異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

長い夜③

 俺はダルに先に部屋へ行ってもらってベルと共に宿屋『集い亭』を出ていた。
 辺りはまだ暗くちょうど1時をまわった当たりだと思う。
 昼間はお祭り騒ぎであったが夜は信じられない程静かになっていた。ベルいわくこの『ラルズ王国』では夜12時を知らせる鐘の音以降の一部を除く商売は禁止されているらしい。
 よく見ると酒場等の店はまだ明かりがついており営業しているっぽかった。

 「ベル、今からどこに行くんだ?」
 こんな夜中に一体どこに行こうとしているのか不思議で仕方なかった。正直戦闘と土木作業を2時間程やった後の俺の体は今にも悲鳴をあげそうだった。
 だがベルは「着いてからのお楽しみ」の一点張りで目的地を一切教えてくれなかった。
 ヤバい、歩いていても眠気が一切覚めない…。

 そういえばこの世界に来てからずっとベルと一緒にいる気がする。
 友達が一人もいないで家庭でも女の人との交流は母が死んでから一切なかった。
 よくよく考えてみれば女の子と一緒にいるのは俺にとっては衝撃的なのだ。
 男とさえ友達にすらなった事もなかった俺が今は女の子と2人で夜の街に出ている。
 これはもう既に友━━
 そう思ったが一瞬ためらい冷静になり考え直した。

 ━━俺とベルは友達になれたのだろうか…
 という思いが頭の中を支配した。
 これは友達ができた事が一度もない故の不安だった。
 友達とは何をもって友達なのかという煮え切らない考え方、友達と思っていたのは自分だけという恐怖心からこのような思いにどうしてもなってしまう。
 手っ取り早く確認をとればいいのだろうがそんな事ができたなら恐怖心などとうに無くなっている。

 そんな複雑な気持ちのまま歩き続けていると城壁前で足を止めた。
 『ラルズ王国』全土を囲う約20mの城壁。この壁からは魔物から都市を守るための結界がドーム状に広がっているらしい。
 「こんな所まで来てどうするんだ?」
 ここは門ではなくただの壁しかない。方角でいうと東南方向だ。
 「私はこの壁の向こうに行きたんだよね。あ〜あ、誰かこの大きな壁を飛び越えられる人いないかなぁ〜?」
 わざとらしい程に視線をこちらに向けながら言ってきた。さすがにここまであからさまに言われて理解できないほどバカじゃない…。

 「あ〜、はいはい」
 そう言って俺は<神化>を発動させてベルをお姫様抱っこして地面にクレーターを作らない様に軽くジャンプした。
 空中でベルは両手をバンザイして大声ではしゃいでいた。
 その楽しそうなベルの笑顔を見てなんだか少しだけだけどホッとした自分がいた。
 そのまま城壁の上に乗る。

 城壁の上は思ったよりスペースがあり見張り用と思われる石レンガの通路が整備されていた。
 ゆっくり歩いて反対側に向かう。
 歩いている最中ベルは俺の首にしっかりと手を回して俯き顔を赤らめているのが分かった。
 「どうした、ベル?」
 「…な、なんでもない…」
 「怖くてチビったか?」
 「なッッ!…違う!」
 前々から思ってたけどベルってからかうと反応が可愛いな…つい面白がってからかいたくなる。
 ポカポカと俺を叩いているが<神化>状態なので全く痛くない。

 「そんな強がらないでいいよ、誰もいないんだし」
 「だから違うってぇ!」
 「はいはい」
 「おい、お前達ここで何をしている」
 「いやぁね、実はベルのヤツが━━」
 そう言いかけて冷静になり声のした方を見ると俺の首元に槍が突きつけられていた。
 その槍の持ち主は銀色の甲冑に身を包み顔全体を覆っていたので表情は読み取れなかったがこちらを威圧してきているのはひしひしと伝わってきた。
 この城壁の見回りをしている国の兵士だろう。

 「━━いや、ちょっと道に迷ってしまって〜アハハハ」
 言い訳はこれくらいしか思いつかなかった。そもそもこんな場所にどうやったら迷い込むのかすら自分でも分からない。
 「そうか、ここは関係者以外の立ち入りは禁止だ。ちょっと一緒に来てもらおうか」
 「あ、そうなんですね〜じゃあ俺達帰りますね。アハハハ」
 兵士の人の「来てもらおう」という言葉を当然のように無視して俺は都市とは反対側に改めて向き直って━━
 「ちょっと君達!」
 ━━走った。全力で。兵士さんが掴もうとした瞬間に一心不乱に走って城壁の上から飛び降りた。

