赤い記憶~リーナが魔王を倒して彼の隣を手に入れるまで~

鏡田りりか

第51話  赤い魔術師

 ユリアが、危ない? そんなはず、ない。だって、ユリアは強いんだよ、とっても、とっても……。


「とにかく、向かいましょう」
「っ、うん」


 ネージュを呼んで、その上に乗る。ラザールお兄様も、ミレも、アンジェラさんも、レアの相手と同じくらいの強さの敵と戦ってた。まあ、勝てない事はなさそう。
 で、ユリアは……。あぁ……。そういう、こと、か。


 ユリアの相手は、真っ赤な髪をしている。


 でも、なんで? どう見ても相手は人間族ニヒツだ。こん真っ赤な髪をしてるのは人間族ニヒツしかあり得ない。それに、ブレスレットの気配と白い服装。おかしい。味方の格好した敵とか、一体どういう事?
 赤い髪の女の子。ニタッと笑った顔は、人のそれとは思えない。手の中の斧は真っ赤に染まっている。


「ユリア!」
「リーナ……?」
「あはぁ、援護が来たねぇ? あははぁ、お友達も巻き込んじゃうよ、良いのかな、良いのかなぁ?!」


 え…………? これ、どうなってるの? この人、狂ってる。
 この人は、間違いなく人間族ニヒツだけど……。操られてるってわけじゃないな。なんだ?


「多分……。『薬』でしょうね」
(え……)
「もう、どうする事も出来ないでしょうから、本気で殺しちゃって下さい」


 レアが囁く。でも……。そんな……。


「ユリア」
「ご、ごめんね、悪いけど、助けて……」
「わかった」
「あはぁ、玩具おもちゃが増えたぁ。あははははぁ、良いねぇ、一緒にあそぼ?」


 ……。手加減、しないから。


「アル」
「はい」


 アル、アルシエルを召喚。召喚時、愛称で呼んだ時は人型で来るように、という合図だ。
 出来ればもう一人くらい呼びたいけど、魔力的には一人じゃないと厳しいか。じゃ、これでいこう。


「ええと、なんで私なのですか?」
(一番使いやすいから。ほら、他の人巻き込む様な魔法使わないから)
「そうですね。わかりました」


 ちょっとだけ地面を蹴ると、そのままふわりと宙に浮く。大きな羽をゆっくりと動かす。ヒールの高いパンプスがポトリと落ちた。
 その音を合図に、アルは右手を左に持っていくと、掌を正面に向けたまま素早く右まで持っていく。掌から、光の球が沢山現れ、狂った少女に向かっていく。
 少女はニタッと笑ったまま、全ての球を持っていた小さなステッキで弾いていく。


「……。なるほど、ただ狂ってるだけじゃないんですね」
「あはぁ、もう終わりぃ? まだまだだよぉ!」


 ユリアが私の隣に来る。酷く怪我してるし、息も凄く乱れてる。大丈夫、かな。これじゃ、そう長くは持たない。早くしないと。
 私の焦りを感じ取ったアルは、私に向かって「落ち着いて」という。一回深呼吸。大丈夫、大丈夫。
 アルは黙って魔力を準備。自分の周りに沢山の球を作る。一つずつ少女に向かって飛ばしていく。当たらない。


「魔法は止めます」


 そう言うと、何処からともなく槍を取り出す。でも……。あぁ、駄目だ。勝てそうな感じがしない。
 隣に座るユリアがキュッと目を瞑る。もう、座る足元は真っ赤になってる。顔が青い。アルもユリアも不安だ……。


「っ! ご主人様ぁっ!」


 気付いた時には、もう遅い。
 右の横腹に走る激痛。左側に大きく飛ばされる。視界の端に、血の色が映る。
 ポケットから本が零れ落ち、手の届かない所に転がる。まずい。何とか顔を上げてみると、アルは消えかかっていた。


「リーナッ!」
「ユリア様、お願い、本をッ! 私を戻して!」
「あ、うん!」


 ユリアは私のもとまで来ると、本を広げる。白いページを開けば、何処でも入れる事なら出来る。今は仕方ない。
 霞む視界。ちょっとだけ顔を動かしてユリアを見る。怪我して、ボロボロなのに、しっかりと前を見て立っている。さっきまでとは、全然違う。


「あんた……。よくもリーナにこんな怪我を……っ!」
「? 無防備な奴攻撃して何が悪い」
「死ね」


 怒りでか、ほぼ零に近かったユリアの魔力は、いつもの二倍近くまで膨れ上がっている。魔力に包まれたユリアは、赤く光っている。
 無理して欲しくなんか、ない。だけど、どうしようもないから。今だけは、頼らせて。お願い、助けて。


