異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

長い夜②

 時を遡ること約2時間前━━
 俺達が転移した後の宿屋ではしばらくの間物音ひとつ立たない平和な時が流れていた。
 その中に寝ながらにやけている者が一人。

 「ん〜、ンン……えへへへっ」
 私はベルっていいます。今はとてつもなく幸せな気分です。
 なんてったって今私はアオイの胸のなかで眠っているのだから!

 なんだかフォックちゃんをさらう時に使った睡眠ガスでみんな寝ちゃったらしい。
 早めに目が覚めた私はうっすら目を開けて状況を把握したのだ。敵がまだいる可能性があったからあくまでも悟られないようにうっすらとね。
 そしたら私が倒れている下に男の人の体があるのに気づいたの。
 私達のパーティには男の人はアオイしかいないからこんな筋肉質な体他にはいない。
 よってこの私の下に寝ているのはアオイで間違いがないのだ!

 なんだか改めて状況確認すると顔全体が熱くなってきた。
 え、今この状況って私を試しているの!?
 だって私がみんなより早く目が覚めたのは一度同じ物を受けて耐性が少しついてたって事なわけで、アオイも目が覚めてる可能性が高いわけで!
 アオイが私の意思を試しているの…!?
 で、でもでも!アオイが目を覚ましてたら私達の安否を確認すると思うし……ハッ!アオイも状況把握の為に私と同じで寝たフリをしているのかも!
 だとしたら私の<サーチ>で敵がいないかを探せばアオイに何しても問題はないって事!?

 急に心臓が驚くほど早く大きく脈打ちだした。
 な…なんでも……(ゴクリ)
 ハッ!ダメダメダメ!私はただアオイと一緒にいたいだけで…!
 そんな事をあれこれ考えていると口端が緩んでにやけてしまう。どうしたものか…。

 と、とにかく!まずは敵が周辺にいないか確認しないと!
 そう思って<サーチ>を使ってとりあえず周辺1km以内の敵を探してみた。
 だけど反応は全くなかった。
 眠らせてから放置というのはちょっと不思議ではあった。以前は私達の寝ている間にフォックちゃんをさらったのに今回は敵が既にこの国から離脱していた。
 おかしい…どうして私達を眠らせるだけで敵がどこにもいないんだろ…。

 まさか!もう既に目的は達成したの!?
 「アオイ!」
 勢いよく起き上がってアオイに声をかけて自分の寝ていた場所に視線を向ける。
 「だから!これの入手難易度は第3級だって言ってんだろ!」
 「……………」
 そこに寝ていたのは行商人で混魔族ディーマンのダルだった。商売の売値のもめ事の夢でも見ているのだろう。
 自分の考えでいっぱいで全く聞こえていなかったけど割と大きな声で寝言を言っていた。
 私はあまりのショックにより一心にダルを持ち上げて作業を開始した。


 俺は部屋の状況を見て戸惑っていた。
 メイさんは部屋に入ってすぐに解放されると共に俺は部屋全体に目をやっていた。
 誰でもが俺と同じ場面に陥ったとしたらみんなそうするだろう。
 今は何より状況把握が必要だった。

 部屋の大半を占めているベットの上にはスサラがぐっすり眠っている。
 ベルは«ハウメタル»を構えてその矢の向いた方向にはダルが壁には両手両足ロープで大の字に広げられたパンイチの状態で縛り付けられていた。
 口には声を遮るためのねじりタオルが巻かれていた。なんと残酷な…。

 「え、アオイ!?2人共無事だったんだね!どこいってたの?」
 弓を引いたまま顔だけをこちらに向けて声をかけてきた。
 そういえばベル達が寝てる間に転移したから起きたら俺達がいなくなっててってなっていたはずだからから心配かけたな。
 「お、おう。心配かけて悪かったな」
 状況把握もままならない中一応の謝罪はいれておく。
 「んンンンンンンンンン、ンンンンンンんん!そんな事はいいから、早く助けて!

 ━━━スパァァン!

 必死に何かを訴えかけるダルだがベルの射った矢が顔の真横に深々と突き刺さり遮られた。
 「うるさいよダルさん、スサラちゃんが起きちゃうでしょ?」
 怖い…口調はとても優しいのになんだかとてつもなく怖い。
 一体ダルはベルに何をしたんだ…。
 そして俺らはとりあえずダルを解放してあげてからベル達に一連の成り立ちを聞いた。

 要するにベルが一人で暴走してたって事だな…。
 ベルから聞いた話を聞く限りの俺の感想だ。
 どうやらダルはただのとばっちりだったらしくベルに謝らせた。別にダルならいいんだけど…。
 これは単なる情けだ。
 例えば部屋で虫を見つけて殺さずに外へ逃がしてやるような慈悲に近い感じだ。

 ベルの説明が終わった後に俺達も一連の事について話した。
 黒マントが襲ってきた事、戦闘になり<転移>で『カース遺跡』へ行って戦った事、倒した黒マントを魔族の男に連れて行かれた事…。
 「なるほど、そんな事があったんだね…」
 ベルが考えこむように顎に手をおきながら呟いてから顔を上げて聞いてきた。
 「ところで、メイさんはどうしてそんな格好をしているの?」
 当然の疑問だ。この世界に四季があるかは分からないけど最近の夜は秋のようにそこそこ冷える。なのにこんなビキニ姿だ。不思議に思わないのはダルくらいといえるだろう。
 そのダルは今は黙々と服を着直していた。
 相当恐怖していたのかメイさんのこの格好にすら気づいていない様子だった。

 メイさんは「これが普通ですよ?」と少々年頃の女の子にしては問題な発言をした後に寝むそうな目をこすりながら1階へと降りていった。
 そういえば今は深夜だったな、すっかり忘れていた。
 よく見るとフォックもベットに座りながらウトウトして上体を起こしているのがやっとの状態でゆらゆらしていた。
 これは文句なしの可愛さだ……。

 そのまま俺はフォックをスサラの寝ているベットに寝かしつけた。
 ダルもこの宿で部屋をとっているようだったので俺はベル、フォック、スサラを残してそちらで寝るつもりだ。
 さすがにこの2日いろいろな事があってろくに寝られなかったから椅子で寝るよりベットの方がありがたいのだ。

 「アオイ、俺らも寝ようぜ」
 着替えを済ませたダルがドアのそばに立って俺に呼びかけてきた。
 「おう、そうだな」
 そう返してから弓の片付けをしているベルに「おやすみ」と伝えて部屋を出ようとした。
 「━━アオイ、ちょっと待って」
 そうベルに呼び止められて振り向くと少し俯いて髪をいじっているベルがいた。
 フードで全体は隠れてはいるが耳まで真っ赤になっているのが分かる。
 「ん、どうした?」
 少し眠かった事もあり間の抜けた声で返す。そしてベルが続けた。
 「これからちょっと…時間…いい?」
 寝ぼけてはいてもベルがとてつもなく可愛かったのは覚えている。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く