 「ベル!しっかり捕まっとけよ?それと今回はチビんなよ?」
 「だから違うって!」
 落下中そんなやり取りを続けていたがすぐに地面へと着地した。
 そのまま俺は真っ直ぐに走った。俺の踏み込んだ位置は当然のように陥没していた。

 しばらく走ってから俺は森の中でベルをおろして近くの木にもたれながら根元に座った。
 「あ〜、疲れた…」
 「捕まっちゃうところだったね…」
 俺が声をもらすとベルが苦笑いを浮かべながらもどこか楽しそうにそう言った。
 「それでこんな所まで何しに来たんだよ」
 ここは『ラルズ王国』から南東に位置する『迷いの森』という場所だ。
 どうにも一度入ったら出られないとよばれる場所らしい。どうしてこんなおっかない場所に…。

 「それはね〜、こっちに来てみて」
 そう呼びかけられて大人しくついて行く。
 どういうわけか何度も来た事があるように暗い森をぐんぐん進んで行く。
 「何回かこの森に来た事あるのか?」
 「いや、今日初めて来たよ」
 「じゃあなんでそこまで道に詳しいんだ?」
 「それはね〜、私の<サーチ>の応用なんだよ」
 意外な答えが返ってきた。
 どうやら今日、というか昨日神殿に行った時にスキルの使い方とかいろいろ聞いたらしいのだ。
 それで<サーチ>を使ったルート検索ができる事を教えてもらったらしい。

 「<サーチ>って結構いろいろ便利だよな」
 「むぅ、そんなアオイの<神眼>なんてもっと便利で最強じゃん」
 「うッ……」
 何も言い返せない…。確かに俺の固有スキルはチートだ。今度時間がある時に俺も神殿行ってみるか。

 そんなこんなやっていると開けた場所に出て急にベルが足を止めた。どうやら目的地に到着したようだ。
 俺もすぐにベルの隣へと森を抜けてそこに広がっていた光景に目を奪われた。

 森が一部開けた場所の中心に一際目立つ巨木がありそのすぐそばには川も流れている。
 だがそれだけではない。
 極めつけは辺りを飛びまわる無数の小さな光の粒だった。まるでホタルのようだ。
 その光景を見て俺は声を失った。
 テレビやら写真やらでは見た事があったが比べ物にならないくらい神秘的な光景だった。
 「これは«星虫スターインセクト»ていう昆虫型のモンスターだよ。神殿の神父さんが教えてくれたんだ〜(デートスポットとして)」
 「すげぇ〜な…こんな光景生まれて初めてだ…」
 視線をずらさないまま俺は感想をもらした。

 しばらくしての事だった。
 「ベル、俺の事どう思ってる?」
 「………え、えッッ!?」
 俺は何を思ったのか急にそんな質問をした。
 信じられないような光景をみて感情が高ぶったのか、自分の恐怖心を無くしてしまいたかったのかは分からなかった。
 だが、ただただ恥ずかしい!
 「いや、違うんだ。これはただ…その〜」
 「………きだよ…」
 「え?」
 俺が言い訳をしようとした時に遮るようにベルの小さな今にも消えてしまいそうな声が聞こえた。
 「だから、その……大!…好き……」
 最後の部分は声が小さくなっていたがしっかりと聞き取る事ができた。

 その確かな言葉を聞いて俺はとてつもなく嬉しかった。
 女の子に、いや、家族と親父の下についてた極道の男達以外から好意を向けられたのは初めてだった。
 「あ、違う、私だけじゃなくてフォックちゃんや『コルベ村』のみんな、それにスサラちゃんやダルさんだって、みんなアオイの事大好きだよ」
 「ッッ!」
 俺の心の中で何かを感じた。
 今までに感じた事がない
 “友から受ける愛情”
 これが俺の欲しかったものだった。

 「…おう、俺もみんなの事大好きだ」
 「………アオイ?」  「…ん?」
 「どうして泣いてるの?」
 いつの間にか俺の瞳からは大量の雫が流れ出ていた。だが俺はベルに笑顔で言った。
 「ありがとな、ベル。俺も大好きだぜ」
 ━━━ボシュゥゥゥゥウ!
 俺が言い終えるとベルの頭から蒸気が音を立てて噴出した。
 「え、おい!ベル!?」
 倒れるベルを腕で受け止めるとベルはすっかり目をまわしていたのだった。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く