詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

涙のなみなみ

涙のなみなみには歪んだ君が映って
歪んだ夕焼け空が映えたみたいだ

この涙の音には地平線がよく似合っているから
きみにプレゼントを用意したんだ
ささやかな愛しさと優しさを

きみの絵にはよく似合った儚げな色
線はとても不確か
その線に確かなものがこれから宿るようにと想う
力強い点と線を祈っているから

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く