詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

ロリータのおばあさん

いまわたしは
電車の席に座っている
ロリータのおばあさんがとなりにいる

水筒をもっている
肝心な小物は安っぽい
とても綺麗な白髪だ

きっと
何かに
取り憑かれたんだなあ

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く