詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

終電ダンスフロア

あの子は どんな曲を 聴いてるのかなって考えてる
わたしのほうを見てほしい
電車に揺られ フロアダンスのよう
きらきらの音 漏れ出す
すべて真空の中に閉じ込めて
綺麗なまま

ヘッドホン越しでとてもこちらの世界に来てもらえない

朝の電車揺れる ダンスフロアみたい
揺れる 心臓透かしてる
宙ぶらりんになってる 揺れる
最終電車はどこ?わたしは忙しいの
揺れる 帰りたくない
宙に浮く 揺れた

咲いた

流線形に乗って咲いて 流線形に乗って咲いて
流線形に乗って咲いて 行こう 行こう

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く