異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

語る過去②

 フォックが元の姿に戻り光も収まった。
 <神眼>を使いフォックのステータスを確認するとやはりステ値の変化はなかったが状態が“獣人フォルム”となっていた。
 加えて固有スキル<ウルフルメイル>が増えていた。

 固有スキル<ウルフルメイル>…一瞬にして獣王フォルムに形態を変更できる。任意発動。

 「よし、これでひとまずはOKだな」
 そう言って俺は<神化>を解いた。
 「相変わらず凄いね、アオイのそのスキル」
 ベルが半分呆れたように言ってきた。
 「まぁこの<支配>のスキルはやれる事が多すぎるからまだ全部は理解出来てないんだけどな」
 この<支配>のスキルは奥が深すぎる。故に全部を完璧に使いこなす事がまだできないのだ。
 いつかまた実験とかしてできる事を確認しとかなくちゃな。咄嗟の時に使えないって事がないように。

 「さてフォック、色々と事情を話してくれるか?もしかしたらこれからの旅先にも関わる事だからさ」
 気を取り直してフォックに呼びかけるとフォックは驚いたように俺の顔を見てきた。
 「あの…いいんすか?自分が旅に同行して…」
 「何言ってんだ?いいも何ももう俺達仲間だろ」
 俺とベルの意見は一緒らしく俺の言葉に続けてベルも「そうだよ」とにっこりしながらフォックに言っていた。
 フォックはそれを聞き少し俯いた。そしてすぐに顔をこちらに向けてどこか振り切れたような笑顔になった。
 この時俺の心拍数が跳ね上がった事は言うまでもない…。

 それからフォックは俺達にこれまでの事を話してくれた。
 「自分はナグナルトの研究所の実験用モルモットとして産まれたっス」
 「実験用…」 「…モルモット…?」
 思わず2人で聞き返した。少なくとも俺の生きてきた中で初めて聞く単語だったのだ。恐らくベルも同等だと思う。
 「そうっス、両親の代からナグナルトの研究の人体実験を繰り返してきたっス。母親は自分を産んですぐに死んで父親はその後の人体実験で死にましたっス」
 「人体実験…ナグナルトは一体何がしたかったんだ?」
 「これはあくまで噂の範囲内だったんスけど、獣人の中にある獣の遺伝子を活性化させて能力値を底上げさせる事が目的だっていうのは聞いたっス」
 “獣の遺伝子の活性化”?どうしてそんな事を…あいつの言ってた“あの方”というのと関係があるのだろうか…。
 ナグナルトは消さずに残しておくべきだったか…まぁ今いっても仕方ないか…。
 「その人体実験で数えきれない程たくさんの人が命を落としたっス。自分の友人や育ての親、お兄ちゃんまで…」
 「お兄ちゃん?」
 ベルが聞き返した。俺も聞き返そうとしたがどうにも聞けなかった…。
 「はいっス、自分にはひとつ上の兄がいたっス」
 そしてフォックは昔の兄との出来事を語り始めた。


 「ゔぅ……ぐすんッ…痛いよ……嫌だよ……」
 当時の自分は度重なる過度な人体実験のせいという事もあり、いつものように一人泣いていました。
 「フォック、泣くなよ…いつか一緒に俺達でこんな場所ぶっ潰してやろうぜ」
 そんな自分をいつも隣で慰めてくれたのが兄のタルク・マル・バルクスでした。
 兄はいつも自分にだけでなく他の実験用の人達とも仲良くしていつも慕われていました。
 内気で小心者だった自分はそんな兄が一番の憧れであり目標でした。
 そして月日は流れ多くの友を失いながらも自分と兄は人体実験に耐え続けました。
 そして事件はついこの間…2年前に起きたのです。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く