異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

悪いな③

 「【タイム】!」

 その俺の言葉とともにフォックがピタリと止まった。
 俺は手をかざしたまま目を瞑り集中していた。汗が頬をつたるのが分かる。
 今俺がやっているのは<タイム>。<支配>の応用技術のひとつだ。文字通り“時間”だ。俺は時間を支配して時を一時的に止めたのだ。
 ベルからの要望はフォックの動きを封じる事だった為、全体の時ではなくフォック単体の時を止めた。
 全体ではなくある範囲だけの時間停止は今はまだ1箇所が限界のだからナグナルトはそのままだ。そろそろ解けるぞベル…。

 ベルの方に視線を向けるとベルがフォックに抱きついていた。
 「な…!?ベル!そろそろ解ける!危ねぇから離れろ!」
 俺の叫び声にベルはなんの反応も見せなかった。
 聞こえてないのか…?いや、聞こえていてあえて続けてるのか…。そうだったら止めることは不可能だ…任せるしかないか。
 そう思った直後ナグナルトが拳を振り下ろして来た為回避と共に<タイム>が解けた。


 「アアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!」
 時が元に戻った事でフォックがまた暴れ出したけどそれを必死に私は抱きついて抑えていた。
 フォック君は爪で背中を切り必死に引き剥がそうとしていた。
 ベルの背中は大量に出血していた。尋常じゃない程痛い…。
 「ベル!」
 アオイの声が聞こえた。その声になんだかすごく安心した。だから私はアオイの方を向いてうっすら笑ってアオイを安心させるためにこう言った。
 「大丈夫だよ…私に任せて」
 力ない声だったけどしっかりと声に出せた。アオイはちゃんと戦ってる。だから私もしっかりと戦わないと…!
 そして私は背中の痛みに耐えながらフォック君に弱々しい声で言った。
 「フォック君…フォック君の過去にどんな辛い事があったかは私は知らない…」
 「ああああああああぁぁぁ!!!」
 「でもね、どんな辛い過去があろうともあくまでそれは“過去”なんだよ…?」
 「あああぁ…あぁぁぁぁぁ…!」
 「人っていうのはね…人生に不幸と同じ分だけの幸福があるんだよ」
 「ぁあ……ぁ……」
 その時フォック君の目から一粒の涙がこぼれた。それでも私は続けた。どうしても伝えたい事があったから…。
 「フォック君は過去にいっぱい不幸があったんだからもう何も怖くないよ…これからは私達といっぱい…」
 「…………グスンッッ、うぐっ……ゔぅ…」
 フォック君から涙の粒がいっぱい溢れてきていた。
 「…いっぱい幸せな時間…返済していこ…?」
 「…グッ……ゔぅ…うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!…ゔぅ、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
 私の言葉を聞いたフォック君から体の力が抜けていったのが分かる。
 今は立っているのがやっとで全身脱力した姿勢で上を向いて泣き叫んでいた。
 そんなフォック君を私は更に強く抱きしめた。

 「大変だったね…」



 ナグナルトの攻撃を避けているとベル達の方からフォックの泣き声が聞こえた。
 うまくやったか…これでフォック達の方を気にせずにこっちで集中できる。もしものために力を使わずにベル達の事を気にかけていたからな…あとは俺に任せろ…!
 そう思った時ナグナルトが攻撃を仕掛けて来た。俺はそれを少し早めに回避し相手の拳に手をかざした。
 重力操作<無重力ゼロ・グラビティ>!
 相手の拳だけを無重力状態にしてから拳が地面についたところで思いっきりぶん殴る。
 相手の右腕と丁度後ろにあった相手の左足も一緒にチリも残さず消し飛んだ。
 我ながらすごいパワーだな…。
 足を失ったロボットが体制を崩して左手を地面についた。

 パンチ一発で無惨な姿へと早変わりしたガ〇ダムを見ながら俺は拳を鳴らした。
 「さぁて、そろそろ占めるかな〜」
 すると急にナグナルトが怒り狂い怒声をあげ始めた。
 「お前ら一体なんなんだよぉぉぉぉ!僕の所有物に勝手に手を出しといて!その報いをうけろぉぉ!」
 完全に逆ギレしてやがる…。
 「フォックはお前の所有物でもなんでもねぇ…フォックはフォックだ。あそこでお前の支配から抜け出して自分の意思で自分のしたいように行動している。それが何よりもの証拠だ」
 「知るか!お前達は何にも分かっちゃいない!僕の所有物となる!それがフォックの運命だ!お前達も僕に殺されるのが運命だ!お前も言ってただろ!人は運命には逆らえない!いくら恨んだとしても変えられない!報いをうけろ!」
 コイツ聞いてやがったのか…。

 そう言い終えるとロボット全体が光に包まれ始めた。徐々に光が強くなるロボットから更にナグナルトの声が聞こえてきた。
 「お前達全員道連れにしてやる!!!」
 恐らく自爆で俺達諸共道連れにして死ぬ気なのだろう…。ベル達もこちらに気づき2人抱きしめ合い身を固めていた。
 そんな中俺は光が強くなるロボットに向かって気の抜けたような声をかけた。
 「おーい、ナグナルト〜…止めといた方がいいぞ〜無駄な事は止めて、さっさと俺に殴られろ〜」
 「今更命乞いをしたところでもう遅い!終わりだァァァァァァァァァ!!!」
 その声と共に光が一瞬ロボットの体の一点に集束し弾けた。

 「悪いな…ナグナルト…」
 独り言のようにそう呟き右手を突き出し思いっきり握りしめた。
 すると爆発がロボットと共に一瞬にして跡形もなく消滅した。
 「俺は…神だ…!」
 離れた位置で身を固めていたベルとフォックがゆっくりとこちらをみて何が起こったかが理解出来ていないようだった。
 「アオイ…?アオイがなんかやったの…?」
 ベルが声を振り絞って質問してきたがそれを軽く肯定し説明をする事にした。
 「俺の固有スキル<支配>の応用技術だよ。名付けて<圧縮コンプレッション>。さっきのは爆発のタイミングでロボットの周囲の空間そのものを一気に圧縮して消滅させた。まぁ跡形もなく消えちゃうから緊急の時にしか使わないんだけどね」
 軽いノリで説明したがそのとんでもなさに2人が言葉を失っている。
 「…ま、まぁ…一件落着という事で…」
 あまりに気まづかったので無理矢理占めるしかなかった。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く