詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

戦争のとき、萌えるは脳

どうやって生き延びようか 燃えるは脳
明日いまこの瞬間に爆撃されるかも知れない
わたしは死ぬのかも知れない
君がいなくなるのかもしれない
あなたが死ぬのかも知れない
家族がいなくなるのかも知れない
誰もいなくなるかも知れない

でもそれでいいのかも知れない
いまが幸せなら すこしは許せるかも知れない
走馬を灯すときに思い出して後悔するだろう
わかっているよ みんなが一緒に仲良く暮らせればいいことを
わかってるよ

どうやって生き延びようか 萌えるは脳

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く