詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

それがいいとおもう

ぼくには光がある
ぼくには闇がある
それでいいとおもう
それがいいとおもう

きみは殺されたい
きみは死にたい
きみは静かに、激しくそれを求め
それがいいとおもう
それでいいとおもう

わたしは生きたい
わたしはそれを求める
それがいいとおもう
それがいいとおもう

きみの世界はそれまでなんだ
わたしの世界はこれからなんだ
僕らの世界はあべこべで成り立つ

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く