異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

黒幕①

 「とんでもない計画…?」
 「はい、」
 全員の視線に緊張したのかスサラが俯き気味に答える。
 「とんでもない計画というのは━━」

 ━ゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!

 突如スサラの言葉を遮るように地震のような揺れが起こった。だがそれについてはさほど驚く事はなく、「またか…」などという独り言をもらす程度だった。
 なぜならこの国に来てから同じ時間帯朝方と日が沈み寝静まった時間帯になると決まって地震のような揺れが起こる事があったのだ。

 「この地震…ちょっと不自然だよね?」
 地震がちょうど収まった頃にベルがポツリと声にもらした。
 「確かにな、」
 ちょうど俺も思っていた事だ。いくら異世界だとしても地震がこんな頻繁に同じ時間帯に起こるというのはいくらなんでも不自然すぎる。
 一方ダルは少し考え込んだふうに顎に手をおいていた。
 「どうした、ダル?」
 「…ん?いや、ちょっとな…」
 なんだろう…まぁそれはそれで置いといて今はスサラの事が優先事項だ。

 地震によって無理矢理中断された話をとりあえず戻す。
 「スサラ、改めてその計画っていうのを聞かせてくれ」
 「あ、はい。その計画というのは“この世界全土を『ラルズ王国』の植民地にする”というものです」
 「「「ッッ!?」」」
 「おい、そんな事できるわけが━━」
 「できます!……できてしまうのです…」
 皆が目を見開く中ダルだけが即否定をするが、それをスサラが途中で遮った。
 つまりは『ラルズ王国』がこの世界全土を植民地支配するって事だよな…確かにそんな事一国家にできる範囲を優に超えている。否定して当然の事だろう。
 だが、その当然の事をスサラは声を荒らげて否定したのだ。

 一旦ダルを落ち着かせてからスサラに話を詳しくきいてみる事にした。
 「スサラ、どうしてそんなとんでもない計画ができるんだ?」
 「それは━━━━(バタンッ)」
 話をしようとしたスサラが急に倒れた。
 周りを見るとベルとダルが同じく地面に倒れていた。だが、フォックは何が起こっているのか分からずにキョトンとベットに座っていた。
 辺りをよく見ると白い霧のようなものが見えた。これってもしかして…。
 そう思い俺は<神眼>を発動させた。
 するとステータス画面とはまた違う小さなウィンドウが目の前に出てきた。
 そのにはアイテムの説明のような事が書かれているだけだった。

 «ネムリ玉»…衝撃を受けた地点より半径約3m以内に睡眠ガスを放出する。

 恐らくこのアイテムのせいでみんな眠ったらしい。でもどうしてフォックは平気なんだ?
 そう思いながら近くに倒れたベルの肩を揺らしながら呼びかけをしているフォックに視線を移すとお馴染みの声が頭に響いて俺を納得させてくれた。
 『耐性スキル<状態異常超耐性>を習得しました。これにより耐性スキル<火炎耐性><睡眠耐性><毒耐性>を統合します』
 そうだった…フォックは<状態異常超耐性>を持っているんだった。
 その耐性スキルが効果を発動している時に<神眼>で見たため、俺も習得してしまったのだ。
 まぁこの耐性スキル結構便利だから持ってて損はしないだろう。

 みんなが急に倒れた事に取り乱してベルの肩を揺らし続けるフォックに俺の分かる限りの状況説明を終えて周りを警戒していた。
 この睡眠ガスは恐らくだが、フォックをさらわれた時と同じ物だと思う。
 ナグナルトは消滅させたしもう用はないと思ったが念の為フォックを俺のすぐ側に待機させて一応<神化>もした。

 ━━━━バンッッ!

 急な物音にすぐそちらの方を向くと扉が勢いよく開いていた。
 そこに立っていたのは2人の黒いボロボロのマントに身を包んだどこか見覚えのある奴らだった。
 そう、こいつらは昨日大通りを歩いている時に襲いかかってきた奴らと同じ服装をしていた。
 こいつらがフォックをさらった奴らか…。
 2人は俺達の存在に気づき予想外だったのか一瞬動揺してから腰に刺してあった短剣を抜き臨戦態勢に入った。
 俺も気を引き締め<神眼>を発動させた後そいつらに臨んだ。
 「さぁ、来い!」

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く