詩を 詠む 夜に

ツ白マ ユウコ

さして問題ではない

たとえば きみやわたしが絵を描かなくなっても大丈夫 さして問題ではないよ
自分自身が芸術で、その材料が絵を描いているというだけ 音楽もそう
だから心配しないできみはきみを全うして生きてね
そばに信じてくれる人はいるんだ
その目をふさがない限りね

「詩を 詠む 夜に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く