この美少女達俺の妻らしいけど記憶に無いんだが⋯⋯

プチパン

五話 メイドエルは大胆ご奉仕

「師匠、これからどうしますか?」


 日が沈み、都市も賑わいだした頃、エルが昼間とは違った落ち着きのある声音で聞いてくる。


「うーん⋯⋯とりあえず飯──」


 ベッドに仰向けに寝っ転がり天井を見つめていた湊が「飯が食べたい」と返答しようとしたところで、唇に指を当てられ止めさせられた。
 突然の行為にびくっと肩を揺らし、右に視線を向けるとエルの姿、いや特に独特なその服装・・・・が目に映る。
 白と黒が基本のそれは、全身の様々なところにフリルが付いており可愛らしく、少し風が吹けば下着が見えてしまいそうな程に際どい長さのスカート、そしてそれを確定させるかの様に頭につけられている潔白のヘッドドレス。
 そう、エルは今メイド姿、普段から二人きりの時はこの服装の事が多く普段から見ているのだが、未だに慣れたものでは無い。
 なぜなら現在、エルは年相応に大きな胸、しなやかな体をしているのだ。
 昼間とは明らかに体格が違うのである、これがエルのデフラムでのデメリットなのだ。
 日が出ている間は身体が幼くなってしまうというデメリットで、その為昼間はレイラにも勘違いされたわけだ。


「どうします? お風呂にします? ご飯にします? それともわ、た、し♡?」


 口に当ててきた指を自分でペロッと舐め、可愛らしくウインクしてくるメイドエル、だが湊は素っ気なく「飯が食べたい」と。


「すみません聞こえませんでした。もう一度言いますね? お風呂にします? ご飯にします? それともわ、た、し♡?」


 Dカップある胸を突き出すようにして体を当てて来た、ちなみになぜ知っているのかと言うと数ヶ月前程に言って来たからである。
 まぁ、それほど興味もないのだが⋯⋯。


(ほ、本当だぞ? 俺は復讐に身を置く身、そんな破廉恥な事考えていたはずがないだろ?)
「だから飯──」
「まぁ、私だなんて⋯⋯でももし、師匠が望むならエルは──きゃっ!? ⋯⋯すみません調子に乗りすぎました」
「都合よく俺の言葉を変えるな」


 湊がエルのおでこを指で弾くと、エルは一瞬泣き目になるが直ぐに、にこっと微笑む。
 月明かりが宵闇の髪をほのかに照らし、そこに普段の幼さは無く大人びた雰囲気に胸の鼓動が早まってしまう。
 昼に出会った少女、レイラの時の様に。


「冗談です、師匠。お風呂ですね、すぐに準備します」
「はぁ、そうしてくれ」
「ふぅ⋯⋯⋯⋯」


 数十分後俺は部屋にある風呂に入っていた。


「はぁ、今日は特に疲れたな⋯⋯」


 昼間の事を思い出す。
 愛刀からの予知宣言、自分に妻が出来るという物、つまりあの塔である少女と儀式を行うという事、それは一般的な結婚とほとんど変わる事は無い。
 その少女と昼夜を共に過ごしたりするという事だ。
 そして普通の結婚と少し違うところ⋯⋯。
 湊は一度目元まで湯に浸かり両手を伸ばすと背伸びをした。


「お互いの感覚共有⋯⋯デフラムの量と浸透率の上昇⋯⋯か⋯⋯レイラ⋯⋯あの子が俺の妻⋯⋯」


 宝石の様に輝く繊細な黄金の髪に昼間のエルとはまた違った大人びた顔立ち、年相応に育った胸にすらっとした身体、それら全てが神をも魅了するかの様な程に美しい。
 清楚で可憐で正義感に溢れた少女。それが湊が最初、彼女レイラ・ユートラシスに抱いた感情だった。
 まぁ、今は他にもいくつか新しいイメージも増えたのだが。


「あんな美少女が俺なんかの⋯⋯⋯⋯俺に出来るのか? いや、やるしか無いんだよ、な? 復讐の為なんだから」
「お背中お洗いします、師匠。」


 突然そう聞こえ風呂場のドアが開かれた。
 そこにはバスタオル一枚を体に巻いたエルが立っていて、風呂場に入るとドアを丁寧に閉める。
 もちろん昼間の様なお子様ボディではなく、正真正銘のモデル体型だ。


「あ、あの? エルさん⋯⋯? そんな事頼んだ覚えが⋯⋯」
「いえ師匠、今日の勝負は見事でした。とても凛々しくかっこよかったです」


 湊の声を軽く無視し、手を前に組み、崇めるかのように呟くエルは昼間と違い、妙に真面目臭い話し方で随分と印象が落ち着いていた。



「この美少女達俺の妻らしいけど記憶に無いんだが⋯⋯」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く