異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

潜入③

 中は全体的に薄暗く、天井が見えない程の広さだった。その天井から大きなシャンデリアが伸びていた。
 「相変わらず中の兵士も眠ってるなぁ」
 「アンタが眠らせたんでしょうが…」
 自分のやったことを棚に上げて言うダルにツッコミをいれて<サーチ>を起動させた。応用の範囲理解だ。<サーチ>の探索機能を利用してどこになにがあるかを理解することができるのだ。
 調べると正面に階段があり途中からT字型に分かれているのが分かった。その両脇に部屋が2つ…その2つの部屋は階段の下を通って繋がっていて書庫のようになっていた。その中に………よし、分かった。
 「さ、ちゃっちゃと行くよ」
 そう言って私は2人を先導した。

 「やっぱりね…」
 中に入った私たちは入ってすぐの入口前で止まっていた。
 「どうしたよ、ベル…こんなとこに止まって」
 「混魔族ディーマンのアンタなら分かるでしょ」
 「ん?」
 そう声をもらしてダルは部屋全体を目を凝らして見渡した。そしてしばらくして、
 「あ〜…そういうことか」
 納得したように頷いた。
 フォックちゃんは不思議そうに私とダルに交互に視線を向けていた。
 「この程度なら俺に任せろ」
 そう言って取り出した杖を正面へ向けた。
 「[解錠アンロック]」
 唱え終わると同時にガラスのように空間が崩れ落ちて先程まで本棚があった場所には地下へと続く石造りの階段が現れた。

 おおかた予想どうりだ…魔力の流れが不自然に漂ってたから何かあると思ってたけどまさか地下への階段が隠れてたなんて思いもしなかった…。
 <サーチ>を使おうにもこの魔力の不自然な流れが邪魔でよく分からなかったのだ。
 「この下にアイツらが…?」
 息を呑む…魔族の男と戦った時のことを思い出して緊張がはしった。
 「恐らくな…ここまで来たら行くしかねぇだろ」
 ダルも覚悟を決めたようだ。フォックちゃんも真剣な表情をしていた。
 私は1回深く大きく深呼吸をしてから
 「……行こ」
 とポツリと言い放って階段に足をかけた。


 「どこまで続いてるんスかね…?」
 「う〜ん…<サーチ>が使えないから不思議なんだよね」
 なんだかんだ階段を降り始めてから5分くらいの時間が経っていた。
 階段は人ひとり入れるくらいの幅しかなく、しかも真っ暗だ。そのため先頭で私が魔法で灯りを照らして後ろにフォックちゃん、ダルの順に階段を降りていた。
 「恐らくこの地下にスキル使用不可の結界で覆われているんだろうよ」
 「スキル使用不可の結界なんてものがあるの?」
 「何人かの魔術師が束になってやっと完成できる結界だ。固有スキルも使えねぇから厄介なんだよ。だから早めにその結界壊さねぇと面倒だぞ」
 確かに…固有スキルが使えないと不利になる…フォックちゃんは獣王フォルムになれないしダルは<超自然回復>が使えないってことだから重大だ。
 フォックちゃんには一応の予備武器として短剣を持たせてあるけど武器を使ったことないようだったから恐らく無意味だろう。

 またしばらくすると今度は石造りの大きな広間に出た。どれくらい広いかは分からなかったけど端っこが見えない程だった。
 「ねぇダル、どうにか結界を破れないの?」
 「できなくはない…けど、それにはちょっと時間がかかる。何十層にも重ねがけされてるからな」
 「どれくらいかかりそうなの?」
 「たぶんだけど1時間もあれば解ける」
 「はァ…あなた達はどこまで規格外なんでしょうね…」
 「「「ッッ!?」」」
 聞き覚えのある声だった。忘れるはずもない…なぜなら私たちの目的の1つとしている人物の声だったから。
 「お前は!」
 「どうも、お久しぶりです。邪魔者の皆さん」
 黒ずくめの服に身を包んだ魔族の男は深々とお辞儀をした。と同時に辺りの壁に取り付けられたろうそく立てのろうそくに一斉に火が灯った。

 「どうぞごゆっくりお楽しみください」
 そう続けた魔族の男の後ろに黒マントの男達がずらりと並んでいた。数でいうと100に近い人数だった。
 「やっぱり黒マントと繋がっていたのね…」
 魔族の男と黒マントの[ナイト・ルーラー]が繋がっているという悪い勘が当たってしまった。

 私たちは急いで戦闘態勢にはいった。
 「ダル!結界の解除お願い!」
 「おう!その前に…[絶対爆発エクスプロージョン]!!!」
 その呪文を唱えると黒マント達に大きな爆発と爆風が襲った。
 「「ッッ!?」」
 とてつもない爆風に耐えながら私は敵の状況を把握しようと細目で観察していた。
 しばらくして爆風は収まって状況把握を行うと黒マントはほぼ全員倒れていて数人かろうじて立ってはいるものの見るからにボロボロの状態だった。
 唯一、魔族の男だけが無傷で立っていた。紫色の透明な球体に覆われていた。

 「はァ…なんて魔法を使うんですかね…」
 「チッ、無傷かよ…」
 露骨そうに舌打ちをして魔族の男を睨みつけている。
 「ダル…アイツ、1人で倒せそう?」
 小声でダルにだけ聞こえるように言った。
 「難しいだろうな…少しでも結界を早く解くためにじっとしていたいし、さっきのは«火属性魔法»の«超級魔法»だ。それを防がれちゃ勝ち目は薄い…」
 「分かった…じゃあどっか隅の方で結界の解除に集中して来て」
 「いいのか…?」
 「大丈夫…元々私はアイツにようがあって来たんだからね。それにフォックちゃんもいるしね」
 「フォックは渡さんぞ…」
 「ッッ!?」
 急に背後に気配を感じたので慌てて振り返る。そこには部屋へ攻めてきた黒マントの男だった。

 「アンタは!?」
 そう言い終えると同時に黒マントの男は私のそばにいるフォックちゃんの手を掴んだ。
 「フォックちゃん!!!」
 その時私の脳裏に黒マントの男の言っていた言葉が過ぎる。
 (「フォックはどこにいる?」)
 黒マントの男はフォックちゃんを狙っている。そう思って咄嗟にフォックちゃんに手を伸ばしたがその手は届くことはなかった。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く