異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

幼女スサラ②

 俺は混魔族ディーマンの行商人のダルと一緒に俺達の借りた宿屋の一室に向かっていた。
 それは宿屋『集い亭』の2階の一番奥の部屋である。そして今はその部屋に謎の幼女が眠っている…。

 「ダル、お前約束覚えてるんだろうな?」
 「あぁ、俺は約束を破った事なんて一度たりともない。ちゃんとお前の要求する情報は提供してやんよ」
 「その前に、絶対幼女に抱きつくなんて事になんなよ?」
 こいつはセクシーな受付嬢に裸エプロンを着せて自分で出血多量で死にかけるような変態バカだ。
 情報提供の約束がなかったら絶対にあの幼女に近づかせたくない人間だ…。
 「分かってるって、俺のストライクゾーンはそんな誰でも入れる程広くはない」
 「へ〜、どのくらい広いんだ?」
 「ん〜、『ユンゲルの地穴』くらいかなぁ」
 『ユンゲルの地穴』?どっかの場所なのか?
 「なんだよ、その『ユンゲルの地穴』ってのは…?」
 「あれ?知らないか?これだよこれ」
 そう言って俺に見せてきたのは一枚の絵には地面に大きく空いた穴がの風景が描かれていた。
 「これが…『ユンゲルの地穴』?」
 「あぁ、俺のストライクゾーンこんな感じだ」
 「ふ〜ん……って、めっちゃでけぇじゃねぇか!」
 その穴の大きさは東京ドームが2~3個ぐらいは入るであろう広さだった。
 「まぁまぁ、俺にとっては女の子は誰でも受け入れOKって事だよ」
 「お前こんな広さだと男もいけるんじゃ…」
 「…………(ニコッ)」
 「否定しろよ!」
 ヤバい、こいつホントヤバい…。

 そんなこんなやっているうちに部屋のドアの前まで来ていた。
 「いいか?絶対になんもするなよ?」
 「分かってるって」
 念の為のドアを開ける前にもう一度忠告を済ませてからドアをゆっくり開けた。
 そこにはベットの上にちょこんと座ってる綺麗に整えられた金髪の幼女がいた。
 その幼女俺たちの方に気づいて顔を向けていた。表情はどこかキョトンとしていた。
 「あれ?起きたんだな」
 「アオイ…さん?」
 「ん?そうだけど、なんで俺のぉッッ…!」
 そう言いかけたが急にベットから飛び出して俺に抱きついてきてその頭がちょうど俺のみぞおちに入った。
 「あわわわ、すみません!」
 「ぃ…いや、大…丈夫……」
 みぞを押さえて体を丸めながら必死に声を絞り出した俺の顔をのぞき込むように心配してくれていた。

 しばらく悶え苦しんだ後に改めて幼女に聞いた。
 「そ、それより…君なんで俺の事知ってるんだ…?ていうか君誰?」
 そう聞くと幼女はぺこりと礼儀正しくお辞儀をして答えた。
 「あ、すみません…あのその前に…そちらの方は大丈夫なのでしょうか…?」
 そう言いながら指さしたのは俺の隣にいるはずのダルだった。
 ダルは思ったより取り乱してはいなかった。現にドアを開けてからの数秒間はまだなにも問題を起こしてはいなかった。
 ダルのことだからてっきりドアを開けて幼女を視認してから飛びかかってもおかしくない事だからだ。
 「え、ダルがどうか……」
 そう言いながらゆっくりとダルの方を向くとそこには衝撃の光景があった。
 ダルは何度も何度も上体を上げたり下げたりと礼拝を繰り返し行っていたのだ。
 ちょくちょく見えるダルの目は既に手遅れと思える程目を回していた。
 恐らくこの状況を本能的に分析した結果、崇拝すべき神聖なものであると認識したようだ。
 そんなダルに俺は約60度の角度から後頭部を蹴り落として地面へと叩き込んだ。と同時にダルの頭は部屋の入口にみり込み穴を開けた。
 修理費を要求されたらダルにつけとくか…,。

 入口のすぐそばで地面に顔を埋めているダルをほっといて俺は幼女に話を改めてふると丁寧に自己紹介を返してきた。
 「私の名前はスサラ・L・フォントラートと言います。今日はアオイさんにお願いしたい事があって来ました」
 「俺にお願い?」
 「はい」
 俺にお願い事なんて一体なんだろう…それも気になるところだがもうひとつだけどうしても気になる事がある…。
 「その前に、どうして俺の事を知ってるんだ?」
 俺はこの世界にきてからまだ1年も経っていない。しかもそのうちの大半は『コルベ村』で過ごして極力人と関わってこなかった。ここ『ラルズ王国』にきたのだってつい昨日の事だ。

 「それはあなたみたいな強大な力を持っているお人など、滅多におりませんので」
 「なッッ!?」
 俺の反応を見たスサラはニッコリと俺に笑顔を見せた。
 バレた!?俺の<神化>の事が!?
 ありえない…この2日の間に俺は何回か<神化>を発動させたが人目につくことはなかった。
 『カース遺跡』に向かう時は深夜の森の中だったし、ナグナルトとの戦闘は研究所内だった。
 人目につくことは100%ないに等しい。
 「どうやって俺の事を知った…?」
 こんな可愛らしい金髪ロリっ子がナグナルトと繋がっているなんて事はないと願いたいが…。

 その後、思っ苦しい空気のままいやな沈黙が続いた。そしてスサラがゆっくりと口を開いた。
 「それは、私の固有スキル<みきり・改>というスキルを使いました」
 「<みきり・改>?」
 みきりなら知ってるけど「改」がついているのは初めて聞いたな…。
 「詳しく説明すると<みきり>の場合スキルを使用した事が人目で分かるというものなのはご存知だと思います」
 「あぁ、スキルを使用したという事は分かるけど使用したスキルは分からないだったか?」
 「はい、ですが私の固有スキル<みきり・改>は使用した対象以外にも半径1km以内ならスキルを使用した、してる人を把握できるんです。普通の<みきり>では見れない固有スキルまでも」
 なるほど…どうして俺のスキルと名前がバレたのかは理解できた。
 「でもそれじゃあいつ俺の事を把握出来たの?俺は結構人がいなさそうな場所にいたんだけど…」
 「あ、それはお話させていただきます。ですがその前に私のお願いを聞いてもらっていいでしょうか?」
 「お願い…?」
 俺にわざわざ会いにきた理由である“お願い”…きっと、いや絶対、とてつもなく大事なお願いなんだろう…。極力力になってあげたい。
 「私と…結婚してください!!!」
 「………………え?」
 

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く