詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

人の吹き溜まり東京

中央線、人の吹き溜まり東京
仲間と3人歩いていたら
ふとあのときの感覚を思い出した
後ろは歩きたくなかった記憶
会話に着いて行けず ひとり取り残される 心的外傷
気が触れてもいいかい
自分自身 體一つ 身を投げてさ

ファミレス、つまらん会話デニーズ
仲間と3人話していたら
憧れの人になりたいんだって
私はなりたいと一度して思わない
会話に着いて行けず ひとり取り残される 今も変わらず
気が触れてもいいかい
自分自身 體一つ 心を投げてさ

そんなの見つからないし
誰かと同じなんてありえないし
だから誰かになりたいなんて間違っても思わねえよ
なりたい人に僕ら勝手になるだけ
自分の人生を作りたい 自分を作りたい
自分は自分あとは何もない
なりたい自分に僕ら勝手になるだけ
名前すらなくていいだろう
サラリーマン 大学生 バンドマン 詩人 アーティスト 自営業 フリーター
なりたい人になるだけ 探してやれ
その自分を探してやれ

自分の中にある 言葉を吐き出す
ただそれだけ どこか可笑しいかい
罵れ 罵れ 勝手に嫌いになればいいよ

心はここにある 言葉を吐き出す
ただそれだけ どこか可笑しいかい
その愛を君に そうして突き放すならどうぞ
ここからどこへでも行ける
切符なんていらないはずだろう

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く