剣神勇者は女の子と魔王を倒します

鏡田りりか

第27話  VSディラン その1

 メリルは背中にトライデントを背負っていた。まさか、パーティに大きなトライデントなど持っていられるわけがない。では、どうしていたのか? ずっと、魔法で見えなくしていた。それが、はっきりと見えている。何故か、などと考えている暇はない。メリルの容姿がメリーのものとなる。


「え?!」
「ほら、やはり女だったろう?」
「い、一体、何のために・・・」
「そのままだとやり辛そうだったからだ」


 次の瞬間、驚いた様子のメリーに剣を構えて突っ込んで行っていた。俺は慌ててメリーのもとへ駆けつける。あ、間に合わないっ!
「だ、大丈夫! 大丈夫だよ、ユーリ」
 メリーは魔法でバリアを作っていた。メリーが少し魔力の量を増やすと、ディランは後ろに跳んだ。今からメリーがやろうとしていたこと――跳ね返すつもりだった――が分かったのだろう。


 ディランのこのショーテル、一体どうすればいいのだろう。剣と剣を組み合わせた(バインドという)としても、あの形なら俺に当たることだろう。確か、ショーテルは盾を持った相手への攻撃用だからな。一体、どうやって防御を取れば?
 メリーはさっき、自分の周りを四面、透明な壁で覆って全方向からの攻撃に備えた。が、俺はそう言う訳にもいかない。
 とりあえずは・・・。切先を捕らえるようにするか。


「ユーリ、大丈夫?」
「あ、ああ。にしても、厄介な武器だな」
「うん。リリィちゃんがいればいいんだけど・・・」
「呼ぶか? とはいっても・・・」


 リリィは大勢の前に出るのを嫌う。あんな性格なんだが、軽く人見知りで、エディと会いたくなかったのも本当にこの理由が強いとか。
 まあともかく、今リリィを呼んだら。終わった時に人に囲まれたリリィはどうするだろう?


「ごめん、そういうつもりで言ったんじゃないよ。ボクは、それだけは止めておいた方がいいと思う」
「ならそうしよう」
 此処は、俺たちだけで何とかしよう。そっと息を吸い、バスタードソードを握りしめた。




 この様子なら倒せることだろう。俺は振り降ろされたショーテルを受け止める。
 魔法を使う為、少し体力を温存したうえで互角。もしディランのこれが本気でないなら話は別だが、魔法を使えば勝てるだろうし、魔法を諦めて剣でいっても勝てるだろう。
 それに、まだメリルはほとんど戦っていない。ティナと一緒に見てる。迂闊に魔法を撃つと俺に当たりかねないからこれで良い。ちゃんと合図を出してくれるなら別だが、それだとディランにも気づかれる。


 ただ・・・。やはり少し、違和感があった。何かやろうとしては止め、イラついたように顔を歪ませる。本気を出さないと決めたのか、あるいは出せないのか。出せないとしたら、一体何故?
 其処で、あるセリフを思い出した。


『これ、動き辛いんだが、ボスの命令だ、仕方ない』


 動き辛いの意味を、間違えていたのではないかと思ったのだ。もし、全力を出せないようにできたものだとしたら。確かに、動き辛いだろう? やろうと思う事を制限されては、イラつくのも当然。本気だったら勝てるのに、と思う事だろう。


「そのスーツ・・・。能力を制限するものか?」
 答えが返ってくるとは思わない。が、何となく、そう呟いていた。
「ああ。ボスの命令でな」
 だから、あっさり答えが帰ってきて驚いた。


「答えても、いいものなのか?」
「おそらく・・・」


 それに続く言葉は聞きとれなかった。いや、何も言わなかったのかもしれない。
 ディランは動きを止めた。それに合わせ、俺も少し離れたところで止まる。


「でも、何故そんなものを?」
「今日は力を見る為だから、だ」
「何?!」


 という事は、まだ戦うつもりだという事か。これで終わりのつもりは更々ない。寧ろ、これは宣戦布告?! 
 ・・・なるほどな、魔王はどうやら変なところに真面目らしい。きちんと段階を踏ませる気なのだろう。もし敵同士でなければ、気が合うのかも、しれない。


 それなら、俺も代用サブスティテュート魔法を使う事にしよう。真面目な魔王の為にな。一通り話し終わった、とばかりにディランはショーテルを握り直していた。なら、此方から攻撃しても文句は言えないだろう。


「ディーナ、良いな? 太陽サン
「了解です、ユリエルさん」
「頼んだぞ。サブスティテュート・サンシャイン」


 光魔法の上級、日光サンシャイン。光のウォームアップマジックの契約を結んだ光の精霊ディーナと共に撃つ魔法は、ルミアに少し劣るが、光属性は黒魔族に効果的だ。
 光属性と闇属性はよく似ている。闇属性というのは、精神を蝕み、ダメージを与える。そして、光属性は心の中の悪の部分を攻撃する。どちらも、直接肉体を傷付けることはない。
 闇属性というのは、純粋な心を持つ人ほど大きなダメージを受ける。逆に、光属性は悪の心を持つ人ほどダメージを受ける。例えば、本当に純粋な白の心を持つ人にダメージを与えることはできない。そんな人は存在しないが。


