詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

なにも

なにもいらない
だからでていって
そしてわたしもきえるから

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く