求夢の平凡な世界

チョーカー

美術室の怪

 川島 求夢

 田所 彼方

 柊 智和

 関川 勇次

 中杉 竜輝



 この5人は放課後、美術室にいた。

 授業の課題。その提出日が今日。

 その途中、彼方が言い始めたのだ。



 「ねぇ、何で5人なの?」



 最初は意味の分からなかった。



 5人、それの何が問題なのか?



 だが、確かにおかしい。

 課題は、2人1組になって、交代で互いの顔を描くというもの。

 だったら、どうしてみんな輪になっている。

 ――――いや、そもそもの前提がおかしい。



 どうして5人いる?



 「確か、居残りって4人だったはず……」と智和が言った。

 「1人増えてる? そんな馬鹿な」と勇次は笑った。

 「……」と竜輝は無言。キョロキョロと周囲の様子を窺っている。



 「あれ、おかしいな。私だけ? この教室に入って、それからの記憶が曖昧なんだけど……」



 全員が無言で同意した。



 「そうだ、誰が誰とペアだったのか? 互いに描いていた絵を見れば……」



 そう提案した彼方の言葉が止まった。

 その瞳には恐怖が浮かんでいる。

 それは感染するかのように他の4人にも伝わった。



 全員の絵。キャンパスに描かれていたはずの絵が髑髏に変わっていたのだ。



 ・・・

 ・・・・・・

 ・・・・・・・・・



 ドアも窓も開かない。壊そうと思っても壊れない。

 スマホは電波が届かない(いまどき、そんな場所があるとは思ってもみなかった)

 不思議とお腹も空かない。喉も渇かない。トイレにも行きたいとは思わない。

 まるで時間が止まったかのようだ。

 ただし、精神以外は――――



 感覚で言えば、閉じ込められてから3時間は経過しているだろう。



 「なぁ……正直に言っていいか?」



 竜輝が全員を見渡した。



 「この中で1人増えてる。でも、全員がクラスメイトだ。みんな、間違いないだろ?」



 全員が頷いた。



 「だったら、さぁ……1人だけおかしいヤツがいるじゃないか?」



 竜輝が彼方を指差した。



 「2人1組……だったらどうして、1人だけ女子・・が混じってるんだ。俺たちゃ、席の順番で席を決められたんだぞ!」



 「ちがう! 私は! 私は違う……」



 彼方は弁明の言葉を出そうとする。でも、何も出てこなかった。

 ――――その時だった。



 「1ついいか?」



 そう言ったの求夢だった。



 「僕たちは5人じゃなくて6人だっただろ?」



 ・・・

 ・・・・・・

 ・・・・・・・・・



 「求夢くん、起きなさいよ求夢くん」



 すやすやと寝息を立てていた求夢が目を覚ました。

 どうやら放課後、自分の机に伏せて居眠りをしていたみたいだ。



 「おはよう……えっと…誰だっけ?」



 頭をポリポリとかきながら尋ねる。



 「なぁに、まだ寝ぼけているの? クラスメイトの水瀬 琴葉よ」



 まだ、寝ぼけているのか求夢は――――



 「あぁ、そっか……君が6人目か」



 その言葉に琴葉は「?」と疑問符を浮かべた。



 「もう、美術の課題は今日までよ。他の4人は先に行くってよ」

 「そっか……ところで琴葉さん」

 「なに? 求夢くん」



 「今日はサボりませんか?」と求夢は笑顔を見せた。


「求夢の平凡な世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く