異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

作戦①

 私達は1階に降りてフォックちゃんと合流した。
 「フォックちゃん」
 「ッッ!?…ベルさん、目が覚めたんスね…良かったっス」
 そう言ったフォックちゃんは静かな笑顔を見せてくれた。ダルさんの言ってた通り相当落ち込んで元気が無いようだった。
 カウンター席に座り目の前に食事があるがしゅんと顔を俯けて一切手をつけていなかった。その様子をみてメイさんも厨房で困っているような感じだった。

 そんなフォックちゃんの隣の空いている席にダルさんが座った。
 「ちゃんと食わねぇと戦えねぇぞ…ハム」
 そう言いながらフォックちゃんの目の前に置かれてたご飯を隣から横取りしていた。
 フォックちゃんは少し動揺して固まった。
 「アオイ達助けに行くんだろ?なら飯ぐらいさっさと食え、アム…お!上手いなこれ」
 「ッッ!?」
 「そうそう、」
 私もダルさんにならってフォックちゃんのもう一方の隣の席に座りながら言った。
 そして同じくフォックちゃんのご飯を横取りした。
 「スサラちゃんはともかくアオイのことだからきっと1人にしてちゃ寂しくて今頃泣いてるよ」
 笑いながら言ってフォックちゃんの表情をうかがうように横目に写すけどまだ俯いたままだった。

 「フォックちゃんの気持ちも分かるよ、私が弱かったからアオイやスサラちゃんを守れなかった…でも、今そんなことを後悔したってしょうがないんだよ。アオイが前に言ってたんだ『いくら悔やんだとしても変えられない事だってある。大事なのはこれから何をするかだ』ってね」
 私はもうひと口ご飯を口に運ぶ。
 「だからね、これからどう動くか、その後悔を得て何をするかが大切なんだよ。だから後悔するのは悪いとは言わない…けどその後悔のあとに何をするかが問題なんだよ」
 フォックちゃんはまだ俯いてはいるものの、あの後ユンベット姉妹のところで買ったのであろう新しい膝下くらいまでの紺色のパンツをにじり絞めていた。
 「…だからさ、一緒に助けに行こ」
 プルプルと肩を小刻みに震わせるフォックちゃんの隣では今でもダルさんがフォックちゃんのご飯を次々と口に運んでいた。
 この人は空気を読むってことができないのだろうか…と呆れてしまう程だ。

 「スゥゥゥゥゥゥゥウウ……」
 「フォック…ちゃん?」
 急に震えを抑えるためか若干震えながら息を思いっきり吸ってから息を止めた。
 心を落ち着かせる方法なのかな?と思ったけどそれが勘違いであることはすぐに分かった。
 「━━ガブッ!!!」
 「いぎゃぁぁぁぁぁぁぁあああ!!!」
 さっきまでもくもくとフォックちゃんのご飯を食べていたダルさんの右腕に思いっきりかぶりついたのだ。
 「何すんだ、どチビ〜!!!」
 「うぅぅぅぅぅぅぅううう!」
 必死に振り払おうとダルさんが右腕をぶんぶん振り回すけどそれに負けじとフォックちゃんも唸りながら必死にかぶりついていた。

 しばらくして時間にして約1分にも満たない攻防(?)だったと思う。
 「ふぅ〜ふぅ〜…痛ってぇな、何しやがる!」
 噛み跡が残る腕をふぅふぅしながら怒声をあげた。
 痛そうだけどダルさんだからか、ざまぁみろみたいな感じに思ってしまう…しかも既に傷口が緑色に光って徐々に治りかけている。さすが<超自然回復>…恐るべし。
 「こっちのセリフ!人のご飯勝手に食べるな!」
 「な、それはベルも一緒だろ!」
 「ベルさんはいいんです〜!べ〜!」
 フォックちゃんが舌を出して耳が垂れ下がっていた。かわいい…。
 そして睨み合いながらフォックちゃんはまだ「うぅぅ」と唸りながら耳も尻尾もピンと上に伸びていた。

 「━━プふッ…あははははっはははは」
 「「ん…?」」
 どうしてか分からないけどそんな光景を見ていると自然とおかしくなって笑いが我慢できなくなった。
 2人とも睨み合いの喧嘩を止めてこちらを不思議そうに見ていた。
 「━━はァ、はァ…ごめん、2人のやり取り見てたらなんだか笑えてきちゃって」
 半分笑いながらわけを話したけどまぁ当然まだ2人はキョトンとしていた。

 それから私は深く深呼吸をして心を落ち着かせてからキョトン顔でこちらを見ている2人に呼びかけた。
 「よし、じゃあさっさとご飯食べて、さっさと作戦立ててアオイとスサラちゃんを取り戻しに行こぉー!」
 グッと握った拳を思いっきり上に突き上げながら言った。
 2人も一緒にぎこちない感じで「お、おぉ〜」という感じでのってきてくれた。
 なんか変なヤツだと思われたかな…ま、いっか。みんな友達だし!

 それから私とフォックちゃんは一緒のご飯を仲良く食べ始めた。
 フォックちゃんの隣ではダルさんがカウンターの机でくで〜と伸びている。
 「おい〜、俺にも分けてくれよ〜」
 「自分で頼めばいいでしょ」
 甘えたような声で言うダルさんにフォックちゃんがそっぽを向いたままツッコミをいれた。
 「金がねぇんだよぉ…ヒルメ達に所持金全部ぶんどられたうえに借金まで課してきやがった」
 「自業自得」
 この2人は案外相性がいいのかもしれない。フォックちゃんも敬語みたいにならずにタメ口で話してるし。
 それからダルさんが部屋に持ってきた私のご飯を食べてなんとか腹ごしらえは完了したのだった。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く