「必殺業火」


 その魔法は、ユリアの使うどの魔法よりも強力だった。
 魔力の波動で地面が揺れる。噴き上がる様に炎が出現。空が赤く燃え上がる。


「死ね、リーナを傷付ける奴は、許さない」


 くるりと振り返る。微かに見えた。ユリアの瞳は真っ赤だった。
 私を見たユリアの顔は、いつも通り優しかった。手を伸ばそうとしたけれど……。


「リ、リーナ……?」
「ユ、リ、ア……」


「リーナああっ!」






 目を開けると、ユリアに飛びかかられた。痛い、痛い。


「リーナ、よかった、よかった!」
「ま、待って、ユ、リア、痛……」
「あっ、ごめん……。っていうか、ペンダントしてないのに……」
「これくらいの距離なら、飛ばせるから」


 腰にそっと手を当ててみると、包帯でぐるぐるに巻かれていた。まだ痛みが残ってるってことは、結構深い傷だったのかな。治癒魔法で治し切れなかったんだよね?
 と、ある事に気が付いて私はポケットに手を入れる。本……。あった。入れてくれたんだ。アルは……。大丈夫。良かった。


「にしても、ほんとびっくりしたよ。ユリアが『リーナが死んじゃった!』って言うから」
「……。勝手に殺さないで」
「だ、だって、本当にパニックになっちゃって……」


 まあ、その御蔭でユリアは無事覚醒したみたいだけど。……そろそろ、言っても良いかな。
 あんまり派手な怪我する事ないから、この感覚は久しぶり。や、頻繁にあったら困るんだけど。
 そっと床に足を置いて立ち上がる。大丈夫そう。ユリア滅茶苦茶過保護。そんなに心配しないでも大丈夫だよ。
 此処……。ホテルの部屋か。運んでくれたんだ。みんなは部屋に戻ると言って出てった。ユリアと二人きり。


「あ、あの……。ごめんね。私が助けて、なんて言うから」
「う、ううん、いいの。私の不注意だから。気にしないで」
「でも……」


 多分、これは仕組まれたものだ。私達には、どうしようも出来ない様な。もう、いいや。ユリアには、先に教えてあげる。
 私はベッドに座って、隣に座るよう言う。首を傾げながらも従ってくれた。


「あのね……。みんなにも、言うよ。だけど、先に教えてあげる」
「え?」
「私達のこと……。ちゃんと聞いてね」






 気が付けば、もう三時間以上経っていた。緊張したからか、喉乾いた。久しぶりに速記で話した。話長いって言ったら、ユリアがこのほうが良いでしょ、って。
 ユリアは放心状態だった。まさか、こんなこと言うなんて思ってなかったんだろう。口をパクパクと動かしているけれど、声は出てこない。
 取り敢えず立ち上がってお茶を入れる。飲み物が欲しい。きっと、ユリアも一緒だと思う。


「あ、ありがと……」
「ごめんね、唐突に」
「う、ううん……。いや、でも、びっくりしたのは間違いない」
「だよね。うん、やっぱ唐突だったか……」


 私が俯くと、ユリアは慌てて色々な言葉を並べる。さっきは黙ってたのに、今度はぺらぺらと。こういうとこ、嫌いじゃない。
 紙をくしゃくしゃと丸める。みんなに話す時は、文字じゃなくて、言葉が良い。


「で、でも、それ、本当だよね? どうして、そんなこと……」
「それも含めて、もう一度、話すから。ね?」
「……わかった。良いよ、待つ」
「ごめんね……。今日、みんなに話すから」
「うん」


 と、此処で、自分の体が震えている事に気が付いた。それに気が付くと、今度は目から涙が零れる。そっか……。
 私、怖かったんだ。信じて貰えるか、分からなくて。なんて言われるか、分からなくて。


「ああ、泣かないで……。うん、みんなも信じてくれるから。そんなに緊張しないでね」
「うん」


 と、夕食の時間らしい。あ、そう言えば、私、昼食食べ損ねちゃったんだ。お腹空いた。


「よし、じゃ、いこっか」
「うん!」






 夕食のあと、私達の部屋に集まる様に言った。其処で、話す。
 だから、夕食の味、よく覚えてない。やっぱり、緊張しちゃって。ユリアに笑われちゃった。


「で、急に一体どうしたの?」
「あ、えっと……。ずっと、タイミング、覗ってたんです、私。でも、なくて」
「?」
「それで……。今、丁度良いって思って。驚く事だと思うけど、本当の事だから……。聞いて、ください」


 目を閉じる。息を吐いて。大丈夫、怖くない。
 みんなは私の友達だから。大丈夫なの。怖い事はない。見られても、大丈夫……。
 目を開く。怖くなかった。ユリアが隣で手を握ってくれてるから。みんなが、優しい目で待ってくれてるから。大丈夫。


「じゃあ、聞いて下さい」


 本当の、ことを。

「赤い記憶~リーナが魔王を倒して彼の隣を手に入れるまで~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く