詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

冬になったら。

冬になったら髪を長くするのするのだ。
長い髪をマフラー代わりにするのだ。
そして雪に埋もれ、空気に埋もれる。
毎年の愉しみである。
長いビンテージのワンピースに身を包み、わたしだけのお気に入りの場所に行こう。
そして好きな人と唄おう。
歌はメロディーだけが全てじゃない、心を歌うのだ。
そうして体を温め合うのだ。

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く