剣神勇者は女の子と魔王を倒します

鏡田りりか

第50話  VS悪魔にて

「ユリエルくん! 悪魔が攻めてくるよ!」
「な、なんだと?!」
「嘘はついてないからね? 本当だよ?」


 嘘だろ・・・。新年早々嫌な事を聞かせてくれる。俺は溜息を吐きつつ賢音と二人きりになる。
 どうやら、本当に悪魔が攻めて来ているらしい。女王様からの連絡も来た。


「魔王が大量召喚したみたいなんだ。お願い、アルファズールを守って!」
「とは言ってもな・・・」
「え、なんで?!」
「問題があって・・・」
「頼むよ!」
「だーかーらっ! ちょっと黙ってろ、そうじゃないんだ」


 賢音はキョトンとする。お前な、人の話聞こう?
 悪魔が攻めて来ているのは分かった。ただ、問題がある。今、全員帰省中。家には俺とアナしかいない。時間によってはマズイ。
 そりゃあ、ティナ以外は呼べばすぐ来れる距離だ。だが、せっかく帰省しているのに、呼ぶのは少し気が引ける。


「えー・・・。もうすぐ来るよ」
「そういう事はもっと早く言ってくれ! あー、どうすっかな」
「もっと早く? これ以上早口で言えって?」
「お前は馬鹿か! って、ふざけてんだな」


 ふざけてる場合じゃない、今、全く戦力がないんだぞ、どうしろと。
 俺が無理だと言おうと思ったら、賢音が俯いて言う。


「ごめん、ふざけて。そんなこと、してる場合じゃないんだ」
「あ、ああ、・・・。そうだな」
 急にそんな・・・。ああ、もう、調子狂うじゃないか。断れない。
「お願い。ユリエルくん以外には頼めないんだよ」


 とはいっても。さて、どうするか。まあ、少数だったら俺だけでも何とかなるかもしれない。が、大量と言っているし、無理だろう。じゃあ、どうするか。
 まず、戦力をそろえるのが先だ。どうするのが一番早いか・・・。


「と、とにかく、戦力をそろえればいいんだね?!」
「・・・ん? そしたら俺、いらなくないか?」
 だって、メリーたちと同じくらいの戦力だろ? そんなの集められるくらいだったら、俺、いらないだろ?
「えええ?! ダメだよ」
「なんで?」
「だって、そんなに集まるわけないじゃん」


 じゃあ無理だな。悪魔に負けるだろう。賢音、案外馬鹿かもしれない。いや、慌ててるだけだ、そうだそうだ。
 うーん、エレナのホムンクルスをこれ以上殺すなんて俺には出来ない。とはいえ、俺が悪魔を召喚という方法は無理に決まっている。悪魔なら、もうすでに魔王が召喚したんだろ?
 じゃあ、やっぱり呼ぶか? 可哀想なんだけど・・・。


「そうして貰えると嬉しいけど・・・」
「賢音もエレナ居るから、無理に言えないだろ?」
「うん」


 そんな話をしていると、女王様が大量の兵士を連れてやって来た。
「ユ、ユリエル、さん。これ位なら、何とか、集まり、ました」
『我々、剣神殿の命令とあれば、どんな場所にでも行きましょう!』


 ええ・・・。この人たち連れてけって? 勝てるのか? これで?
 いや、別に弱いと言ってるわけじゃないんだ。ただ、メリーたちには劣るというか。
 でもまあ、これしかない! 女王様にお礼を言い、場所を聞き出し、悪魔を迎え撃つ事にした。




 うっわ・・・。出来れば見たくなかったな。向こうから大量の悪魔が飛んでくる。
 俺はしっかりを武器を構えて悪魔を見る。大丈夫、絶対勝つ。


 とは言ったものの、大量の悪魔に、やはり苦戦。しかも、兵士結構弱い! 戦争の時と変わんねぇ! みんなそこらじゅうに倒れてるし!
 ああもう! なんでこんな戦力で来たんだよ。やっぱり呼び出せばよかった。
 こんなの、勝ち目なんかない。そうして、死属性の魔法が俺を襲う。もう無理・・・。


 誰か、助けて!


「ユーリ、大丈夫?!」


 え? 今、声が・・・。そんなわけない。だって、呼んでないし、教えてないはずだ。
 どうして・・・? それに、ああもう、なんで、このタイミングで来るんだよ・・・。泣きそうになっちゃうだろ。


「エ、ディ・・・?」
「メリー、ユーリに回復を! レイン!」
「はい、治癒ヒール! リリィちゃん、攻撃お願い!」
「大丈夫だよ! 落雷サンダーボルト!」


 まわりの悪魔を蹴散らしてエディが俺に手を差し出す。救世主のように見えた。
「大丈夫?」
「あ、ああ。でも、何で?」
「何となく嫌な予感がしたのよ。それで、賢音から無理やり聞きだしたわ」
「ボクたちも同じく」


 エディ、メリー、リリィ・・・。ありがとう。これで、何とかなる。
 零れそうになった涙を拭って。笑顔を作って鮮紅を握り直す。


「いい? 悪魔は魔法が得意、それは回復魔法も例外じゃないわ」
「致命傷を与えないとダメだからね」
「躊躇しちゃダメ。ユーリ様、本気で行って!」
「ああ、任せろ!」


