赤い記憶~リーナが魔王を倒して彼の隣を手に入れるまで~

鏡田りりか

第13話  ユリアとリリィ

「ああ、ユリアと友達になったんだ。道理で仲良さそうだったわけだ」


 土曜日。休日だ。アフタヌーンティーの準備を待ちながら、ラザールお兄様と話す。
 と言っても、私は筆談なんだけど。
 ペンダントがあると言っても、魔力の消費量が尋常じゃない。出来るだけミアとティアを召喚してあげたいの。だから、魔力は節約しようと思って。


<ユリア、とってもいい子です>
「そう、なんだ?」
<一緒に居て、楽しいです>
「そっか、なら良かった。でも、よく許してあげたね?」


 それは……。
 ユリアは優しい子だって、分かってたから。
 あの時だって、私に、傷一つ付けなかった。捕まえておきたいなら、動けない様にしたってよかった。でも、縛りもしないし、怪我もさせない。出来るだけ優しく扱ってくれた、んだよね?


 あと、私と友達になりたいって言ってきたのは、ユリアの方だった。
 好きな人と友達になるのは、多分、辛い事。だって、一緒に居るんだよ? なのに、何もできない。そんな辛い事、ないもん。
 例えば、一緒に居たら、もしかしたら、っていうのを期待してるのかもしれないけど、それでも。辛いのは、分かってるもん。それなのに、わざと、一緒に居る道を選んだ。


 そういう、結構真面目なところ、好き。
 あぁ、友達として、だけど。
 私が本当に好きなのは……。


 最後に、これは個人的な事なんだけどね。
 友達作るのは、難しいの。私、人と喋るの、苦手だから。
 でも、一人でいるのは嫌。孤立してるのって、怖い。
 そういう時、友達になろう、っていわれたら……。ね。


「まあいいけど。で、明日は冒険行くけど、良い?」
<はい>
「分かった。じゃあ、いつも通り」


 その時、侍女メイド達の準備が終わった。頭を下げて戻っていく。それに気付いた私は、ミアとティアを召喚する。アフタヌーンティーは、一緒に楽しむって決めてるから。
 ラザールお兄様は軽く侍女メイド達に労いの言葉を掛けると、紅茶を一口啜る。


「……、ん?」
「どうか、されました?」
「これ……」


 私は一口紅茶を啜る。あぁ、なるほど、ハーブの味がする。ハーブティーと紅茶を混ぜてるんだろう。爽やかで美味しい。
 私にとっては美味しくとも、ラザールお兄様は甘いもの好きだから、ちょっと口に合わないのかも。ミントベースでちょっとひんやり。目が覚める味。
 お菓子も食べてみると、あ、全部ハーブ入ってるね。ラザールお兄様の機嫌がどんどん悪くなっていく。


「ルエラ、居る?」
「あっ、はいぃ?」


 ラザールお兄様の声に、何処からかルエラが現れる。


「これ、嫌がらせ?」
「えぇ? はいぃ、当然ですよぉ」
「え?!」


 ラザールお兄様が驚いたような表情をすると、ルエラは小さく笑った。


侍女長アンジェラ様がぁ、リーナ様を守れなかった罰って言ってましたけどぉ」
「くっ……。アンジェラめ……」
「リーナ様はどうです?」
「美味しい」
「良かったです」


 これから先、ラザールお兄様への罰はこれになりそう……。










「おはよう、リーナちゃん!」
「あっ、ミレさん、おはようございます」
「ミレで良いよ~。声可愛いね」
「あ、ありがとう、ございます」


 ミレさ……、ミレとは、学校が始まってから初めて会ったんだった。でも、頭撫でるのはどうかなぁ。黒いワンピースのアンジェラさん、久しぶりに見たし。メイド服も良いけど、こっちも良い。


「じゃあ行こうか。シュメーグにする? ゴブリンにする?」
「両方!」
「そうですね。それが良いと思います。ずっとシュメーグやってても飽きますし、ゴブリン狩りは何気に疲れますし」


 シュメーグは、大きな蝶の魔物。鱗紛を魔服の戦力に使うから、その為に狩りを行う。採取した鱗紛をギルドに持って行って、重さによって報酬が貰える。
 だから、出来るだけ羽を崩さないで倒さないといけない。
 でも、なかなか難しい。戦闘能力は皆無だけど、危険回避能力が高い。すぐに逃げてしまう。
 と言う事で、長い間やってると結構飽きる。


 ゴブリン狩りは、私の膝の高さくらいの人型の魔物『ゴブリン』を倒す。
 と言うのも、とっても弱いゴブリンだけど、増えすぎると群れになって農村を襲ってくる事があるとか。
 だから、ゴブリンを退治して報酬が貰える。
 ギルドカードは魔法のカード。倒した魔物が記録されるらしい。その、倒した数で報酬が決まる。
 まあ、弱いから安いんだけど。その分倒さなきゃね。






 赤、青、緑、紫。小瓶の中に、キラキラとした鱗紛が溜まっていく。
 光を浴び、輝きながら飛んでいるシュメーグも、鱗紛のなくなった羽は透明で、なんとも地味な物になってしまう。
 でも、魔物の死には、馴れてきた。そんなシュメーグを見ても大丈夫。


「あ~っ、飽きた~!」


 つまんなそうにミレが叫ぶ。アンジェラさんが苦笑いしながら言う。


「そうですね……。では、ゴブリン狩りに行きましょうか」
「うん!」
「じゃ、向こうに着いたら解散しても良い?」
「別行動の方が、倒しやすいですし」
「あんまり危なくないしね。良いんじゃん」


 と言う事で、ゴブリンが多く生息する森まで行き、其処で解散した。
 私は短剣を握り、森の中を歩く。一人じゃ倒せないくらい大きなゴブリンの群れと遭遇したら、ネージュでも呼べば大丈夫。小さな群れだったら、一人でも倒せる。


 黙々とゴブリンを倒し、ちょっと奥まで来すぎちゃったみたい。
 ……。此処、何処?


