詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

調子が悪いな

群れを作り規律に違反 その流れに乗れずに
群れから外れたらなにやら散々だな
人一人の思想・時間 それを優先するべきだが
それを半ば情緒的に夕暮れの帰り道ひとり黄昏る

描いてと言われた絵がゴミ箱に捨てられたあの時のこと 全て覚えてる
たまに思い出すよ
寒いただ寒くて ああ調子が悪いな


陰口・いじめ・酒・タバコ 一通り全部やった
どちらの気持ちも分かる散々だな
罪を償うことしかできず それでも地獄へ落ちるか
まぁなんだっていいやここが天国そうだろ

不登校にもなれなかった僕ら ただ自分と人生を信じた瞬間 全て覚えてる
たまに思い出すよ
寒いただ寒くて ああ調子が悪いな ごめん

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く