異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

黒幕②

 「さぁ、来い!」
 その言葉と共に黒マントがこちらに一直線に向かってきた。
 とりあえずの最低条件はこの狭い部屋でフォックを連れ去られないでこいつらを捕らえる事だ。
 それを可能にする方法は━━。
 とりあえず動きを止めるか…。
 そう思い地面に手をついて魔法を唱えた。
 「<ダウン・フィールド>!」
 そう唱えると俺の手のついた周辺に真っ黒な“闇”が部屋の床全体に広がった。
 黒マント2人がその床に足をついた時その“闇”が2人のふくらはぎまでまとわりつき動きを止めた。
 これは闇属性魔法«中級»の束縛バインド魔法だ。
 周囲の敵の動きを止めるという簡単な効果だが、辺り闇が深ければ深いほど持続時間が増えるのだ。
 だからこんな夜中には使い勝手がいい。その分弱点もあるがバレてなければ問題ない。

 相手の動きが止まったのを見計らって俺は一旦<神化>を解除してもう一度地面に手をついて魔法を発動させた。
 「<転移>!」
 その言葉と共に目の前が光り場所を移動した。
 光が収まり辺りを見るとそこには様々な形をした瓦礫が無造作に散らばっていた。
 そう、ここは『カース遺跡』だ。
 あの部屋だと狭くて戦闘には不向きの場所だったし、もし物を壊した時の弁償が怖い…。
 だから黒マント2人と向こうでまた別のヤツから狙われる可能性のあったフォックを一緒に<転移>した。
 近くにいすぎたら戦闘の邪魔になるため今は少し離れた位置に身を潜めるような物陰に別に<転移>させた。
 しばらくの間見つかる事はないだろう。
 一応<テレパス>で隠れるように伝えておくか。

 俺が<転移>で場所を移動した事により<ダウン・フィールド>は自動的に解除された。
 そう、あの魔法は“闇”が術者周辺全域を取り囲むので術者は魔法発動地点から一切動く事ができないのだ。
 よって回避などをする際は一度解除しなければならないのだ。集団戦には向かないんだよなぁ。

 そんな事を思っていると自由になった黒マント2人が左右に広がりながらこちらに迫って来た。と同時に俺は<神化>を改めて発動させた。
 しっかし、見るからに暗殺者みたいなヤツらだ。スピードは人の姿の俺と同格ぐらいだ。
 しかし、それはあくまで“人の姿”の時の俺だ。今の<神化>状態なら敵ではない。
 まぁ捕らえるために結構手加減しないといけないんだが…。

 そうこう考えているうちに右の方から1人俺の懐に凄い勢いで入ってきた。
 先程の迫って来るスピードより一段と速かった。<神速>系統のスキルか…?
 そのまま敵は至近距離での横なぎを放ってきたのでその攻撃を軽く後ろへステップして避けた。
 が、その先に後ろから大回りで回り込んで来たもう1人が真後ろから短剣を一直線に突いてきた。
 その攻撃はしゃがんで頭の上を通過させ、すぐさまその突き出した腕を掴み一人目の方に勢いを殺さないまま投げる。
 黒マント同士が衝突し怯んでいる間に距離を取った。

 ふぅ…なかなか手強いっていうか気が抜けるような状態じゃないな…。
 思った以上に連携ひとつとっても洗練された動きだった。
 長期戦になると援軍とか来て万が一手に負えないっていう事になりかねない。手っ取り早く決着をつけないとな。

 どうするか…また<ダウン・フィールド>で足止めしてから気絶させるか…いや、相手も相当対人戦を訓練している。同じ技を使うと高確率で回避されるだろう。
 とかいって<支配>で時間止めたとしてもまだ慣れてないから1人を止めるのがやっとな状態だ。

 仕方ない…久々にやってみるか…。
 そう思い俺は警戒心を解きゆっくりと臨戦態勢を取っている敵の方に歩いて行った。
 相手もそれには相当驚いていた。
 それを隙と捉えて二人同時に俺に先程のように向かって来た。
 まぁこんな無防備に近づいて来たらそりゃあ襲いかかって来るわな。

 スピードを一切殺すことなく二人同時に俺に短剣を突いて来た。
 とてつもないスピードだったが俺の<神眼>の前では無意味だ。
 その攻撃をしゃがんでかわして相手の懐に潜り込む。
 そのままガラ空きになった相手の脇腹から顎目掛けて思いっきり掌底を打ち込む。
 モロにくらった2人は若干ではあるが地面から足が離れた。
 そのまま突き上げた手で顎を掴み円を描くように地面に叩きつけた。

 ━━━ドゴォォォォオオン!!!

 とんでもない衝撃音と共に砂煙が上がる。
 しばらくしてヒビが入った地面に寝転がっている2人の黒マントをみてふと声にもらした。
 「ごめん、やり過ぎた…」

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く