異世界チートで友達づくり(仮)

川添 マカ

出発①

 <神化>というtheチート系スキルを手に入れた俺だが、大抵の事がない限り人間の姿のままいようと思っていた。
 だって神の姿なんか怖いんだもん…。
 目が異様な形になるわ体にヒビが入るわで。
 そんな事を思いながらベルと一緒にゴブリンの素材を剥ぎ取っていた。

 自称神は俺にひと通りの状況説明をしたらすぐに消えてしまった。
 その神の話を思い出し人間の姿でのステータスが気になった。チートではなく自分の本当の力を知ってみたかったのだ。
 ステータス画面を開くと2つのステータスを切り替えられるようになっていた。


 名前:アオイ  種族:神人  性別:男
 レベル:85
 職業:森の主/武闘剣士/神
 称号:怖い人/森の支配者/自重知らず/災悪/覗き魔/破壊人/神の力を宿し者
 攻撃:11680  防御:12670  魔力:18680
 魔攻撃:15090  魔防御:13870
 敏捷:14580  力:15860  魅力:2400
 運:-500
 状態:呪い/神力封印
 流派:自己流派
 スキル: 威圧/神速/索敵/咆哮/フレアドライブ/テレパス/みきり/隠密/偽装
 固有スキル:神眼/神化
          ・
          ・
          ・


 まぁこれで周りの人の俺への印象は単にちょっとレベルが高い人というふうになったわけだ。良かった良かった。
 ゴブリンの素材を全て剥ぎ取り終えて俺達は行きと同じように<空間魔法:転移>で『コルベ村』へと戻りギルドに報告し、無事にクエストを完了した。

 そして俺達は明日この村を出発する為の準備をしていた。
 この村を出てからは商業都市『ラルズ王国』へと向かうつもりだ。
 『ラルズ王国』に着くまでに1日~2日ほどかかるそうなのでその分の食料、衣服、などをアイテムストレージにしまったり、皮袋につめたりした。
 『ラルズ王国』行きの馬車は護衛をする代わりに乗せてもらえるという心優しい行商人にお世話になる事になった。
 俺の魔法で行けばいいじゃんって?
 残念ながら俺の<空間魔法:転移>は一度自分の行った事がある場所にしか行けないんだ。

 俺達はある程度道具の準備を済ませてから武器屋と防具屋に向かった。
 いろいろクエストで素材をゲットした為、新しい装備を買っておきたいのだ。
 ベルもウキウキしまくりだからな。

 まずは武器屋に向かった。
 いつものようにシェラが元気に接客をしていた。前のお客が帰り、シェラがこちらに気づいてニコニコしながら近づいてきた。
 「いらっしゃい!久しぶりだね〜お二人さん」
 そういうとベルの方をじっと見つめて続けた。
 「ベルちゃんって本当にハーフエルフだったんだね…噂で聞いた時はビックリしたよ」
 ベルが気恥ずかしそうに苦笑いを浮かべていた。
 「さぁところで今日は何をお求めで?」
 「俺はちょっとした短剣を…」
 「私も〜」
 「はいよ!じゃあ素材はなんかあるかい?」
 俺とベルはそれぞれ«炎骨»と«グリーンドラゴンの鱗»を差し出して店を後にした。

 その後行った防具屋でも同じような会話をした。流石は双子だと内心思う程に…。
 そして俺達は家に帰りその日は明日の出発の体力温存の為に早めに就寝した。

「異世界チートで友達づくり(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く