 さて。誰が一番純粋な心を持っていて、誰が一番悪の心を持っているのだろう。
 個人差があり、一概には言えない。が、基本は純粋な心、といえば白魔族、悪の心、といえば黒魔族だ。どちらの魔族も、意識下の、心のずっと奥に、こういったものが眠っている。其処まで、この二つの魔法は到達するのだ。
 だから、ディランにダメージを与えるなら、光属性に限る。


「っ?! あ・・・?」
「お前が魔法を使う事など、ボスに聞いている。甘いな」
『え?!』


 いつの間にか、手には短剣が握られていた。何とか狙ってたであろう胸は外した。が、視界に赤い飛沫が映る。急だったため、完全に避ける事は出来なかった。右肩に走る激痛。この状態では、剣を振る事はもう出来ない。メリルの魔法も、此処まで俺とディランの距離が近く、メリルからの距離が遠ければ厳しいだろう。ああくそ、少し油断したか。
 振り挙げられた短剣、何でだろう、やけに動作がゆっくりに感じられる。それなのに動けないというこの状況。


「あ、諦めないでっ!」
『?! ティナ!』
「ユリエルさん! 大丈夫ですか?!」


 突如視界に移った真っ白の生き物。白狐だった。それは俺を突き飛ばし、着地する前に人の姿に戻った。さっきまでメリルと一緒に居たはずの少女、ティナだ。
 彼女は俺を抱きしめて、キッとディランを睨んだ。


「・・・。私を殺しても、良いんですか?」
「っ! それは・・・」
「ダメなんですよね。殺さず攫う事が条件ですから。でも、この状況。私を殺さず、ユリエルさんを殺せますか?」


 ディランは軽く困ったような表情をすると、溜息を吐いて、一枚の手紙を此方に向かって投げた。その後、床を蹴ると、窓を突き破って消えて行った。此処、四階だが。一体どうするんだろう。
 ティナは安心したように俺から離れ、目に涙を浮かべた。


「よかった・・・。ユリエルさんが、殺されなくて」
「・・・。ありがとうな。助けてくれて。でも、こんな方法。もしかしたら、殺されてたかもしれないんだぞ?」
「それでも良かったんです。私の為に、ユリエルさんが死んじゃったら・・・。私、もう・・・」


 其処にむっとした様子のメリーが乱入してきた。
「あのね・・・。ユーリはボクやエディちゃん、リリィちゃんのだよ? 知ってるよね、既婚者」
「でも、三人もいらっしゃるのですし・・・」
「いやいや、何故そうなるんだ。大体、ティナは子供じゃないのか?」
「何を仰る! 私はもう大人です。一七歳ですよ?」


 そうなの? じゃあ、四つくらい下か? 十分大人だよな。
 え、俺、ずっと子供だと思ってたんだけど・・・。ほら、着物って体型が分かり辛いし・・・。


「って、こんなことを言っている場合じゃありません! ユリエルさん、肩」
「あ、ああ。メリル」
「うん。ええと、治療トリート。これで平気?」
「ああ、大丈夫だ。ありがとな」


 と、其処で王女様が入ってきた。沢山の兵士を引き連れている。
「無事でしたか。で、その乱入者は?」
「・・・。逃げられました」
「そうですか。まあ、仕方ないです。・・・その手紙は?」
「まだ見てません。乱入者からです」


 俺たちは手紙を開く。シンプルに、日付と場所が書かれていた。日付けは三日後。場所は俺とメリーのよく会っていた森をずっと進むとあると言われている城だ。


「え、この城って、本当に存在するのか?」
「します。今は空き家で、魔物の棲み家になっているはずですが・・・」
「あ、そうなんですか」
「人は滅多に来ないですし、内密に会いたい時など利用できますよ」


 ああそう・・・。ってことは、やはり決着? この様子だとまたやられると思うんだけど。どうするか・・・。
 とりあえず、今日はもう遅いから休む事になった。俺たちの分の部屋が用意されているらしい。


 それで部屋を案内して貰っている途中、ふと王女様が口を開いた。
「ところで・・・。ティナは怪我でもなさったのですか?」
「? どうしてでしょうか」
「着物と髪が少し、赤く染まっていますよ」


 元々赤い着物だが。・・・ああ、確かに赤黒くなっている。間違いなく、さっき抱きしめた時に付いた俺の血だ。
「あ、それ、俺のだと思います」
「御怪我をなされたのですか?」
「もう『メリル』に治して貰ったんで、大丈夫ですよ」
「・・・。ふふ、そう、ですか」
 何か、笑われるような要素でも?




 風呂にも入って、さて寝ようか、というところで扉が開いた。入ってきたのはティナ。
 俺たちは少し驚いてティナを中に入れた。彼女は桃色のネグリジェを着ている。


「あ、あの・・・。今から?」
「・・・。軽く、のつもりだったが・・・」
「え、ティナちゃん、やっぱりユーリに気があるんだ」


 んなこと言われても、俺が判断していいのか? エディやリリィの許可がないと・・・。
 じゃあ、一緒に寝よう、というと、ティナはこくりと頷いた。俺とメリルもお預けってことで。
 ティナか・・・。いや、確かに相当可愛いが。いやほら、もし俺がまだ童貞だったとしたら即決だっただろうが、これ以上増やすわけにはいかないだろ?

「剣神勇者は女の子と魔王を倒します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く