異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

獣人奴隷フォック①

 俺達は広場での一件の後獣人族の青年を連れて宿屋『集い亭』に帰ってきていた。

 「ベル!お前は何も考えずに行動しすぎだ!」
 「うぅ…ごめんなさい…」
 俺が軽くベルを叱る。その様子を獣人族の青年はぼーっと見ていた。

 「それよりアオイ…この人はどうなったの?」
 そう言ってベルは獣人族の青年を指さしていた。
 「ん〜…とりあえず自己紹介してもらっていいかな?」
 いちいち獣人族の青年と言うのもなんだか釈然としなかったのだ。
 「あ、はいっス…!自分の名前はフォックって言うっス。見ての通り狼の獣人族っス」
 「私はベル・アークス。よろしくね」
 「俺はアオイだ。よろしく」

 それぞれが自己紹介をした後に俺は2人に尋ねた。
 「そのフォックの首輪は外したらダメなのか?」
 正直俺はフォックを奴隷の身分から解放したいと考えていた。そして俺の投げかけた問いにベルが顎に手を添え答えた。
 「規則的にはなんにも問題ないけど…魔術の構成が複雑すぎてみんな外せないんだよね」
 「これは魔術なのか?」
 「そうだよ、<隷属魔法>ってゆう魔法なんだけどそれが奴隷商人にしか外せないしいんだ」
 そうか、魔術を特には同じ系統の魔術で打ち消し合う必要があるのか…。

 「…試してみるか、」
 そう声にもらして俺は戸惑い気味のフォックの前に歩いて行った。
 「【神力解放】!」
 そう声にすると俺の体はみるみる内に神の状態に変化した。
 目を見開く様子のフォックの首輪を片手で握って目をつぶった。
 そして思いっきり握り潰すと同時に首輪は弾け飛んだ。
 「「えッッ!!!!??」」
 フォックとベルが同時に声を上げた。
 金属片の落下音と共に【神力封印】をして人の姿に戻って肩を下ろした。
 「ふぅ…やれるか心配だったけど出来てよかったな」
 「アオイ…本当に一体なにもの…?」
 「凄いですご主人様…感服いたしました」
 「そのご主人様ってやめて、恥ずかしい…そしてベルの言葉は割と傷つく…」
 自分でも思ってる事だから言われるともっと気にする…ホント俺ってなんなんだろうね…。

 とは言ってもフォックには本当の事話さないとダメだよなぁ〜…これからのためにも…。
 「フォック?お前俺達と一緒に旅する気はないか?これは奴隷とご主人様じゃない。お前を1人の人として聞いている。自分の意志で答えてくれ」
 真剣な表情で問いかけるとフォックそしてベルまでもが多少躊躇した。
 「……はい!是非ともご同行させていただきます!」
 迷いの断ち切れたとても澄んだ表情だった。
 「よし、それと俺達には敬語を極力使わない事」
 元気のよい返事をしたので安心した。
 そして俺達は改めて自己紹介をした。
 「俺の名前はアオイ。神人族っていって神の力を手に入れた人間だ。よろしく」
 「神の力…凄まじいっスね!」
 興奮していた。
 まぁこの世界は13種族だから新種の種族だからな…仕方ないか。
 「私はベル・アークス。半精霊族ハーフエルフだよ〜。改めてよろしくね」
 「ハーフエルフ!?噂では聞いたことがあったっスけど本当にいるんなんてビックリっスよ」
 そこまで重要視してなかったけどよくよく考えたら国家騎士が育ての親になる程の希少人種だったんだよな…。
 俺とか国家騎士が監視しててもおかしくない程の強さだけど…。

 そして俺達はフォックの武器と装備を整える為に外で買い物をする事にした。
 『集い亭』を出る際にベルに「どうやって元主人の人を追い払ったの?」と聞かれたので俺は説明した。
 「あの人が西に旅に出るって言ったから『西の森に私が所有している超美人奴隷がいるからその子と交換して欲しい』って言ったんだよ」
 「え!?アオイ奴隷持ってたの!!?…しかも超美人…」
 なんだかベルのテンションが一気に下がったので急いで話を進めた。
 「そんなのいる訳ないだろ〜」
 「え?」
 「ちょっと森の知り合いに<テレパス>で連絡しておいたのさ〜」
 「知り合い?」
 ベルが不思議そうな顔をしていたが俺はその状況を想像して笑みをこぼしていた。


 一方その頃『コルベ村』周辺の森ーー
 フォックの元主人が森をさまよっていた。
 アオイの言った超美人の奴隷を探すためだ。
 息が苦しく意識が朦朧としてきていた。
 それでも必死に森の中を突き進んで超美人の奴隷とやらを探していた。
 そしてやっと見つけたのだ。『奴隷置き場』と書かれた看板が立った洞穴を見つけたのだ。
 「や、やっと…見つけた…」
 その洞穴の中へと元主人はニヤケつつ中へと進んだ。
 「へへへっ…しっかり…ご奉仕して…もらおうか」
 洞穴は奥に行くに連れて暗くなり周りがよく見えなくなっていた。
 気にせずに突き進む元主人の2~3m先に人影が見えた。
 「おい!これからはこの俺がお前のご主人様だ!しっかりと尽くせよ!?」
 そう言うと人影がどんどんこちらに近づいてくる。
 その影が1m以内に近づいて来た時にやっと鮮明に確認できるようになった。
 と同時に元主人のニヤケ顔が崩れ落ち、恐怖に怯える顔へと早変わりした。
 元主人の目に飛び込んできたものは赤い体毛に全身を包まれた女性の姿だった。いや、もうそれは女性ではない“メス”だった。
 そうこいつは«クレーバーモンキー»のメスだったのだ。しかも人間の化粧をしている。
 恐怖で後ずさる元主人と一歩一歩確実に近づいてくる«クレーバーモンキー»。
 「い、いや…や、やめ…て…」

 「いやぁぁぁァァァァァァァァァ!!!!!」

 森全体に悲鳴が響き渡った。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く