異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

魔族 VS 混魔族①

 「フォックちゃん!!!」
 ベルさんが慌てて僕の方に手を伸ばそうとしたのが最後に見えた。
 そこからあっという間にみんなの姿が消えた。いや、みんなが消えたんじゃない…僕が消えたんだ。
 僕は<みきり>は使えなかったけど、転移系の魔法を使われたのは何となくだけど分かった。明らかにさっきまでの場所とは違うのはすぐに分かった。

 僕はその場所を散策し始めた。知らない人の匂いも気配もしないことを確認した上で辺りを散策した。
 獣人族のパッシブスキルは<暗視>と<超嗅覚>だ。索敵能力にはある程度長けてる種族だった。

 この場所には机、テーブル、椅子、ベット、本棚といった日用家具などが配置されていた。
 広さは宿屋の一室より少し狭いくらいだった。
 入口は見当たらなかった。
 椅子は二脚、ベットが2人用の広さがあり、何故かとても懐かしい匂いが漂っていたのだ。
 どこかで嗅いだことのある懐かしく、そしてとても落ち着くような匂い…。

 「フォック……」
 「ッッ!!?」
 背後の至近距離から声が聞こえたので慌ててその場を飛び退き距離を取った。
 元いた場所を見るとそこには黒マントの男が立っていた。
 顔はまともに見えないほど深くフードを被っていた。
 「誰ッ!?僕を元の場所に戻して!!」
 固有スキルの<ウルフルメイル>を使おうにもさっきの場所と一緒でスキルのたぐいが使えなかった。

 黒マントの集団は僕のことを狙っていた連中だったので警戒心を最大に引き上げた。
 だけどこの人はなんとなくだけど他の黒マントと違うところがあった。
 ひとつは他の黒マントと違ってこんな至近距離にいるのにも関わらず敵意や殺意といった感情が伝わってこないのだ。逆に感じるのは大通りの出店の店員みたいな温かさだ。
 そしてもうひとつの違いは━━

 ━━この人からも懐かしい匂いがしていた。

 というより、この部屋に染み付いた匂いがこの人から出ているというような感じだった。
 「…そんな怖がらないでいいだろ?」
 そう言って男は椅子に座り、机を挟んだ反対側の椅子に座るよううながした。
 僕はそれを無視して警戒態勢を解くことはなく、離れた位置にいた。
 「どうした、座んないのか?」
 「………」
 座るはずがないだろ!…と内心でツッコんでおく。でも、敵と戦わないで済むのなら大賛成だけど……。
 しばらく悩んでから椅子を自分の位置まで引っ張って来て座った。

 「………」
 しばらく沈黙の時間が続いた。
 この空気はいつになっても気まづいと感じるから嫌いだ…。
 「フォック…」
 口を開いたのは黒マントの男だった。
 今更だけど、どうして僕の名前を知ってるんだろ…。
 「お前…今はどうやって生きてるんだ?」
 そんなことを聞いてきた。
 「………どうして…そんなことを聞くの?」
 思ったことを直接声に出した。その方が何も考えずに話す方が楽なのだ。
 「どうして…か……まぁ、簡単には気になるんだ」
 「気になる…?」
 「フォックが今どうやって生きているのか…なにが今楽しいのか」
 その言葉はどこか寂しげな雰囲気を帯びていた。

 「……その前に…君は何者なの?」
 それを聞いておきたかった。
 不思議で仕方ないのだ。懐かしい匂いは前にどこかで嗅いだことがある匂いだったのだ。
 他にも匂いは混じっていて微かに匂うだけだが…。
 「俺のことが…知りたいか…?」
 ……知りたいから聞いているんだけど。
 僕は息を呑み、ゆっくりと頷いた。

 そして男は口を開いた。

 「俺は……お前と同じだよ………」

 「ッッ!!?」
 僕と……同じ……!?
 「お前と同じで、俺も研究材料さ」
 研究材料…その言葉で理解できた。
 小さい頃、ナグナルトの人体実験で集められた3000人の獣人族の子供たちの中の1人ってことだ。
 でも、実験に成功したのは僕だけだったはずだ。ナグナルトが実験の後に連れていたのは僕だけだった。
 「一緒って言ったが、俺はお前とは違った」
 「それは…どういう」
 「俺は……俺は実験で出た失敗作のひとつだ」
 「失敗……作……?」
 「実験に成功したのは3000人以上の獣人族の中のお前たったひとりだけだった」
 「………僕も…アイツからそう聞いた」
 「失敗作は確かに全員が強力な人体実験によって体が耐えきれずに命を落とした」
 「………」
 「だが、俺は生き残ってここにいる」
 「…ってことは……」
 「あぁ…俺はお前と同様に、実験に成功したってことだ」
 「僕以外に…実験成功者……」

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く