異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

語る過去③

 そして事件はついこの間…2年前に起きたのです。

 「事件…」
 その単語を聞き俺とベルが二人して息をのんだ。
 「はいっス、この事件をきっかけに自分は奴らに追われる身になりました」


 2年前のある日、その日もいつものように採血を受け実験の順番待ちをしていました。
 「結構人数減ったね、お兄ちゃん」
 「そうだな、お前が残っていてくれて本当に嬉しいよ」
 度重なる人体実験の末、3000を優に超えていた実験体の人数は10数人程になっていました。
 「僕も嬉しい!」
 今も昔もいつも優しい兄の事を一番大好きでいつも実験の間などに話をしていました。
 「次の実験で最後らしいぜ」
 「そうなの!じゃあ今日の実験が終わって自由になったら何しよっか、」
 「そうだなぁ、とりあえず美味しい物が食べたいな〜ここの飯は味が薄すぎる」
 「それじゃあいっぱい食べれる美味しいお店に行こーよ!」
 「お、賛成〜楽しみだな」
 いつ死んでもおかしくない実験の前の待合室でそのような会話を楽しんでいました。
 今考えたら信じられないような光景でも兄さえいればそこは自分にとってこれ以上ない程の幸せな空間になっていました。
 そう、兄さえいれば…。

 お兄ちゃんと話を終えて僕だけ先に手術台で奥の実験部屋へと運ばれていた。
 その時の僕は実験後のお兄ちゃんと何をするかで頭がいっぱいだった。
 実験室に到着してすぐに僕はいつものようにナグナルトに質問をした。
 「今日はなんの実験をするの?今日で最後なんでしょ?」
 僕の一番確認しておきたかった事だ。今日の実験が終わったらお兄ちゃんとどこでも行けるという確証が欲しかった。
 そしてナグナルトはニコニコしながら答えてくれた。
 「そうだよ〜、今日で実験はおしまいなんだ…だから頑張ってね。今回の実験は獣の遺伝子を組み込むだけさ」
 そう言われたので嬉しかった。実験は本当に今日でおしまいと言われたから…。
 その言葉に希望を抱いて僕は最後の人体実験を受けた。


 「実験後数ヶ月間の昏睡状態から目覚めた自分は実験の成功を聞かされたっス。晴れて自由の身になると思っていた自分は絶望したっス…。檻に入れられ様々な研究所などに連れて行かれ、ナグナルトの“作品”として見せ物にされ続けたっス」
 「…………」
 まるで子供だ…自分の作った物を親や友達、不特定多数の人に見せつけて自慢したがる…。
 「そんなある日、自分はナグナルトにたずねたっス。『兄はどこか?』と。するとナグナルトは当然のように言ったっス………『誰だ…そいつ?』と」
 「「…………!」」
 予想はしていた。けど本当にそんな事になるとさすがに響いた。それはベルも同様だった。
 「それを聞いてからはあまりの怒りで記憶があやふやで気がついた時には森の中にいたっス。そこを奴隷商人に拾われて奴隷になったっス」
 「…………」
 何も言えなかった。いや、何も言ってやるべき言葉が口から出なかった。
 あまりの衝撃的な過去に触れた、初めての感覚…。これが驚愕というものだろうか。

 固まる俺達を見てフォックは慌てて続けてきた。
 「で、でも!それだからこそ、アオイさん達には感謝してるっスよ!」
 「私達に?」
 「そうっスよ……なんにも出来なかった自分を助けてくれてありがとうございました」
 そう言ってフォックは俺達に頭を下げた。
 今となっては過去の話だ。今更どうこうやっても仕方がない。それをフォックは十分に分かっているんだ。
 「私はただアオイの足でまといにしかならなかったけどね」
 苦笑い気味に言うベルはなぜだか俺の方を意味深風に見ていた。
 「……ベル?…なんか怒っていらっしゃいます?」
 「べっつに〜…?誰かさんに散々さがってろとか言われたからね〜」
 その言葉を聞いて俺の脳裏にベルに言った言葉が過ぎった。
 (「ベル!危ない!下がってろ!」)
 (「ベル!危ないから下がっていろ!」)
 ……………あ。
 理解してからの俺の行動はただひとつだった。この世界において最も忘れてはならぬ常識を思い出したのだ。
 両手を真上にまるで鮭が川を昇るかのように力強く上げ、まるでピカピカに磨きあげられたスケートリンクを空を切る程のスケートシューズで滑るように滑らかに膝をたたみ地と一体になり、そのまままるで絶対神を崇める信者のように状態を前に倒して大きく息を吸い込み地を轟かせるように言った。

 「すみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

 ーーーと。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く