詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

消費ingウインドウ

君に手紙を書いたよ
いつからボールペンで書くようになった?
消せやしない 消してもバレるバレる
それこそ消費もせずラクになりたいだけ
なりたいだけ なりたいだけ
僕にはサーチライトの行方さえ見つめるだけ
それでも好きだよ この世界が
なんでも出来てしまうよ
天国としか言えないだろう?
想像があるから始まりがあるの
無限があるなら終わりはないさ
喜びがあるから悲しみがあるの
すべて決められること

君に絵を描いたよ
いつからうまくと意識するようになった?
消せやしない 消せやしない
それでも消費をして理想描いてゆく
描いてゆく 描いてゆく
僕にはサーチライトの行方さえ見つめるだけ
それでも好きだよ この世界が
なんでも出来てしまうよ
天国としか言えないだろう?
ビッグバンには果ての果てがあるのよ
悪意があるから 善意があるのさ
喜びがあるから 悲しみがあるの
光があるから その影があるの
すべて愛しき 愛しき事象

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く