詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

わからん

腹が痛い
人はどうしてそんなにアホか
わたしにはわからん

人間としての自覚、すらないのか
動物は動物の自覚、
植物は植物の自覚、
宇宙は宇宙の自覚を持ってるのに

女も男も変わらないなら
平等なら それを本当に望むのなら
生まれてなど来なければと
思ってしまいそうになる

制約の中の規律の中の秩序があってこその
本当の自由をまだ知らない

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く