 きっと、慌ててたんだな。三人の顔を見たら、落ち着いて。なんだ、そんなに強くもないじゃないか。こんなの余裕!
 三人の魔法が美しく飛び回る。それを上手く避けつつ、急所を的確に狙う。飛ぶのが得意な悪魔。俺の攻撃が届かない事も多い。が、其処は三人がカバーしてくれる。だから、安心して、自分のやりたいように戦える。


「いい感じよ、ユーリ!」
「そう、そこ! 上手い!」
「いつも通り出来てるね!」


 ったく、褒めたって何も出ないぞ? まあ、さっきまでの事を俺が気にしているんじゃないかと思ったんだろう。生憎! もうそんな事は頭にないのでな。
 頭から真っ二つに。これで最後だな。着地した俺を三人が囲む。


「やった! ユーリ、ちゃんと勝てたわよ」
「来てくれて、助かった。なんか、安心して」
「あれ、泣かなくても良いのに。ふふ・・・」
「ユーリ様はいつまでも子供ですねぇ」


 悪かったな、子供で。でも、やっぱり、俺、みんなの事、好きなんだな。居ないと困る。絶対、隣に居ないといけない存在なんだ。よく分かった。
 すぐに女王様と賢音が駆けつけ、全て倒した事に驚きつつも褒めてくれた。べ、別に、嬉しくなんか・・・。子供じゃあるまいし。




「ユリエルくん! もうちょと強い悪魔が来たよ!」
「ああ?! 昨日の今日でまた戦えと!」
「だって、ユリエルくんしかいないんだもん!」
「大丈夫よ。今日は最初から私たちが居るわ」
「そうだよ!」


 まったく・・・。分かったよ、引き受けてやる。別に、みんなと一緒に戦うのが楽しいとかそういう訳じゃなくて。た、ただ、賢音がやれって言うからやるんだぞ?


 確かに少し強めだ。一人一人を倒すのに手古摺る。倒せないほどじゃないな。寧ろ、経験が積めて良いと思う。ふとみんなの方を見たら、微笑んでくれた。ああ、なんでだろ。嬉しい。


 バインドからの動き。フェイント。その辺が良く学べたな。っていうか、飛びながら剣術って、ずるい! まあ、その相手の戦いも分かったけどさ。
 それと、みんなで褒め合える。これが堪らない。今日なんて、メリーが頭撫でてくれまし・・・。え、子供扱いされてる?




「いや、でも、嬉しいよね。この前もエレナが・・・」
「エレナが?」
「・・・っ! い、いや、その・・・」
「話せよ、自分で言いだしたんじゃないか」
「その、俺がちょっと失敗して落ち込んでたらさ、頭撫でて励ましてくれたよ」
「幸せそうで良かったな」
「だから言いたくなかった!」


 あ、顔真っ赤。なんだろ、賢音、可愛いな。
 そう思っていると、賢音がジト目で呟く。


「さあ、俺がこんなこと言ったんだ、ユリエルくん」
「はぁ?! なんでそうなるんだよ」
「当然でしょ! 俺が言ったのに!」
「く・・・。反論が思いつかないじゃないか。ええと、あー・・・」


 なんて事を言わせてくれるんだ、このやろ・・・。あ、さっきの俺と、おんなじように思ってるのか? そ、そう考えたら、さっきの悪かったかも。謝る気はないけどな!


「賢音? どうかしたの?」
「あ、エレナ。何でもないよ。ちょっと話してただけ」
「そっか、悪魔の討伐に行ったんだっけ。お疲れ様です、ユリエルさん」
「いや、俺だけじゃないよ。メリーとエディ、リリィもだ」
「そうなんですか。まだラブラブなんですねぇ?」
「?! え、エレナ、いつから居たんだ?!」
「結構前から? ね、エディ?」


 全部聞いてたのか、こいつ! ああもう、なんでこんなことになってるんだ?
 って、え? エディ?
 エレナが呼ぶと、向こうからエディが登場。笑いを堪えるのに必死なようだ。


「ふ、ふふ・・・。さっきの表情、堪んないわ!」
「エ、エディ・・・。なんで言ってくれなかったんだよ」
「だって、賢音とユリエルさんが話してるの盗み聞きするのって、とっても楽しそうだなって思ったんですよ」
「いいもの聞かせて貰っちゃったわ」
『・・・』


 ああ、あんなこと言わなきゃよかった。賢音まで笑ってるし・・・。なんで俺だけこんな立場?
 けどまあ、なんか楽しいな。こんに笑われてもそう思えるってことは。


「やっぱ、みんな好きなんだな、俺」
『?! きゅ、急に何?!』


 ああ、口に出してた。でも、こういう表情のみんなを見るのもまたいいな。
「もう、ユーリ! 早く帰るわよ!」
「あ、ああ。じゃあな!」


 エディがそっと囁いた。
「もう。そういうのは、ほ、ほら、もっといいムードで言って頂戴?」


 ・・・。了解した!

「剣神勇者は女の子と魔王を倒します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く