異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

ベル VS ブリュード①

 「やあ、アオイ君…お目覚めだね」
 聞き覚えのある声、身に覚えのある空間…間違えるはずがなかった。
 ━━あの自称神のいる場所だ。
 現に今俺に話しかけているのが自称神様だった。
 俺がここにいるってことは…死んだのか?
 「安心せい…お主はまだ死んではおらんよ」
 『じゃあどうして俺がここにいる?』
 「わしが呼び寄せたんじゃ…まぁ簡単に言えば臨死体験に近いものじゃよ」
 『臨死体験…俺はどうなった!ベルたちは無事か!?』
 「落ち着け、お主の友達は全員無事じゃよ」
 その一言で俺の心は一瞬で落ち着いた。『友達は全員無事』…その言葉だけで安心できるのがなんだか不思議な感じだった。
 しばらくして落ち着いて俺は改めて質問をした。
 『それで…俺をここに呼んだ理由はなんだ?』
 「ホッホッホ…なぁに、ただの助言じゃよ、お主らがいう魔族の男についてな」



 フォックちゃんへ伸ばしたはずの手は空を掴み、その場からフォックちゃんと黒マントの男は一瞬で目の前から姿を消した。
 「消えた… !?」
 いや、違う!転移魔法特有の光が見えなかった。本当になんの前触れもなく一瞬で消えた。
 どうやったかは知らないけどフォックちゃんが連れ去られたのは確かだ。
 1人で大丈夫だろうか…あの黒マントと戦った時はなんとか対抗できた。でも━━
 「ベル!!!」
 「ッッ!?」
 いろいろ余計なことを考えていたのをダルの呼びかけで意識を引っ張り戻した。
 背後にいつの間にか魔族の男が回り込んで腕を上げていた。
 「油断大敵…」
 ━━━ズドォォォォォォォォオオオン!!!
 腕を振り下ろし地面を陥没させた。
 なんとか飛び退いて避けることができた。

 本当に化け物だ…腕の一振でこんな威力が出るなんて…しかもなんの付与魔法エンチャントもなしで。

 付与魔法エンチャント…自身の身体の身体能力などを底上げする魔法。

 魔族は力も人間の範囲から外れた存在って聞いてたけどここまで以上のは初めて見た…。
 いや、明らかに普通の魔族とは違う…力も魔力量も…ステータスは見れないけど魔力の流れが異常すぎるのは分かる…!
 「アンタ、一体なにもの…?」
 「はァ…あなた達は知らなくていいと思ってましたけど、今の攻撃を避けたのに免じて名前を教えておきましょう」


  『魔族の男について…だと?』
 「そうじゃ、お主はそやつによって魔界と人間界の狭間の空間へと幽閉されたんじゃよ」
  『魔界と人間界の狭間?』
 「そう、お主の送り込んだあの世界には魔界、人間界、天界の3つの世界が平行世界のようになっておるんじゃ。その人間界と魔界の間に今のお主の体はあるんじゃよ」
  『てことは今ここにあるのは俺の意識だけってことか』
 確かに手足の感覚はなくて眠っている感覚に似ていてさっきまで不思議で仕方なかったのだ。なるほど…意識だけなら納得だ。

  『それで?抜け出す方法とかないのか?』
 「ホッホッホ、そんなことは自分で考えんか」
  『今度来た時絶対殴るぞ…俺の体で』
 「まぁそう焦るでない…わしが話したいのはあくまでその魔族の男に関してじゃ」
 そして俺は大人しく自称神様の話を聞いてみることにした。

 「あやつの正体は魔族ではあるものの、ただの魔族ではない…」
  『ただの魔族ではない…?』
 「そうじゃ、あやつはな━━」


 「俺の名前は「魔王軍幹部第3兵団[七つの大罪]所属…怠惰のブリュード・エルジェール」と申します」
 「魔王軍幹部…!?」
 そんなやつがどうして一国の王に仕えているの!?いや、恐らくは利用しているか…。
 「魔王軍の幹部がどうしてこんな場所にいる!?」
 ダルが声を荒らげた。目も血走っている。
 「はァ…まぁそれに関しては企業秘密ということで」
 ダルは明らかに表情を崩していた。


  『魔王軍幹部第3兵団…?』
 「魔をつかさどる最強最悪の王…魔王バアル直属の12個の兵団が存在するんじゃ。その中の1つである[七つの大罪]…構成人数は7人でひとりひとりの実力は相当なものじゃ」
  『その中の1人がブリュードってわけか…』
 「そう、そやつの能力は“怠惰”」
  『“怠惰”ってのはどういう能力なんだよ』


 「何はともあれ、アオイを返してもらうよ!」
 そう言って私は弓を構えた。
 「はァ…言ったでしょ、アオイという者は死んだと」
 「私も言ったはずでしょ…アオイは死なないって」
 しばらくの静かな睨み合い…しばらくしてブリュードが口を開く。
 「はァ…まぁあなたには慈悲を送るとします」
 「ッッ!?」
 ブリュードの言葉が終わると同時に黒い布で目を覆った不気味な顔が目の前に迫った。
 速い!!!
 急いで後ろへと避けようとするけど間に合わず胴に蹴りをもらってしまった。
 「ぐぅッッ!!!」
 「あなたを愛する者と同じ場所へと送るという“慈悲”を…」
 なんとかガードが間に合ったけどさすがに相当なダメージ量だ。

 「ベル!!!」
 ダルの声と同時に吹っ飛ばされた。空中にいる最中に矢を頭を狙って射ったけど軽く避けられた。
 ━━━ドゴォォォォォォオオン!!!
 そのまま思いっきり壁に叩きつけられた。
 「ベル!無事か!?」
 「……いてて〜、なんとか大丈夫…それより結界の解除に集中して」
 ゆっくり立ち上がる。そして改めて武器を構えた。
 「それに……絶対勝つから!」

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く