(うわああっ! 迷子とか、信じらんない! あ、でも、こっちの方から来たし、こっちに進めば……)


 と、その時、人の気配を感じ、私は魔力を準備する。
 何故なら、その人から、殺気が放たれているから。
 盗賊か、凶族か。どちらにせよ、ネージュにとって、大抵の人間はおもちゃにすぎない。普通の凶族なんかであれば、簡単に返り討ちに出来る。心配はいらない。
 ただ、手誰だった場合。ちょっと危ないから、ネージュに乗って逃げるのが一番良いかな。
 そんな風に、頭に策を思い描きながら、私はその人たちを待った。
 現れたのは、私と同い年くらいの少女五、六人。うん、あんまり強くないね。
 ふぅ、と息を吐いて。私は魔力を動かし始める。


「おい、あんた! 命が惜しければ……」
「ネージュッ!」


 光を離しつつ、大きな虎が現れる。少女達は青い顔で後退り。
 ネージュみたいな大きな魔物は、この辺りじゃ見ない。こんなところを拠点にしてる凶族は、きっと、こんな大きな魔物を見た事ないでしょ?
 少女の内の一人が、懐からベルを取り出して鳴らす。少し変わった音が鳴る。仲間が、来るかもしれない。


「あ、あんた、一体何者だい?」
「別に……。ただの、召喚魔術師サマナー
「ちょ、どうしたの?! 音鳴らして……」


 向こうから現れたのは……。え?!
 信じられなくて、一瞬、目を疑った。でも、間違いない。
 ああ、そっか。そういう事なんだね。


「リ、リーナ?!」
「ユリア……」


 これ、ユリアの凶族、『リリィ』だ。






「ごめんね、ごめんね! あんた達、リーナに謝って」
「すみません、ユリア様の友達とは知らず……」
「えっ、良いよ、そんな。私もみんなに怪我をさせる所だったし」
「で、でも、それは正当防衛でしょ? こっちから襲ったんだもん……」


 ユリアはしゅんとして言葉を並べる。そんなことしなくても、私、怒ってないんだけどな。
 ちょっとびっくりしたけど、こんなのはよくある話だし、別に、殺されかけたら流石に嫌だけど、そうじゃなければまあ、問題はない。


「二人で話したい。みんなは持ち場に戻って」
「はい」


 少女達は走って戻っていく。その姿は、あまり裕福そうには見えない。やっぱり、ユリアって……。


「あの子たち、孤児なんだよね」
「……うん」
「行く宛がなくて、困ってる子を、纏めて、編成して、ああやって、物取りさせてる。元々、一人でやろうとしてたんだよ。それは流石に、無謀だなって」
「うん」
「戦利品は、みんなで分け合わせる。そうやって、何とか生活させてる。でも、本当は悪いんだよね。分かってるよ。でも、あの子たちは、ああでもしないと、生きてけないんだよ……」


 分かってるよ、ユリアが優しい子だって。そんなに悲しそうな顔をしないで。
 この国には、決まりがないから。誰かが取り締まっている訳でもないから、こうやって生活している人は多い。人殺しも、相手が貴族だったら別だけど、そうでもなければ何かあるわけでもない。
 こんな世の中だから、仕方ないよ。だから、ねえ。泣かないで。泣いてる顔は、見たくないよ。折角一緒に居るんだもん、笑ってよ。
 でも……。一人だったら、こんな風に、他人の事を思う事も、出来ない。こんなの、久しぶりなのかも……。


「あのグループ、新しい子が入ったばかりで、なかなか上手く出来ないの。自信、なくさないと良いんだけど……」
「え! じゃあ、私……」
「あっ、リーナは悪くないよ! 何にも知らないんだもん、ね?」
「う、うん」
「仕方ないよ、こんな世界じゃ。あの子たちも、いつまで生きられるか、分かんないし」


 それはそう。ああいう事をしていて、うっかり、ラザールお兄様くらい強い人に仕掛けちゃったら、皆殺しにされるかもしれない。だからこそ、出来るだけ長く、生きさせてあげたいんだろう。
 よく分かるよ。だから、ユリア。私は、ユリアが悪いなんて、思わない。






「リーナちゃん!」
「ラザールお兄様」
「と、あれ? ユリア?」
「っ! 私、帰……」
「待って!」


 走りだそうとしたユリアを、ラザールお兄様が呼びとめる。足を止め、振り返る。
 ラザールお兄様は、怒ってるわけじゃなさそう。一体、どうしたの?


「さっき、『リリィ』にあった」
「え……」
「全部、吐かせちゃった、ごめんね? ユリアの事、好きだって言ってた」
「え……?」
「ユリア、本当は優しいんだね……?」
「ち、違……」
「僕達のパーティに入ってよ」
「え?」


 ユリアは驚いたように目を見開いた。本当に、唐突だったからだろう。
 ラザールお兄様はニッと笑うと、此方に近づいてきた。


「僕の事嫌ってたみたいだけど、リーナと一緒なら良いでしょ?」
「リ、リーナと、一緒」
「ね? おいでよ」


 ユリアの瞳から、涙が零れる。


「馬鹿、馬鹿……。なんでこんな私の事、誘うのよ! もう、断れないじゃないのっ!」


 素直じゃないけど、そんなところも、結構可愛いユリアです。

「赤い記憶~リーナが魔王を倒して彼の隣を手に入れるまで~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く