしめ返して、大きく息を吸う。


「よし! もう大丈夫だ」
「ふふ、よかった」
「みんな、ありがとうな」


 みんなは笑って、いつも通り、見上げる形で俺の顔を見る。俺は、みんなを見下ろすようになる。
 愛している人が近くに居るって、此処までやる気になるんだな。守るべき人が、此処に居るのだ。俺がしっかりしないといけない。
 まあ、みんな、もう、俺が思っている以上に強くて、しっかりしているんだけどな。


「よし、いこっか!」
「ああ! もちろんだ」
「じゃ、進むよ!」


 次の扉は『Acedia』。熊と驢馬が描かれている。
 二人ずつで変わるんだな。部屋の雰囲気がまた変わる。
 タイルは様々な色がある。真ん中に、グレーで円が描かれている。で。青っぽい煙。
 そして。円の真ん中に、彼は立っていた。黒い仮面を被って。


「我は『怠惰』の悪魔、ベルフェゴールだ」


 魔力から考えるにそんなに強くはない。その上、みんなも居る。大丈夫、勝てる。
 ティナはクールタイム的なものに陥っている。暫く妖術が使えない。
 その為、ティナを除いた俺たちで戦う事になる。まあ、問題ないだろう。寧ろ多いくらいだ。


 ガチャ、ガチャ、とバインドによる音。変わった金属なのか、音がいつもと違う気がする。
 あの赤黒い魔力は、リリィが難なく打ち消してくれる。そうして、後ろから大量の魔法。いつも通り。変だけど・・・。凄く落ちつく。


 エドが首を跳ね。ベルフェゴールを倒した。エドは、白い布を取り出し、血を綺麗に拭った。なんだか、とても優雅な動き。
 俺がベルフェゴートの名前を復唱したその途端、エディが俺を見て問う。


「あっ?! これまでの敵、全部答えて頂戴!」
「えっ? ええと、ベルゼブブ、マモン、レヴィアタン、アスモデウス、で、ベルフェゴールだな」
「やっぱり・・・。七つの大罪」


 七つの大罪・・・?
 エディは分かっていない様子の俺に、呆れながら教えてくれた。
 傲慢、強欲、嫉妬、憤怒、暴食、色欲、怠惰。
 これらが罪とされていて、それぞれ、動物と悪魔が決まっている。


 傲慢はルシファー。動物はグリフォンとライオン、孔雀で、『Superdia』と書かれる。
 強欲はマモン。動物は狐と針鼠で、『Avaritia』と書かれる。
 嫉妬はレヴィアタン。動物は蛇と犬で、『Invidia』と書かれる。
 憤怒はサタン。動物はユニコーンとドラゴン、オオカミで、『Ira』と書かれる。
 暴食はベルゼブブ。動物は豚と蝿で、『Gula』と書かれる。
 色欲はアスモデウス。動物は蠍と山羊で、『Luxuria』と書かれる。
 怠惰はベルフェゴール。動物は熊と驢馬で、『Acedia』と書かれる。


 うん、心当たり、あるな。扉の模様だ。魔王はそれになぞらえていたのか。
 それで、その事に気が付いたエディも凄いな。いや、俺が分からないだけで、みんなすぐ分かるものなのか?


 まあともかく。それで行くと、残りはルシファーとサタン。ってことは、きっと、今の魔王はルシファーではないんだな。次に戦うのはルシファーってことか。
 で、最後にサタンと称される、魔王。そうか・・・。もうすぐ、だな。


「多分、これまでの悪魔とは比べ物にならないと思うわ」
「じゃあ、油断しないようにしなくちゃいけないってことか」
「ええ。でも、大丈夫よ。いつも通り、頑張りましょう」


 『Superdia』、それからグリフォンとライオン、孔雀の書かれた扉を開け(まあ、勝手に開くのだが)、中に入ると、やはり。部屋の感じは変わらない。黒い仮面を被った悪魔、というのも、同じ。立ち位置も、一緒だ。


「我は『傲慢』の悪魔、ルシファーだ」


 こいつを倒したら。そうしたら、魔王に会える。ずっと夢見てきた、魔王討伐まで、あと少し。
 俺たちは、誰からともなく頷き、武器を構えてルシファーに向かった。




 両手に構えた剣は赤く染まっている。俺のではない、ルシファーのだ。
 強い。何が強いって、無駄がないのだ。俺たちは距離を取り、危険なので視線を離さず、荒い息を整えようとしていた。


「何だ、もう終わりか?」
「いいや、まだだ!」


 ベルゼブブよりも、美しいと思えるその顔は赤く染まり、もはや、何処からどう見ても悪魔だ。
 桃色の唇の隙間から出された舌は、滴る血をそっと受け止めた。
 此処で勘違いしてはいけないのが・・・。ルシファーは、一滴も血を流していないという事だろう。
 その証拠に、俺たちの武器は、全て綺麗なのだ。綺麗だというのに、全く嬉しくない。当然だな。


 これは・・・。まさか、此処までとは。本当に強い。魔王って、一体どんな力を持っているんだろう。
 俺たちの傷は癒してある。けれど、追い込まれている事に違いはない。大体、傷を塞いだところで。失った血が帰ってくるわけではない。結構やばいかもしれない。
 ほら、あの、入院した、あの時の父さんとの練習がフラッシュバック。


「ユーリ・・・。無茶、しないで」
「メリー、そんなこと言ってる場合じゃない」
「そのくらい分かってるわよ、メリーも。でも、他に掛ける言葉が無いわ」


 眩暈が起こり、戦いに集中できない。けれど、此処で引くわけにはいかない!
 其処で、ある事に気が付いた。ティナ。


「はぁ、はぁ・・・。
 掛巻かけまくも かしこき 稲荷大神いなりのおほかみ大前おほまへ
 かしこかしこみもまをさく
 大神おほかみの あつひろ恩頼みたまのふゆよりて 家門いへかど
 令起賜おこさしめたまひ 令立栄賜たちさかへしめたま
 まもりまもりに 守幸まもりさきはたまへと
 かしこかしこみもまをす」


「この程度の祝詞・・・。我を祓えるとでも?」
「違うんです。まわりの魔力」
「?!」


 そうか。青色の煙が晴れていく。この煙、悪魔が魔法を使う時に利用できる魔力で出来ていたのだ。
 これがなければ。ルシファーは、自分の魔力を使わなくてはいけない。その内、枯渇する。


「愚かだな・・・。我の魔力量は、並大抵ではない!」
「はい。ですから。
           布瑠部ふるべ 由良由良止ゆらゆらと 布瑠部ふるべ


 ティナはそう、三回繰り返して唱えた。
「ひふみ祓い!」
「あ・・・、な・・・」
「魔力を奪わせていただきます」


 その時。行動が一番早かったのはリーサだった。
 驚いているルシファーの後ろに回り込み、首を斬った。血飛沫が飛び散り、ルシファーはその場に崩れ落ちた。


「ティナさん、お見事です」
「リーサちゃんこそ。反応、良かったです」


 美しい顔を、もう一度見たくて。でも、何となく、怖くて。
 そんな事をしていると、みんなは休憩しよう、と言って一カ所に集まっていた。もういいや。


 次。もう、この扉の奥に。魔王は居る。どうしようもなく緊張してきた。
 とりあえずは、この疲れを癒さないと。そうしたら・・・。


 みんなで、だ。魔王を倒しに行こう。

「剣神勇者は女の子と魔王を倒します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く